--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015/03/27

ジムⅡが完成したんで「ガンプラ王2015」に応募したー!(ジムⅡ制作記・ギャラリー)



こないだから「第17回ガンプラ王2015」の
エントリーがスタートしましたよー!

で、制作期間が、あれやこれやで
180日(実日数は不明w)となってしまった
ジムⅡなんですが、やっと塗装したんで、
Web応募でエントリーしてきますたー!


で、エントリーする時に気づいたんだが
こんなことが書いてあった

「Web応募いただいた作品は、先着で電撃ホビーウェブに随時掲載を予定しています。」


あれ?
どうも僕は、レギュレーションを
勘違いしてたみたいだ、
「塗装状態は公開しちゃいけんよ」
だと思ってたんだけど
これ、応募したら公開してもいいんじゃん?

なんだー
じゃ、公開しちゃいますー!


前からやってみたかった
ビフォア&アフターを交えながら
ジムⅡのギャラリーですー!





14122184a51_IMG_1632s.jpg 1412218471_IMG_1633as.jpg
(素組み)
あー、これを組んだ時って、
「制作の秋」でしたよ
ちなみに今は、春ですよw
どんだけ長いんだよw



14222a80145_IMG_2292s.jpg あ、サフ背面なかった、残念・・・
(改造後・サフ)

シールドの自作から始まって
思いついたことを気ままに実験くんしながら
作っていきましたなー
このころ、プラ版工作のチャレンジを始めて
それが、例の「ダンチャレ」に繋がっていきましたなー



016ba6aa1da4e580e30e0af654e318e7a14b0c90e7.jpg
(塗装中)

一枚しか写真とってないw
集中して丸一日、塗装してましたw
でも1日じゃ終わらなくて
最終的に3日かかったw


ということで以下、ギャラリーです!


1427351144_IMG_2864.jpg

「ジムⅡ・火星光学迷彩仕様」


塗装に関しても、
今までにやったことのない表現に
チャレンジしようと思って
今回は海外モデラーの塗装を意識しました



DSCN2010.jpg

「光学迷彩」というコンセプトだったんで
仕上げにブルーのパールを吹いてみた
それを紫外線ライトで撮影してみた
撮影ムズいよー!
僕、撮影がニガテですw



DSCN2002.jpg

海外のモデラーさんて、
色彩感覚が日本人と違うんですよね
なんか彩度が高めで、鮮烈な印象があるんですよ
で、僕みたいなヘタレが、
いきなりそんなハイレベルな塗装なんて無理ぽよなんで、
MIGさんの塗装を、ほぼコピりましたw
まぁ劣化コピーですw



DSCN2006.jpg

MIGさんというのは、ネット情報曰く
「スペインのカリスマモデラー、ミゲル・ヒメネス氏」のことです
AFVモデラーなら知らない人は、
多分いないくらい有名な方ですよ
僕は、あんま詳しくないんですけどねw



1427351592_IMG_2868.jpg

自然なチッピングって難しい・・・
何度もやり直したけど
今はこれが限界ですわー



1427350621_IMG_2858.jpg

肩のセンサーは100均のカラーテープですw



1427350608_IMG_2857.jpg

足回りはピグメントを使ってホコリつけました



1427349820_IMG_2848.jpg

ヒザウラのバーニアのプラ版工作が
いかにも素人感って感じ?www



1427349873_IMG_2851.jpg

塗装の仕上げでは「縦落ち」を
とにかく意識しましたー
ジーンズでも縦落ちって、かっこいいよね?
あれと一緒だ!キリッ



1427349763_IMG_2845.jpg

背中の放熱フィンですか?
はじめて「しいたけディティール」に挑戦したんですよ
自分で作って、あまりのぶさいくさに吐き気がしたw
その後、サイドアーマーの裏に作ったら
前よりは、きれいにできました!
でも、撮影したら、まったく写っていないというwww
でも、そこが「n兄さんリスペクト」なのである!




1427350554_IMG_2855.jpg

このシールド、実は
かなり歪んだ造形になってしまってます
あんま写真じゃバレないかな?w ←そんなことはない



1427354556_IMG_2871.jpg

とにかく撮影がめんどくさいw
ちょっと撮影についても、
これからは本腰いれてかないかんなー
思うてる今日この頃なんですよw



それにしても、
自分で塗装しといて言うのも何なんだけど
サフ状態の方が、カッコよくないですか?www
サフが一番カッコいいって、僕は良く思うんですよ
まぁウデが未熟なのが問題なんだなw

ではでは、
ご覧いただき、ありがとうございましたー!




(塗装の忘備録)
■基本塗装
・インテリアカラーで下地
・クリアオレンジ、黄土色、ダークイエロー、ホワイト、
の混色で光の当たる部分に塗装
・さらにクリアオレンジとブラウンにシアンを混ぜて光の当たる部分に塗装

■陰影&エイジング
・油彩の混色でシャドウ(筆)
・スポンジでチッピング、AKのダークブラウン
・フラットクリアー
・また油彩でシャドウ
・ピグメントのlight rust、north Africa dustを混ぜてホコリ
・エナメルでウォッシング
・フラットクリアー
・再度チッピング
・コピックでエイジング
・ブルーパールを軽く全体に吹く

■内部フレーム
・ジャーマングレー
・油彩でフィルタリング&ドライブラシ
・ピグメント

■武器&暗視スコープ
・メタルカラーのアイアン
・磨いてフラットクリアー
・ピグメント
・ブルーパール

■モノアイ
・メタルカラーのアイアン
・磨いてブルーパール
・思ったように発色しないのでシルバー+ウルトラマリンブルー
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

phantomさん、こんばんは!
ガン王申し込み終了おつかれさまです!
以前、このサフ状態までは、見せてて頂いてたのですが、
こんな風に仕上がったのですね!

重ねに重ねた塗装が、すごい作家性が出ててかっこいいです!
特にチッピングが凄い上手ですね。
状況に合わせたパターンが豊富で
「やりすぎずいい所で止める」加減も巧みだと思います^^
油彩からコピックまで、素材の使い分けもすごく、
技術に対しての「貪欲さと柔軟さ」が結実して、
この重厚感と退色感に溢れた仕上がりが生まれているのだと思いました^^

まずは師弟コンビで目指せ!一次予選通過!ですね!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

こんばんは~!
先程間違えて非コメで送ってしまいました。^ ^
もう一度オープンで送信します。

完成おめでとうございます。ミリタリーチックでスナイパー!!
これはジムスキーにはたまらない一品でございます!(°▽°)

光の種類や当てかたで、色んな表情というか雰囲気が違ってみえるのが素敵です!
やっぱり塗装って奥が深いですね~!
撮影は苦手とのことですが、全然スゴいし魅力的な写真だと思います。
Phantomさんが創る物はプラモじゃなくて何て言うか『作品』に見えるんですよね~!

記事中にも書かれてますが、テーマや重点項目を設定して製作されているところが、ちゃんと物や写真に反映されているから作品になるのでしょうね!

自分はまだまだプラモデルの域ですが、いつかはphantomさんみたいな作品が作れればイイなぁと夢見てます!
(//ω//)♪

No title

さ、さすがワシの師匠やでぇ!
たしかに新しい!
見たこと無いですね。この塗装!
師匠ほどの腕前でもチャレンジスピリッツを忘れない姿勢は感服でござる。
しかも申し込み済みとは!!

それにくらべてワシは・・・ワシはーーー!
師匠・・・ワシはどうしたらええんでしょうか!!

ついにガンダムも火星に到達しましたか。
いやしかし、ゼータのとき木星帰りの人とかいましたね・・・。
火星はとっくに到達済みなのかな?

いやーしかし、いい塗装ですねー。
ただのウェザリングとは一線を画す味わい。
うっすらブルーがのってるのが独特の風合いを出しますね。
うーん、かっこいい。

背中の装甲の傷みぐあいいいっすね!
鬼の面のような様相。
背中に鬼を持つのは師匠のジムと範馬勇次郎ぐらいですよ。

どんな風になるのかとても楽しみにしていましたが、期待を裏切らない斬新さ。
楽しみにしていた甲斐がありました。

とにもかくにも完成おめでとうございます!

Re: No title

>かさ兄さん
ありがとうございますー!
いやいやいや、チッピングは
何度もやり直して、この程度ですよぉ!
上手な方のやり方を動画で見せてほしいよw

油彩とコピックは、
ヘタレでもそれなりに
ごまかして見せてくれる
魔法のスパイスですねぇww
工作が荒いから、それでごまかした、
みたいな感じですよww

「作家性」という言葉、メチャウレシイけど
実は他の方のコピーの寄せ集めだからなぁw
オリジナル要素は1%くらいなんですよねーww



>ぷらっちっくさん
あ、秘コメ了解ですーw

「作品」かー、それも嬉しい言葉だなぁ!
ありがとうございます!
でもねー、いろんな「作品」を
マネっこしてるだけなんですよねーw

ぷらっちっくさんの「作品」も見たいよー!!
年度末でお忙しいみたいですね
ブログ更新、待ってますよー!w



>ebavoさん
おおきにー!!
いやいや、新しいことあらへんでー!
MIGさんの塗装をマネただけやー!
「火星光迷彩」というコンセプト自体、
MIGさんのマネやで!
だいたい、ディティールとかシールド形状とか
背中のモールドとかも、いろんな方のマネやで!
どんだけパクっとんねん!ちゅう話や!

まぁワテは模型でマネっこは
いいことやと思うてるけどなw


ところでな、ebavoはん、
どうしたらエエか、教えたるで!

「来年のガン王にいっしょに出そう!」

これやがな!
今年が間に合わなかったら、来年があんねん!
だから安心して旅行の準備、
進めてちょーだいやでー!


うん、なんかニセ関西弁を
使いこなせてきた気がするよw
ここでひとこと、

慣れていくのが、自分で(以下略)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

こんにちは!
ついにジムが塗りまで進まれたんですね!

何度も書き込ませていただいておりますが、
何度も記事を拝見させて頂いておりまして、
ジムのかわりっぷりも追わせてもらってました。

盾の曲げ方も
ふくらはぎバーニアの採寸も今回のここにたどり着くのかと
思うと、勝手に感激してしまっています。

ちなみに私もサフの状態が一番好きです。
デッサン画に近いからというか、フラット感がたまらないというか、
私は塗装がまだ想像に追いついていないから、というのもありますが、
その後の姿が想像しやすいというか。
格好いいですよね。

また拝見させてやってください!

Re: No title

>秘コメさん
素晴らしい!卓越した知識というのか、
今回のお話、めちゃ納得ができました
なるほど、そういうことだったのか、
いや、すごく腑に落ちるご説明でした!

これ、秘密なの、もったいないですねーw
素晴らしい内容だと思います

あと、プリンというのは
思いもつかなかったです!www
面白いなーww
これも秘コメさんの可視による表現ですね
そう、菓子だけに!←ドヤ顔

Re: No title

>REN_W さん
あ、ありがとうございますー!!
そんなコメを頂けるなんて、
僕の方が感激しちゃいますよ!!

まぁしかし、たどりついたのが
こんなところですみません、て感じですよーw
海外風の塗装ってたぶん、
万人ウケはしないだろうなーって
感じですねーwww


お!、そうですか!
やっぱサフ状態ってかっこいいですよね!?
もう、あれで完成ありなんじゃない?
とか思うんだけど、
やっぱり塗りたいというのもあるしw
いや、なんか模型は楽しいですねw
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。