2013/10/13

プラモデルの作り方 制作講座その13.プラモデルの撮影の方法

前回でいちおう作品として完成しました
次は撮影ですね!

といっても、僕は撮影についてはド素人なので、
やはり前回と同じく、初心者向けの講座と呼ぶには
おこがましい限りの内容になりまするー
それに僕のやり方自体も
まだ確定ではないのですが、
まぁいまのところ、こうやってますよ、
という紹介になりますね

とゆーことで、僕のやり方のマズい所とか、
参考にしない方が良い所を参考にしてください、
というような、反面教師的な内容でお届けしますw




撮影については
光源とか重要だし、レフ版とかも重要だし
カメラの技術も、その性能も大事だし
ポージングも重要ですよね
あと構図も重要!
もういろんな要素がありますね


ぼくはヘタッピなので、
だれか教えてほしいですよwww
いい本とかあったら教えてよw

なんかモデルグラフィックス誌で
プラモデルの撮影講座の連載があったんだけど、
あれ本になったら買うのになぁーw
超実践模型写真塾って連載でした
うおー、ぜんぶ読みてぇー!!w


1381521201.jpg

とりま僕が使っているのは
一眼レフではなくコンパクトデジタルカメラなんですが
あまり深く考えずに買ったものだから、
接写にイマイチ強くないんですよ

「まぁニコンだから、だいじょーぶでしょ?ニコンだから」

なんて思ってたんですが、テキトーすぎましたwww
こんなの、真似しないでくださいね?w

いま、MG誌を見てみたら
画素とか最短至近距離は気にしなくていいので
「絞り優先で撮れるか?」が大事みたいです
デジカメ買う前に、この情報を知ってればなぁ。。。ww

まぁでも、iphone5のカメラよりは全然いいけどさ、
このコンデジ、接写モードついてるくせに、
接近するとピンが合わないことが多いんだよー!
「もうお前(AF)はいいから、
おれにF値とシャッタースピードを
合わせさせろよ!」って思うw


別にニコンの悪口を言ってるワケじゃないけどさ、
普通に撮る分には全然悪くないカメラかもしれないけど、
ピンが合わない時はストレスになるよ、
ぼくの使い方が悪いんでしょうか???
まぁ、こういうの求めるなら
やっぱ一眼レフ買うしかないけどねw




1381584515.jpg

はい、これ自作のプラモデル用の撮影ブースです
名付けて「ブースくん」!w
補修したのでver1.5になってますw
ダンボールで工作しました
ぼくは自作のものに、よくダンボーの顔を書いてるんですw



1381584525.jpg

上から見るとこんな感じ
ハンズで買った電球とコードを
透明テープで貼ってます



1381584567.jpg

頭の中身はこうなってます
銀色のものはアルミホイルを
一回クシャクシャにして伸ばして
木工用ボンドで貼りました
あとトレーシングペーパーの代わりに半紙を使ってます



1381584584.jpg

本体のほうも段ボールです
背景の紙は白と黒とグレーを持ってます
グラデーションペーパーも欲しいなーと思ってますけど、
まだ作ってませんw



1381584601.jpg

地面にアクリルボックスと電球とコードを使ってます
地面下から光る表現にするにはどうすればいいんだろう?
と考えた末に思いついたのがこの方法です



1381584610.jpg

アクリルボックスの上に半透明のプラ版?塩ビ版?
忘れましたけど、これを乗せて地面としています



1381584685.jpg

レフ版も自作してるんですが、
今回は使いませんでした
デスクライトにも照明を手伝ってもらいましょう
ちなみにこのデスクライト、方向が自由自在なんで
すごく役に立ってます!
凄くいいよ、これ!!



1381584695.jpg

地面の光源もスイッチオン!
これで3つの光源を使用してます
まぁこんな感じで
撮影ブースにお金をかけずに自作してみたんですが
その性能はどうでしょう?

ではダンボーミニ<どこかのジブリ映画でみた天空バージョンw>
のギャラリーどえす



DSCN1674.jpg

天空の箱 ダンボーミニ


このアイデアは僕自身から出たのではなく、
日頃から僕がお世話になっている方が
「こんなのがイイ!」
と思いついたのがキッカケで、
「それって、某ジブリ映画じゃんw
面白そうだ、やったことないけど挑戦してみよう!」
と作ってみたものですー


DSCN1678.jpg
DSCN1681.jpg
DSCN1685.jpg
DSCN1686.jpg


ポージングつける気がないんで、
構図の工夫とかありませんwww
僕、構図とか下手なんだよねー
って、いつも思ってますw
なんか撮影、めんどくさいんだよw
正直、いまのところ「楽しい」より
「メンドクサイ」の方が優ってるからね
だから上手にならないんだな、わかってますよw



まぁこんな感じで、プラモデルの制作を
一連の流れで紹介していきました
どんなもんでした?
なんか少しでも参考になれば幸いでございます

ではモデラーズギャラリーに投稿してきますねー!
→ぼくのギャラリーはコチラ!


プラモデルの作り方 制作講座その14.ツールウォッシュ(ツールクリーナー)の再利用法

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント