--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014/09/05

プラモデルの作り方 制作講座その30.ジオラマ「雪」の制作方法

ロボットバトルVの
「MK44 アンモナイツ」を制作しています

前回までで冬季迷彩の塗装が完了しました
今回はヴィネットの
「雪面」を制作したいと思います

ヴィネットってのは
ジオラマの簡易版のこと・・・だと思います
違っていたらゴメンw


で、今回の記事は初心者講座としてエントリーしてみます
意外かもしれないけど
ジオラマの雪を作るのは
けっこう簡単でスグに制作できるんですよ!
んじゃ、行ってみよー!



1409805431_IMG_1479.jpg

まず100均で「フォトフレーム」と
「コルクボード」を用意しましょう
いやー100均はプラモ制作のオアシスだねw
いろんなモノが手に入るよ!

これは台座となるものですが
他の方法でも制作できますよ
今回はてっとり早くいきたいんで
この2つを使います



1409805796_IMG_1480.jpg

まずはコルクボードを枠の大きさに切り取って
木工用ボンドで接着しますよっと



1409805960_IMG_1481.jpg

そしたら枠の部分は
マスキングテープで保護しときます
今回は少し地面に立体感をもたせたくて
コルクボードをちょっと重ねました



1409806764_IMG_1482.jpg

ではメインとなる「雪の表現」にいきましょう!
今回は「石膏」を使ってみます
これを地面にするのね
石膏はハンズとか画材屋さんに行けばありますよ

あと100均で「平串」と「紙コップ」を
買っときましょー
いやー100均はプラモ制作の(以下略)



1409807033_IMG_1483.jpg

石膏は、水と粉を混ぜ合わせると
反応が起こって数分で固まります
まぁパテのようなもんですね、って違うか?w

「水4:石膏5の割合で混ぜろ」と書いてあるんで
その通りにします
まず水を紙コップに入れます



1409807111_IMG_1484.jpg

次に石膏を紙コップに入れて混ぜていきます
水、粉の順番で混ぜるのは
天ぷら粉を作るときと同じですね(←どうでもいい)

ゆっくり撹拌していくと
どんどん粘度が高まってきます
生クリームを立てているみたいだねw



1409807411_IMG_1485.jpg

はい、すこし生クリームが立ってきましたよ
じゃなくて石膏ですね、すいません(←しつこい)

かるくかき混ぜた後のスジが
残るくらいの粘度になったら
台座に盛り付けていきましょう
ここからは2分以内に作業しませう!
どんどん固まっていきます



1409807677_IMG_1486.jpg

盛り付け完了ー
石膏を使うとこんな感じの雪の表現になります
一回で作業できそうにないときは
数回に分けておこなうと良いですな

ちなみに紙コップの中にあまった石膏は
捨てずに取っとくといいですよ
着色すれば石ころの表現とかに使えたりします



1409808393_IMG_1487.jpg

ほい、キットを配置しました
ちゃんと雪に見えますよね?ね?

キットを上に置くだけでもいいんですが
キット本体を台座に固定したい場合は
まずキットの足裏にピンバイスで穴を空けて
2ミリ真鍮線をブッ差します
そしてそのまま台座に押し込むと刺さりますよ

石膏はめちゃくちゃ固いってワケではないので
かるく削ったりピンバイスで
穴を空けたりできます

もし刺さらなければ
押し付けた真鍮線のくぼみが少しできるんで
それをガイドにして台座の方にも
穴を空ければドンピシャの狙った位置に
キットを固定できますよ!

今回は「足がホバー」という設定なので
足跡は付けずに
スノーボードで滑った跡みたいになるように
石膏をカリカリと少し削ってみました



1409812277_IMG_1488.jpg

ええと、キットの上半身が重くて
狙ったポージングに固定できなかったんで
関節を固定しちゃいます
隙間をプラ棒で埋めて「黒い瞬間接着剤」で固定します
今回は「硬化スプレー」は使いません



1409812846_IMG_1489.jpg

エポキシ系接着剤を使おうかな?とも思ったんだけど
作業時間がシビアになってしまうので
全部「黒い瞬間接着剤」で固定することにしました
これ、瞬着というワリに硬化時間が数分かかるので
逆に重宝するんですw



1409813160_IMG_1490.jpg

欲しいポーズにしたあと竹串で支えて固定中w
今回はかなり前傾姿勢にしてみたかったのだw



1409890069_IMG_1493.jpg

あと仕上げに足回りとかに
雪をふりかけてみます

木工用ボンドを水で溶きます
比率は1:1くらいです
まぁ適当で大丈夫ですw



1409890121_IMG_1494.jpg

雪をパラパラしたいところに
筆で水溶き木工用ボンドをペタペタと塗ります
続いて・・



1409890282_IMG_1495.jpg

パウダースノーの表現として
今回は「重曹」を使います!
重曹も100均で手に入りますよ
これを手や調色スティックとか使って
パラパラします



1409890542_IMG_1496.jpg

あとスポイトを使って
水溶き木工用ボンドを垂らしてもいいですね

ちなみに、ちょろっと草?みたいなのを
配置してみました
これは実は「ホウキのハケ部分」を
引っこ抜いたものですw

鉄道模型用でこういう草とか木とか
販売されていますが
身の回りにあるものでも
応用できたりするんだよねー

「まぁ、それっぽく見えればいいやー」
くらいの適当モデリングですw



1409892258_IMG_1497.jpg

ということでジオラマの雪の表現が完成しましたー

作業時間は1時間くらいかなー?
どうですか?
雪を作るの結構簡単でしょ?
本格的な専用アイテムを揃えなくても
ソコソコそれっぽくはなるモンですw



1409892411_IMG_1498.jpg

(完成写真・続きはギャラリーへどぞー!)
http://phantom12369.blog.fc2.com/blog-entry-104.html


僕の紹介したやり方意外にも
いろいろ方法はあると思うので
他にも知りたい方は
いろいろ検索とかしてみてくださいですw


以上、参考になれば幸いでござる!


次の記事→プラモデルの作り方 制作講座その31.固まった塗料を復活させる方法
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

雪っぽい!
踏みしめるとギュッギュ鳴りそうな感じしますね。

てか、ヴィネットってミニジオラマ的なもののことなんすね。
てっきり、2体のロボの相方の事だとおもっとりました。

ほうきのハケはナイスアイデアっすね~。
まさに枯れ草ですね。

途中のボンドで吹きました。

Re: No title


ありがとうございます!

ヴィネットって、
「ジオラマを一部切り取ったもの」
じゃないかと推測してますw
ジオラマほどストーリー性はないジオラマ、
みたいな感じなんかな??
あ、間違ってたらすいません・・
でも雰囲気をお手軽に再現できるよねー!


ボンドw
あそこは「ジェームス」と書くか迷ったよwww
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。