--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014/10/19

プラモデルの作り方 制作講座その32.プラ版を正確に切り出す方法(その1)


最近、プラ版の加工に挑戦をはじめましてね
これが結構楽しいんですが
プラ版をちゃんと切り出すことって
なかなか難しいんですよ

01a7dffa77569feb088f0d57bfc838e86d4c40df1d.jpg



ていうか、僕がプラモデルはじめた頃は

「プラ版なんてあんな厚いものを、
ナイフで切り出すなんてホントにできんの??
すげー大変じゃね??」

って思ってたのねw
こう思っていた人、他にもいるんじゃない?
ん?僕だけですか??



いやね、プラ版って、
ナイフで全部を切り取るわけじゃなくて
何回かなぞって「手で折る」ようにして
切り出すんですねー
僕は始めはそんなことも知らない状態だったよw

で、やってみたらね、
パキッて簡単にできるじゃん!
僕みたいな初心者でも、できんじゃん!w

で、こういうのを経験するとね、
「やっぱ知識って必要だよなー」
と思う今日この頃なんですよ←誰?



そんなわけでね
僕なんか、プラ版の加工なんてほんとド素人で
とても講釈をたれるような
技量は持っていないんですけどね
でもここ数日、いろいろな本やネットで調べたり
ちょこっと実践をしたりして、
「おーこれは有益な知識だ!」
と感じたところとかあったので
とても厚かましいのですが

「プラ版を正確に切り出す方法(その1)」

と題して、その得た知識を
ご紹介したいと思うのであります!
くどいけど、僕はド素人なんで、
あんま詳しいことは聞かないでねw
ていうか、こんなエラソーな
記事タイトルをつけてスマン・・・




●素晴らしい動画を発見したのだ!

でね、いろいろネットとか見てたらね、
youtubeで素晴らしい動画を発見したんすよ!!


★「ノギスを使って等間隔のスジボリを彫ってみました。」




いやー、この動画、素晴らしいな!
上手い人ってこんな風に作業するんだね!
なんかお寺でお坊さんが掃き掃除をしているような
整然としたたたずまいっていうの?
そんな印象を受けましたよ
なんか見てて気持ちが良いの!
もうね、一日中、この動画を流していたい気分ですわw


でね、
「この動画をアップしたした人って誰だろー?」
って思って名前を見ると
ミサキミツアキって方らしい
「んー、どっかで聞いたことあるなー」
って思ったら・・・


1413424678_IMG_1745.jpg

おー!「ガンダム スクラッチビルド・マニュアル」を書かれた方でしたか!
プロモデラーの岬光彰さんだったんですね!
僕、この本は割と初期に購入したんですよ
で、中を見るといろいろ詳しく書いてあるんですが
「この本は、今のおれには、まだ早い、
しばし寝かせておこう・・・」
と思ってしまっておいたんですww




で、この本、2が発売されてたんだね!
動画を見て感動した僕は
すぐに注文しましたよw


1413424840_IMG_1747.jpg

「ガンダム スクラッチ ビルド マニュアル (2) 」!
で、これ、読んだんだけど、マジすげえ!!
知りたいことがいっぱい書いてあるし
いろんなアイデアがいっぱい書いてある!
岬さんってほんとアイデアが豊富なんだなー
これすごい本ですよ、
詳しい内容は別の記事でレビューしたいけど
これ、プラ版加工のバイブルといっても過言ではないよ
プラ版の加工に興味がある人は
ゼッタイ読んだ方がいいですよ!




でね、他にもこんな動画を
アップされていたんですよ


★スライド定規:構造と使用方法



★スライド定規使用実例1:簡単な形状の切り抜き



★スライド定規使用実例:2




このスライド定規っていうのはすごく便利そうだ!
これは欲しい!
僕は、そう思いました


さて、ここから本題に入りますね!←前置きがいつもにもまして長い





●プラ版を正確に切り出す方法

ここからはちょっと駆け足で書いていくけど
プラ版を切り出すためには

・プラ版
・ナイフ
・定規

が必要だよね?
まぁ当たり前なんだけどw

でね、プラ版を切ろうとすると
この3つがズレることがよくあるんですよ
「うわープラ版がズレてもうたー!」
って感じで、直線が歪んじゃうのね


で、それを防ぐためにはどうすればいいのか?

「固定する」

のが解決策の一つであることを知りました
こういうのは上手い人にとっては
なんでもない情報なんだろうけど
僕としては、すごく重要な知識だと思いました





1413424544_IMG_1742.jpg

そして100均で買って作ったのがこれ!
カッティングマットと定規をテープで固定した
「プラ版切り出し専用マット」
しめて200円!w
これだけで作業が格段にやりやすくなりました!

あと、



1413424622_IMG_1743.jpg

定規の裏にハンズで買った「滑り止めゴムマット」を
両面テープで貼り付けました
定規とプラ版がズレることもよく起こったんで
それを防ごうという工夫です


たったこれだけのことでプラ版を正確に切り出すことが
格段にやりやすくなりました!



そして上で紹介した岬さんのスライド定規、
これも自作してみることにしました!




●スライド定規の自作


1413174534_IMG_1719.jpg

岬さんのはステンレス製なんですが
僕はとりあえずプラ版で作ってみることにしました
1.0mmのプラ版で作ってみます



1413176000_IMG_1720.jpg

こんな感じでプラ版を切り出しました



1413176808_IMG_1721.jpg

ほいで、こんな感じで接着!
これでスライド構造ができた!



1413178094_IMG_1722.jpg

思い付きで、スライドしたところに
1mmのラインを9本けがいてスミイレして
目盛りを入れてみました



1413178332_IMG_1723.jpg

このパーツに3ミリの穴を
ピンバイスで空けて・・・



1413349192_IMG_1726.jpg

エポキシ系接着剤でナットをガッツリ固定!
念のため、接着面は180番のペーパーで荒らしてます



1413424487_IMG_1741.jpg

あ、ちなみに用意したネジ類はこんな感じです
ハンズで買いました




1413351614_IMG_1727.jpg

あと、「差し金」部分にアルミ板を張り付けて
ナイフで削れないように保護してみます
アルミ板は0.5mm厚
ナイフで切り折ることもできるんですが
幅5mmで切り折るとアルミ板が歪みそうだから
せっせとハイパーカットソーでノコノコしましたw



1413354951_IMG_1728.jpg

とりあえずスライド定規ができたー!
名前は「スラくん」に決定しましたw
スライムだから青色で塗ってあげようw



1413355032_IMG_1729.jpg

こんな風にスライドしてネジで固定できるんです



1413355566_IMG_1730.jpg


ついでにプロトラクターも自作しました
これも100均で買った分度器と定規を
ネジでつなげただけです
100円で自作できますぜ!
こういうの作るの、なんか楽しいですw



1413356886_IMG_1731.jpg

あと、思い付きで5mm角棒を貼り合わせて
こんなブロックを作ってみました



1413356912_IMG_1732.jpg

このブロックをさ、
こんな風にセットするじゃん?




1413357009_IMG_1733.jpg

すると一発で10mmの幅が切り出せる!

ん?9.8mmになってるな・・・
あーこれは、あれだ、
接着剤で幅が縮まったんだな
ま、0.2mmくらい、いいか・・・←あとで困る予感



1413357155_IMG_1734.jpg

20mmの方は、バッチリ!
一発で誤差なく切り出しができました!
うわ、なんか楽しいwww



1413357909_IMG_1736.jpg

この治具ブロック、無くしそうなので
「ブル・タック」で張り付けておくことにしますー

ちなみに「ブル・タック」は粘着力のある
ネリ消しみたいな不思議なゴム?粘土?
とにかく張ってはがせる便利アイテムで
最近その存在を知ったんですけど
これ、フィギュアの手足の角度の
位置合わせとかに使えるそうですよ
あと他にも、小さいパーツの
塗装の持ち手がわりに使えるねー
なんかいろいろ使えそうな予感の便利アイテム!







1413358138_IMG_1737.jpg

ちなみにこの治具ブロック、
組み合わせで5mm、10mm、15mm、20mm、25mmが
一発で切り出せます
まぁ、ノギスで計ってもいいんだけどねw



1413424150_IMG_1738.jpg

ついでに0.5mm厚のアルミ板でも
同じように作ってみました
名付けて「メタスラくん」w
「スラくん」は1mmプラ版切り出し用、
「メタスラくん」は0.5mm以下のプラ版切り出し用
そんな感じで使っていこうと思いますー



1413424224_IMG_1739.jpg

ほら、こんな感じでノギスのクチバシを
切り出したい長さにして、あてるじゃん?
3.0mmにしてみるよ?


1413424270_IMG_1740.jpg

ホラ!どうですか!?奥さん!
0.1mmの狂いもなく3.0mm!
こんな僕でも簡単にプラ版が切り出せるんですよ!
ていうか、これを考えた岬さん、すごいです!




1413526120_IMG_1751.jpg

2mmの角棒にペーパーを張り付けて
スライド定規を使って切り出しました
幅を固定できるんで、こんなメンドくさそうな作業も
ラクラクですよ!




1413530529_IMG_1752.jpg

なんか嬉しくて調子に乗って
いっぱい切り出したw
いままではこういう作業も
めんどくさいなーって思って
敬遠しがちだったんですよw




しかしプラ版加工の道のりはまだ始まったばかり
他にもいろんなテクニックが
あるんだと思うとワクテカしますな!
とりあえず今回はここまでにしますが
参考になれば幸いでござる!

というかスライド定規の考案者、岬光彰さんに拍手ですー!
パチパチパチパチ!

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

動画めっちゃ勉強になります!
ちょっとスジボリから試してみます ^^d

新作自作ツール!
いろんなの考える人がいるもんですねー
アイデアって素晴らしい。

師匠もすっかりスクラッチ道の門をくぐってしまいましたね。
チャレンジしてる師匠、いいっす!

ジムたのしみにしてますよー
すくすくスクラッチ!

Re: No title

この動画、めっちゃいいですよね!
僕もこの動画をみて
すぐにスジボリを試しましたよ!
結構動画のようにできました!
岬さん、すごい!

Re: タイトルなし

evaboさん、「すくすくスクラッチ」知ってるんですね!?
なるほど、evaboさんも勉強してるんだねー!

新しい知識とか知ると
試してみたくなるんですよねー
失敗を気にせずにチャレンジしてますよー!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。