--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016/07/06

2016年上半期の映画ベスト10!みたいな


※今回はプラモデルと全く関係ない記事です
なので読まなくていいと思います

1467789260_IMG_4462.jpg

Perfumeの映画「WE ARE Perfuem」見てまーす!


横山宏先生の「横山宏Ma.K.スケッチブック60」
広島ビームスで受け取ったら
先生のサイン入りでしたー!やったー!



ということは、まぁ置いておいて・・・
(写真は本文と関係ありません)



ごめんなさい、最近多いパターンなんですが
プラモデルと全く関係ないことを
「たまにはひとりごとのようにつぶやきたい」
という気持ちが瞬間的に湧くことがありまして
今がまさにその瞬間ですw




僕は今年から映画館で映画を観ることを
ポチポチと復活させておりまして
2016年7月頭の時点で22本を劇場で鑑賞しました


で、ツイッターとかで
「2016年上半期ベスト10」
みたいなハッシュタグがあって
「あー、僕も選んでみたいなー」
とか思ったんですが、いかんせん、
性格が優柔不断で決断力がないので
とてもベスト10を決められませんw



なので突然ですが
「○○がよかったで賞」みたいな感じで
10本をここで選んで
簡単に感想を述べてみたいと思います


なるべくネタバレはしないようにしますけど
それでも映画の内容に触れることもあるかもなので
予備知識ゼロでありたい場合は
いますぐこのページを閉じた方が良いと思います
てか、見るな!←

では、いきますー






■めちゃ面白かったで賞
「ドリームホーム 99%を操る男たち」

64f0a2b14a7ee761e53e2e81712fc8fe.jpg

一言で言うと「合法的に今、住んでいる家が取られる話」です
「法的には反論の余地がないから、お前、不法侵入者だぞ」
という、このやるせなさ
これ、映画開始の冒頭5秒から引きこまれて
最後まで、ずーーーっと面白かったですぅぅ!!
僕的に中だるみが1%くらいしかなかったですよ
残り99%はずっと面白かったです、まさに99%を(以下略)


これはネタバレが気にならない映画だと思うので
気になる場合は調べてから観ても良いと思います
まぁサブプライム関連の社会派サスペンスなんですけど
ハッキリいって「マネーショート」より遥かに面白かったよ!!
単純な面白さで言えば僕の今年ナンバーワン級ですよ
ドストライクなストーリーでした





■すごい体感だったで賞
「サウルの息子」

aaeaed19e2e2dcf02e9f0287ad58473c.jpg

一言でいうと「ドラえもんのひみつ道具、
タイムマシンと石ころ帽子をつかって
アウシュビッツにもぐりこんだ映画」です
という説明は合っているんだろうか?w
まさに「その場で、その体験をしている」感覚でした
この作品を本年度のベストに選ばれる方も多いと思います

「映画を映画館で観るというのは体感なんだなあ」
ということを、これを観て改めて思いましたねー
ストーリーは面白いとは思わないので
これDVDで観てもイマイチかもしれないですね
自宅での鑑賞は集中力を要するかもです


一つ個人的な意見をいうと
アウシュビッツの数字は水増しされている、という説があって
僕もそうなんじゃないかなあ?とポヤポヤと思っています
現在言われている数字を流布したのが
連合国側なのか、ドイツ側なのか
それともそれ以外の誰か、なのかはわかりませんけど ←余計な文章





■ナメてました、ごめんなさいで賞
・「ちはやふる 上の句」

b932c1014ccb130666bef5097237cc96.jpg

「どーせJK向けの商業映画だろ( ゚д゚)、ペッ」
みたいに思ってましたが
大ファンであるPerfumeの新曲PVを繰り返し見ているうちに
「あ、これは見に行かないと次のライブ会場で
あーちゃんに「ちはやふる見た人ー」って言われた時に
「いえーい!」って言えなくなっちゃうー!」
と思い直し、Perfumeのタオルを首に巻いて
映画館へと出向いた次第です
結果、ライブ会場でそんな煽りはなかったのですが ←どうでもいい文章


というわけで完全にナメていたのですが
映画の冒頭シーンで、
カルタをものすごい勢いでバシィッ!!と取る映像で
本気でビビってしまい、
思わず椅子にふんぞり返っていた姿勢を正しました

いやーまぁーなんとなんと、面白かったですー
二部作ということでしたけど
上の句だけで「十分にお腹いっぱいで、もうごちそうさまです、美味しかったです」
という気分ですよ
これ1本でちゃんと完結してるのがエラいと思いました
気持のよい快作でしたよー
既に青春映画の傑作的な位置づけになってきてますね





■生涯ベスト級かもで賞
・「アイアムアヒーロー」

bfd5398f8cc7e346bc2abc651ad0d0da.jpg

現状、今年ナンバーワンです
僕は鑑賞時期的に
熊本地震のメタファーとして観てしまい
ちょっと考えさせられました
こんな窮地に陥った時、
主人公のようにありたいものだなぁ
と思いましたなー(思うだけ)
もう素晴らしすぎて、もう多くを語る気にはなれませんけど
とにかく主人公の最後の一言にシビレまくりましたよ(遠い目)





■面白いことはわかる!だかしかし!で賞
・「ズートピア」

b3f3af945541c53515c5e019cf2d461c.jpg

めんどくさいんで、あんま書きませんけど ←
この映画、大ヒットで大評価されてますよね
たしかに面白いけど・・・
僕は手放しで絶賛する気にはなれないんですよー
なぜなら、僕は性格がひねくれているからですw

ひとことで言うと
「これが教育上良いと画一化されるのは困るなぁ」
という感じかなあ?
反論されたら謝りますけど
この映画に僕は何か欺瞞を感じます・・・
めんどくさいんで理由は書きません、すまんw





■松岡茉優が魅力的すぎるで賞
・「ちはやふる 下の句」

030b3e544de3ae2504d6e66b9e329d42.jpg

広瀬すずはいいから、もっと松岡茉優を見せろお!
なんて大変失礼なことを思ってしまった映画です
松岡茉優さん、めちゃ魅力的ですよ!!
ホントに惚れちゃう!!!
もうそれだけの映画! ←うそです
続編も見に行きますね





■人間って140分でこんなに体験できるんだ!?で賞
・「ヴィクトリア」

a0f7389de82fad21c60220a42ec79b7d.jpg

この映画は「140分ノーカットワンシーン」が売りの映画でして
「これは映画館での鑑賞がマストでござるな!?」という感じで
映画のあらすじはもとより、
どんな作品ジャンルなのか?
どの国で制作されたのか?
という予備知識すら入れず、
まっさら白紙で鑑賞しました


「人間って140分でこんなにいろんな体験ができるんだ!?」
っていう体験というか、
それがわかっただけで観る価値はあったと思いますなー
ある意味、ジェットコースタームービーって感じですか?
そいや「マジカルガール」にも
似た感じがありましたなー ←てきとーな感想





■タイトルで5億点で賞
・「ヒメアノ~ル」

d9d66fd2cd074082311f44c0a91a93a9.jpg

僕は宇多丸さんのラジオの映画評をよく聴いてまして
この映画については原作は未読ですし
ラジオを聞かなければ
見に行くことはなかったと思いますねー
だから宇多丸さんラジオに感謝なんですけど・・・

でも正直、まったく何も知らないで観ていたら、
さらにすごい体験ができたのでは!?
と、ちょっと残念にも思いますー
未見の方にお伝えしたいことは
あらすじもジャンルも、何も知らない状態で観るといいかもー?
って感じですよー


映画のタイトルの出し方は
多くの方が口をそろえて褒められているそうですが
確かに、確かにめちゃくちゃ良かったです
これはマジで生涯ベスト級ですな
こんなにアガる映画タイトルの出し方は
ちょっと記憶にないですよ ←てきとうな発言









■柳楽優弥がヤバイで賞
・「ディストラクション・ベイベーズ」

931316b741bdc620b1c84fb2deeac960.jpg

この映画はあらすじを知っていても
いいと思うんですけど
柳楽優弥が演じる主人公が
悪魔の化身のような、そんな映画です(めちゃくちゃな説明)


もう柳楽優弥のオーラがすごかったです
超・個人的な感想を言うと
「燃えよドラゴン」のブルース・リーを
観ている感覚に非常に近い、という感じです

彼がスクリーンに写っているだけで
すごい面白いんですよ
もう目が離せなかったです
逆に、柳楽優弥が写っていないシーンの
退屈なことといったらなかったですよw
「お前の話はいいんだよ、はよ柳楽優弥を出せや、こら!」
なんて映画のテンションばりに
凶暴になってましたなー ←てきとうな感想

正直、今年観た作品の中で
「もう一度見に行きたい」と思った映画は
この1本だけですね、ストーリーではなく
柳楽優弥を観るのが面白かったです





■とりあえず今年のワーストで賞
・「シビルウォー キャプテンアメリカ」

09b9189a290bd1b7cf6dd60426f99c1e.jpg

個人的に今年の暫定ワーストは
「バットマン VS スーパーマン」
だと思ってたんですが
ワンダーウーマンの登場シーンは
問答無用でアガったので
シビルウォーになりました

これはあくまで個人的な感想なので
本当にごめんなさいという感じなんですが
ひとこと言わせていただくと
スタン・リーの顔は見飽きました ←ひどすぎるいいがかり

僕はコレを観て
「ああ、僕はMCUの輪廻からは解脱しよう」
と思いましたなぁー
といいつつ、また見に行くかもですけど ←優柔不断




はい、以上です、すいませんでした
プラモもちょろちょろ触っていまーす!

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

おひさしぶりですー!もう私のための記事に感じましたよ笑

ですが、残念ながらここ最近映画みる暇がほとんどないのです泣

ですので今回全部みてません!笑

DVD作品なんかは一日30分ずつとか見てるんですけど笑

にしてもシビルウォーそうですか!すごくみたいなーと思いつつ上映時間長いってだけで見送りましたもんwww

Dvdなんかでオススメあったら是非おしえてくださーい!

Re: タイトルなし

>vertec さん
どうもありがとうですー!
ひとり言のつもりの記事なのに
そう言っていただけると恐縮ですw
vertecさんとは、ほんと今度お会いした時に
映画の話をしてみたいですなーw

いやー、シビルウォーはねー
まぁ多分、傑作なんですよ
宇多丸さんも褒めてましたからねー
僕のがマイノリティ・リポートなんですよw


DVDのオススメですかー!
どういうジャンルがいいのかなー?
こういう感じの映画、みたいな
指針があれば何本か出せるかもですけど
とりまじゃあ1本、
vertecさんなら分かってくれる・・・
気がするので、敢えてのコレ!
サシャ・バロン・コーエンの
「ブルーノ」はどう???

vertecさん、タマフルリスナーだから
ご覧になってるかもですけど
この映画、もはや映画と言っていいのか
不明ですけど、マジでぶっ飛んでますよ!w

「命がけでドッキリを仕掛けまくってる」
という内容でストーリーは無きに等しいですw
宇多丸さんも批評されてるんで
未見でしたら是非チェックしてみてください!
あ、彼女と一緒には観ないほうが良いと思いますーww

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。