2016/12/30

2016年の書き納めの雑記ですー


※今回は、日記みたいな記事です。ていうか単に日記なので読まない方がいいと思います。



こないだ、メカトロウィーゴの
ジオラマを作ったんですよね


DSC_0977_01.jpg

んで、「これが2016年最後の制作ねー!」
と自分で決めちゃったので
それから一切、
模型に触っていないまま、
模型のことも(殆ど)考えないまま、
さらにネットも殆ど見ないまま、
2週間くらい過ぎちゃいましたー
なんかすいません





んで、この期間、
僕は何をしていたのかというと・・・




016479bdc75550b12d884ac4ea567be2bee82768fe.jpg

筋トレはじめました
(写真は「プロテイン」と「器具などいらない」という本と「器具」←)

年明けからはジムに行って
カラダを鍛えることにしました





いや、違うんですよ、
なんかですね、僕は、
てきとーでゴロゴロしてるのが大好きで
「努力」とか「頑張る」とか「汗をかく」とか、
そういうのがニガテな人なんですよ
無理するのとか、ハッキリ言ってキライなんですよ

だいたい、ジムに行ってカラダ鍛えるとか、
別人種の存在だと思ってましたし
なんでそんなことをするのか
まったく理解できなかったですし・・(クズの発言)




でも、なんか、
こないだジオラマを作ってみて
ふと思ったんですよねー


「今のままだと、しょーもないモノしか作れそうにないなぁ・・」

「どーすればいいのかなー?」

「そうだ!筋トレだ!!」 ←この展開



てな感じで、自分でも意味不明なんですけど
筋トレとか、健康的な体操とかを調べて
チャレンジしてますー!
まぁ多分、僕のことなので
三ヶ月くらいで飽きるんでしょうけどwwww



筋トレと模型がどういう風につながっているのか
ぜんぜんわかりませんけど、
てか、たぶん繋がっていないと思いますけど
まぁ楽しんでやってますー

理想はサイトウヒールさんの
このフィギュアみたいなカラダですかねー




13735946_1772548449694014_1064455551_n.jpg

うそです、すいません
本当にウソです









んで、全然関係ないんですけど
僕は今年は、けっこー映画を観に行きました
「2016年、劇場で観た映画」は36作品でした
今年は邦画の当たり年と言われているみたいで
ほんとに素晴らしい作品が多かったですよー!

ここで、突然ですが
今年、劇場で観た映画の
僕のベスト10(順不同)を発表しちゃいますー!





223553d13e237b4d2124054b0d17397b.jpg

「君の名は」
公開初週に観て「これ社会現象になるかも?」と思ったら
ホントになったので、まことに気分がよろしいです(自慢か)



f1e7794d55b07b952ed6fc5449babad6.jpg

「この世界の片隅に」
観た人それぞれに「何か」が残る映画だと思います
10年に一本の傑作なのではないでしょうか(知ったふうな口調で)



6ed786d427afa8e77b00630a3724af67.jpg

「シンゴジラ」
今年の「王者」だと思います(断言)



bfd5398f8cc7e346bc2abc651ad0d0da_20161230143219441.jpg

「アイアムアヒーロー」
ブログ記事を書いてしまうという失態をするほどに感動
監督とスタッフのみなさん、ほんとにありがとう(はぁと)



931316b741bdc620b1c84fb2deeac960_201612301430505cd.jpg

「ディストラクション・ベイベーズ」
どうでもいいけど今年、
菅田将暉、映画に出過ぎてません?



9b57f3f4774baec2e18d8191ab51dcac.jpg

「クリーピー 偽りの隣人」
名シーンがたくさんありましたが、一番はこれですね
「まだまだ、いくぞぉー(満面の笑顔で)」



d9d66fd2cd074082311f44c0a91a93a9_20161230143220ee9.jpg

「ヒメアノール」
この映画のタイトル・ロールは5000億点ですね(インフレが意味不明)
こんなにアガった映画は「パルプ・フィクション」以来ですよ



64f0a2b14a7ee761e53e2e81712fc8fe_201612301430470ad.jpg

「ドリームホーム 99%を操る男たち」
正直にいいます、すいません
悪いけど「マネーショート」より全然グッときました



aaeaed19e2e2dcf02e9f0287ad58473c_201612301432160f1.jpg

「サウルの息子」
「こんなヤバい所にタイムスリップしちゃった!!どうしよう!?」
感がすごくて、もう二度と観たくないです、でも最高でした



b932c1014ccb130666bef5097237cc96_20161230143217a61.jpg

「ちはやふる 上の句」
「期待せずに観たら、超よくできてて最高でした!」
っていう感想が巷に溢れていますが、僕も全くの同意見です
なお、下の句は松岡茉優が最高です、惚れました///





はい、そんな感じです
なんかすいませんー





01e5bf0bd54c31cf8946beb58c46d39de1ada78de7.jpg

模型については、年納めって感じで
ワニ口クリップ100個と竹串を用意しまして
「持ち手」をリフレッシュしよう!
と思いましたー









はい、そんな感じですかね
どーでもいいことを
延々とすみませんでした

来年は4月の北Q展示会に向けて
2月くらいから制作を開始しようかなー?
って思っています

それでは良いお年をお迎えくださいましーねん!
来年も、どうぞよろしくお願いしますー!
2016/12/14

メカトロウィーゴのジオラマ(もどき)、完成しましたー!


なんか映画「この世界の片隅に」の評判が
口コミで拡がって快進撃を続けているそうでして
公開館数もドーンと増えるそうなんですよ
喜ばしいといいますか、
なんか僕も応援したくなりますよー


20160805-konosekainokatasumini.jpg


僕は映画を見て「泣き」はしなかったんですけど
なんか号泣している方が多いらしいんですよねー
なんでだろう?って不思議なんですけど
もしかすると土地柄の影響なのかなあ??


広島人は、この話題に関しては
割とドライといいますか(間違っていたら土下座します)
「すでに受け入れている」のかも?です
とりま僕が観た会では、周りは泣いている
雰囲気ではなかったんですよね


でも、「泣いてない=感動してない」かというと
まったくそんなことはなくて
僕はこの映画を観て、
この人たちが生きていたから(スクリーンの中に本当に実在している感じです)
今の僕たちが生きているんだな
と思いましたし、
僕はいつも家で発芽玄米を食べているんですけど
この日は白米を炊いて頂きましたよー(苦笑)

まぁ何がいいたいのかというと
心に残る特筆すべき1本だった、
ということですな





・・・って、んなこたあ、
どーーーーーーーーでもいいとして ←これ



DSC_0978.jpg

前回までジオラマの草木とか植えていたんですが

・ジオラマの草を立たせる装置「グラスマスター」を自作してみたー!(メカトロウィーゴその4)


その後、メカトロウィーゴを塗装して
ジオラマ(もどき)が完成しますたー!





DSC_0968.jpg

こんな感じです

なんかねー写真を撮ってて思ったんですけど
全体の見せ方っていうんですかね?
全然できていないと思いましたよ
カラカラカラ(自嘲笑い)

精進あるのみじゃのう・・・



タイトルは

「日々是好日」

としました

これは禅の言葉だそうで
「にちにち これ こうにち」とか
「ひび これ こうにち」とか読むそうです
僕はずっと「ひび これ こうじつ」って
読んでましたよw


これ、表向きには
「毎日、良い日だなぁー」っていう
意味だと思うんですけど
禅の言葉ってことなので、
裏の意味?ってのが含まれてくる?
みたいなんですよね

僕的には
「晴れの日も雨の日も、いまの、この一瞬が幸せ」
という意味なのかなぁ?
とか思ったりしました
いや、ほんと、ちゃんと毎日のすべてのことに
感謝していかんといけませんよ

・・・って、分かったようなことを言って
ホントは全然わかってないんですけど
映画「この世界の片隅に」を見て
そんなことを思ったりしましたなぁー(脈絡のない文書)





DSC_0969.jpg

アップにすると、こんな感じ
ネコたんが寝てます
いちおーヒゲをつけたんですけど
ぜんぜん見えません(涙)

マジでそろそろマクロレンズ欲しい・・・





DSC_0985.jpg

ちなみに後ろはこんな感じ
荒川先生の「円形劇場」みたいに
「360度どこから見ても楽しめる世界」なんて
1ミリも再現できなかったです、ふぎゃ





DSC_0977.jpg

この写真、
ガレキにあたる木漏れ日とか、
なんか制作前のイメージに一番近いです
季節は春夏秋冬でいうと
「夏」で作りました

こんどは「秋」で作りたいな、って思ってますー
ちなみにこの写真、撮ってるのは冬ですw





019014e1196a78c88e6425d38cb3697553f604d6b8.jpg

これは大失敗した井戸です
なんかLEDを仕込んだら勝手にキラキラしてますので
まぁいいんじゃないでしょーか(適当な感想)

てか、いずれリベンジしますw





1477725089_IMG_4990_20161214175036bc1.jpg → 1478765289_IMG_5128_20161214175038ee5.jpg → 01cabaf39e9d235ca600e6a743a15736de537edc60s_201612141750354bb.jpg

最後に、
「#これがこうなってこうじゃ」ですw


DSC_1004.jpg

なんかバックが緑だと春っぽいですね
まぁ、のほほんとしてて
いいんじゃないでしょうか(雑な感想)






てことでメカトロウィーゴを作ってみたの巻でしたー!
2016/12/05

ジオラマの草を立たせる装置「グラスマスター」を自作してみたー!(メカトロウィーゴその4)


なんか今、絶賛されているアニメ映画があって
「この世界の片隅に」というんですが
あまりに大傑作という評判が飛び交っているので
あんまり興味が沸かないジャンルながらも(笑)
僕も観てきましたよー!



1480936323_IMG_5305.jpg
で、この映画のキャッチコピーが
「昭和20年、広島・呉。わたしはここで生きている。」
となっているんですが、
「まさにその通り」の映画でした
「ほんとにそこで生きて暮らしている」っていう
この世界がスクリーンの中に構築されていて、
一切の手抜きなく全編を貫かれていましたよ!



images_20161205203505cf7.jpg

僕、広島市内に住んでいるんですけど
当時の現地のシーンとか出てくるんですよ
「あ、ここ、昔はこうだったのかー!」
っていう現地人ならではの
感慨とかありましたなー

たとえば、この劇中に出てくる
広島市内の建物なんだけど・・・



1480932700_IMG_5302.jpg

今はこうなってるんですよ(ちと角度がズレててスマン)
実は僕、このスグ側の映画館で鑑賞してて、
出てスグ写メりましたw
この建物、被爆してたんだなぁ・・
広島人のくせに恥ずかしながら初めて知りました

いやーなんか、この映画みたいな空気で
ジオラマとか作れたらいいかもですねー



01cabaf39e9d235ca600e6a743a15736de537edc60.jpg

・・・って、強引に話をつなげたところで ←つながってない
いま、ジオラマ(もどき)を製作中ですー!
前回はジオラマの植物を植えていきました

・「紙創り」やJOEFIX(ジョーフィクス)など使いながら簡単ジオラマの植物を製作してますー(メカトロウィーゴその3)



で、今回は草について挑戦してみたいんですけど
ジオラマで草を生やすときに
よく使用されているのが
「グラスセレクション」とか
「スタティックグラス」とか(どちらも同じ素材だと思う)
そういうナイロン製?の短い毛のアイテムがありまして、
それを地面にパラパラとばらまく、
という手法なんですよね



で、普通だと、上から手でふりかけるだけなので、
その毛は地面には「立たない」じゃないですか?
でね、すごいことに
世の中には「グラスマスター」っていう、
この草を「立たせる」装置があるんですよ!!
「どんだけこだわってんだよ!?」って
ぼく、最初はビックリしましたよw



ただ、この「グラスマスター」って装置がですね
そのお値段が2万とか3万とかで、
まぁ、かなーりお高いワケですよ

それで「ならばその装置の原理を簡単に再現しよう!」
ってことで、この「グラスマスター」を
自作しちゃってる猛者が
世の中にはいらっしゃるのです!
まじですごいよ!もう頭が下がりますよー



ということで、今回は先輩諸兄のお知恵を拝借して
僕も「グラスマスター」の自作に挑戦してみますよー!





1480467823_IMG_5270.jpg

まず用意するものは・・・
「ナイス蚊っち」という蚊を電撃ショックで
パチッと退治するテニスラケット状のアイテムです
あと先輩諸兄は「茶こし」を使われていたんですが
僕は「排水口用の網」を100均で用意しました
あと「ワニ口クリップ(100均)」です


これらを組み合わせれば
「グラスマスター」が自作できる!
とのことなんですよ
どういうことかというと・・・
これは作り方を見てもらったほうが早いので
早速、制作してみますー







1480468444_IMG_5272_201612052042498cc.jpg

まず、ラケットの持つ部分をドライバーで開けます
すると、中はこんな風になっていまして・・・





1480468557_IMG_5273_20161205204250a7f.jpg

で、配線が緑が2本、赤が1本ありまして
金網に接続されています
で、これを・・・





1480469422_IMG_5274.jpg

緑の1本は不要なので根本から切断します
で、赤と緑の先端にそれぞれ
ワニ口クリップをハンダ付けします


ちなみに、このハンダ付けの時に便利なのが
「クリンピング プライヤー」という道具で
これがあればビニールコードのビニール部分だけを
簡単に剥くことができます
これ、ニッパーでやろうとすると
サイズの調整が難しくて中の銅線まで切ってしまって、
周りのビニールだけ剥くのが中々難しいんですよ

なんかこんな道具を使うのは
仰々しいなぁ、とも思ったんですけど
あまりに失敗ばかりでマジでストレスだったので
思い切って購入しました
いやねー、やっぱ専門の道具は違いますよ
僕はこれを使ってストレスから解放されましたよ


ついでにハンダごては
白光の「FX-600」という製品がオススメです
200度から500度まで温度調整ができるタイプで
設定温度に達するとランプが点灯して教えてくれるんですが
10秒もかからないんですよ
「そんなに早いの!?」って最初ビックリしました

あとコテ先は「T18-C1」という
細いタイプに変えてるんですけど
これ、溶接表現にも使えるんで重宝してます








1480471420_IMG_5276.jpg

さて、ラケット部分を取り外したので
持ち手の先端の部分にスキマが空いてしまいます
ここは、スタイロフォームで埋めることにしました
なんかカットがテキトーでスマンw





1480472358_IMG_5277.jpg

あ、忘れてた、
1本はコードを長くしておくんだった(痴呆)
てことで1本は長くしまして・・・





1480472620_IMG_5278.jpg

んで、先端に排水口の網を挟み込みました
で、ワニ口クリップをつけて
これで完成ですー

この網は「茶こし」を使って
直接、茶こしにハンダ付けする
やり方もあったんですが
この先、網を交換する可能性もあるかなぁ?
と思って、僕はこのような形にしてみました





1480473016_IMG_5280.jpg

なお、電源は単三電池2本です
これは「ナイス蚊っち」には付属してないので
別途、用意する必要がありました

では、使ってみよーう!





1480473664_IMG_5281.jpg

んで、使い方ですが、
釘や虫ピンなどをジオラマの地面に刺して
ワニ口クリップをつけます
草を生やしたい所には
マットメディウムや水溶き木工ボンドを塗っておきます
草は「グラスセレクション」を使ってみます

これでスイッチを入れながら草をパラパラすると
静電気の作用かなんかで、
草が立つ、ということなのですー
なんか僕が小学生の頃には
下敷きをこすって髪の毛を立たせる、
っていう遊びがあったんですけど
ああいう原理みたいですよ


よし、じゃあ、いきますかー!
テストとかするのもメンドクサイんで ←
ぶっつけ本番でやってみますよー!








1480473978_IMG_5282.jpg

やってみましたー
立った!クララが立ったよ! ←だまれ
って、写真じゃわかりづらい?

ええとですね、
ばらまいた分が全部立っている、
ということではないんですが
確かに静電気の作用が起こってるみたいです
何も使わずに巻くと
こうはならないです

ただどうも本物の「グラスマスター」に比べると
電気の力が全然弱いみたいです
でも、1000円くらいの出費で
ここまでできるなら上出来ではないかしら?
って感じですよ





1480475999_IMG_5283.jpg

とりあえず、この感じで成功してるぽいので
全体にばらまいて・・・





1480476031_IMG_5284.jpg

全体を逆さにして余分な草を取り除きます

こんな感じで、割と手軽に
自作することができましたよー
先輩諸兄に感謝です
自分じゃ絶対に思いつきません

特記事項としては
撒く時に虫ピンと網が誤って接触したんですが
パチッって紫色のスパークが起こりました!
コワイよぉーwwww

いやマジで取扱には十分に
注意したほうがいいと思います

とりま、グラスマスターはここまでです






1480569064_IMG_5290.jpg

そしたら、あともう少し、草木関係を続けます
同じ草でも質感の違いを出してみたいので
ジョーフィクスの「143 明るい秋の草の束」を
エアブラシで塗装して
植えてみたり・・・









1480568940_IMG_5288.jpg

「ミニネイチャー」という情景素材の

「マイクロパック 花壇 オレンジ :ミニネイチャー」
「マイクロパック 花壇 赤 :ミニネイチャー」
「マイクロパック 道端の花 バイオレット :ミニネイチャー」
「マイクロパック 道端の花 黄 :ミニネイチャー」

というアイテムを使って・・・





1480568980_IMG_5289.jpg

お花畑みたいにしてみたり・・・





1480570520_IMG_5291.jpg

あとモーリンの「クラッシャブル ストーン」という石を
廃墟のガレキ風に置いてみたり・・・

こんな感じで、大体、地面が出来ました








1478453913_IMG_5112.jpg

あと、ベースの制作を忘れないように
書いておこう


まず、ベースは100均の箱を
「ワシン オイルステイン マホガニー」と
「ブライワックス ラスティックパイン」で
塗りました

オイルステインのマホガニーは
「アサヒペン製」がいい色なんですが
こうしてみると「ワシン製」も
なかなか味があるなぁと思います
あと「ブライワックス」は
模型ではあまり聞かないかもですけど
DIYでは魔法の塗料としてメジャーみたいで
安っぽい木材でも深みのある色に変身させてしまうという
英国製のワックスです







1479182460_IMG_5168.jpg

んで、その箱の下にもう一段、台座を組みます
2段にする理由は、ダンボールに入れて持ち運びする際に
この部分がストッパーとなって
箱の中で固定できるからです


いつもなら一枚板を貼って終わりにするんですが
今回は中に電飾を仕込んでいるので
中央をあけておく必要があるので
板を貼り合わせてつくります
切断面にはセメダインの木工パテを使って穴埋めしまして・・







1479197913_IMG_5169.jpg

底面にはすべり止めの
吸収材を貼っておきます
これがあるとベースを持ち上げやすいんですよね
ちょっとしたことだけど、
これをやっとくと全然違います







1480747243_IMG_5301.jpg

で、下の台座には
「アサヒペンのオイルステイン マホガニー」
を塗りました
これは横山先生もジオラマ作家の奥川さんも
いろいろ試してたどり着いた、っていう色で
ほんといい色だと思いますー







1480746616_IMG_5297.jpg

よし、そんな感じで
台座ができましたー!


あとはメカトロウィーゴを置いて
完成となりますー
今、本体の塗装をしてるんですけど
油絵の具を使っていて乾燥が遅いので
まぁのんびり塗ろうと思いますー


んで、今回の作品タイトルなんですけど、
いろいろ考えたんですけどね、
やっぱ、ここは
「この世界の片隅に」
にしようかなぁ? ←ええかげんにせえ(広島弁)