--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016/08/27

ハタガネの加工を教えていただきました!



素晴らしい情報を眼にしたので
シェア紹介させていただきますねー


20160826015133d7a.jpg
(画像をお借りしました)


まず、ブロ友さんの
しんごaikoさんの、この記事

http://shingoaiko.blog.fc2.com/?no=95


「ハタガネが全然使えん!!」
という衝撃的な始まりで、
どうしたどうした??と思ったんですが、


・・・


なるほど、なるほど!!!
それ、すごい分かります!
これはモデラーあるあるですな! ←どーなんでしょ?





ただ・・・

いやーこれ真似したいけど
この厚さのものを垂直に切って
直角?にヤスルのってすごく難しいし、
めんどくさいし ←
僕の技量ではできそうにないよぉー




とか思ったんですが
「試合前に諦めたら試合終了だし、てか試合そのものがなくね?」(うろ覚え)
みたいな名言を思い出し、
こうなったら全力でたたっ切ってやるぜぁ!!!
と取り組んでみますー
スラムダンク!!





1472270583_IMG_4671.jpg

まずT字定規で切るラインを書いて・・・
ネジのちょっと上ですな





1472271161_IMG_4672.jpg

で、まずガイドを用意します
これはwaveの「レザーノコ&ガイドボックス」
についていたガイドなんですが
これがあると垂直に切りやすいです

で、プラ板を貼って、ノコとの隙間をなるべく
なくしておきます
遊びが少ないほうが垂直に切りやすいんですな
ちなみに、この情報は吉岡和哉さんの
「ダイオラマ・パーフェクション」で知りました






1472271205_IMG_4673.jpg

そしたら、まずハタガネのしっぽを切断します
ここがストッパーになっていて
本体を分解できなかったのです





1472272040_IMG_4675.jpg

次に本体の切断に入ります
対象を3方向でガッツリ固定します
あ、ガイドの下にはプラバンを敷いてます




1472272406_IMG_4676.jpg

で、切断しました
切断に使ったのはピラニア鋸という
金属も切れるノコです
上で紹介したwaveのは
金属用じゃないから使ったらダメよ!w

あと断面は怪我防止のため
軽く180番でヤスリました






1472273124_IMG_4677.jpg

はい、これで保持力がアーップ!
てか、僕のハタガネ、
切断がヘタで歪んでるのは言うまでもないが
これまでの使い方が悪くて
軸までひん曲がってますよ・・・www

僕のは反面教師にしてください
下手くそすぎる・・



ということで簡単ですが
ハタガネの加工の情報をシェアさせていただきました
素晴らしい情報をどうもありがとうです!



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

私も同じものを持っていますが、確かに保持力が弱いですよね。
それに加工する道具もないですし。

でものこぎりのガイドは使いやすそうですね。
ハイパーカットソーでも使用できます?

PS実はホテルの予約バタバタしててまで取れてないです。
オラザクも落ち着いたので、次の休みにとりたいと思います。

Re: No title

>lost oneさん
どもどもですー!

えと、ハイパーカットソー、
僕が持っているのは金属が切れる
「pro-c」のみなんですが
これでいま試してみたところ、
背金がジャマして、
このガイドには入りませんでした
なので、とりま「pro-c」とwaveガイドの組み合わせは
アウトですたー

「pro-c」って、刃長っていうのかな?
短辺の幅が1cmくらいで狭いんですよねー
あと僕はこれで金属をガシガシ切っていたら
刃がグニャグニャになってしまったので(唖然)
ハタガネを切る場合は
他のノコを使ったほうがいいと思われますー


ホテルの件、りょーかいでーす!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。