2016/01/23

プラ板のハコ組についての忘備録&モノリス制作


前回の記事ではプラモと
全然かんけーない制作記事を書きました

・透明レジンで「オルゴナイト」っていうピラミッド型のオブジェを作ってみましたー

で、今回は・・・
んー少しは関係あるかもですw



で、唐突なんですが
「モノリス」を作ってみたくなりました

モノリスっていうとアレですよ
「2001年宇宙の旅」っていう映画に出てくるアレです




Monolith.jpg

まぁ映画の話は置いておいて(てか内容わすれた)
これは各辺の比率が
1:4:9で構成されているそうで
この数字はウィキ先生によると
「1、2、3という自然数の二乗となっている」
という何やら意味深な配列なのであります



で、そんな比率の話も置いておいて
このモノリスなんですけど、
プラ板で簡単に作れそうじゃないですか?
てか、ただのハコ組ですからねー
そりゃ作れますよ、なめんなよ!! ←なぜか荒ぶる



で、モノリスを作るにあたって
「ハコ組」というものについて
もう一度向き合ってみまして
気づいたことがあったので
忘備録として記しておきたいと思います


以前もそんな感じの記事を
上げたことがあるんですけど
それの改訂版です


・「箱組み祭り」開催中だよー!(プラ版を正確に切り出す方法 その6)



あ、今回の記事、
ベテランの方には「今さらなにを?」の内容です!!
すいません!許して! ←懇願




■直方体におけるプラ版の組み方


ハコ組001

まず、はじめに、これは90度で組み合わさる
「直方体」限定での考え方です
他の角度が出る多面体では、応用できないかもです

まず、こういう立方体を想定するじゃん?


赤を「前後板」
青を「左右板」
黄を「天地板」


と名づけてみます


この3種類の板を
どのように組み合わせて
立方体を作るのか?
についてですけど
いろんな組み方があると思うんですけど
「n兄さんのかざぐるまの法則」
で組むのが一番わかりやすいのではないかと思います
もちろん、状況によっては他の組み方が
いいケースもあると思います


n兄さんのブログの「かざぐるまの法則」の記事です →「新・選手権への道!SDボトムズ」




ハコ組002

プラ板には厚みがありますよね
それを「かざぐるま法則」で組んで
図で表してみるとこうなります

ちなみに「下の板」は外してます
下の板は不要になる場合が
多いと思うから




ハコ組006

この図形を、天板を取って
真上から見るとこうなります



で、これを実際にプラ板で
作ろうとするとですね、
「90度でプラ板を貼り合わせる」
っていうことが
結構難しいんですよ


でね、こういう中が空洞の立体を作る時には
「中板」
っていう支えがあるといいんですよね
でね、今まではこの中板を
「中間(真ん中らへん)に挟む」という発想だったんですが・・・




ハコ組003

このように中板(緑)を間ではなく、
「左右板」に貼り付けてみると
やりやすいかも?
というのが発見だったのです




ハコ組004

制作の手順についてですが

1.前後板・左右板・中板、
それを組み合わせた同じものを
まず2組作ります




ハコ組005

2.これを組み合わせます
ここで緑の中板が活躍して
カッチリ90度で組み合わせることができます

3.最後に天板を貼り付けて余分な部分をカット

それで完成です




次にそれぞれのプラ板を切り出す
縦横の長さについてです


●赤「前後板」&青「左右板」
横幅 目的の数値 マイナス プラ厚み×1
縦幅 目的の数値 マイナス プラ厚み×1(下板をつけるときは×2)
枚数 各2枚


●緑「中板」
横幅 目的の数値 マイナス プラ厚み×2
縦幅 目的の数値 マイナス プラ厚み×1(下板をつけるときは×2)
枚数 2枚


●黄「天地板」
縦・横とも目的の数値 プラス 0.5mmから1mm 程度
※貼り付けた後に
はみ出た箇所をヤスリで処理




要は、切り出す幅は
周囲はマイナス1、中はマイナス2って感じです


例えば

縦90mm 横40mm 厚さ10mm

のモノリスを「1mm厚」のプラ板で作る場合、
切り出すプラ板のサイズは以下となります


赤「前後板」 89×39 2枚
青「左右板」 89×9 2枚
緑「中板」  89×38 2枚
黄「天板」  11×41 1枚




1453523642_IMG_4244_1244.jpg

ちょっとサイズは違うけれど
実物はこういう構成です

なるべく90度を出すために
写真のように角棒を使うのもアリだと思います
その場合、中板のサイズは
当然、角棒分をマイナスします




1453523670_IMG_4245_1245.jpg

これ、カチャッって組めるんですよ
これが今までと違ってなんか気持ちいいんですw
プラ板がはみ出さないので、
そのまま狙ったサイズの直方体で組めました
あとは天板を貼ったら終わりです




1453523769_IMG_4246_1246.jpg

この方法で何度かハコ組を試してみたところ
大きめにプラ板をカットして
貼り付けた後に、はみ出した部分を表面処理する、
という工程を天板のみで済ませることができるため
「前後板と左右板の接着がラク」
「90度で組みやすく強度もある」
というメリットがあると思いました


・・・って、なんか文字ばかりで意味不明だな


とにかく、中板を側面に貼るとラクだった、という
ただそれだけの話ですw

あ、天板以外のプラ板を切り出すサイズは
誤差がないように慎重に行います
それでも誤差は出ますけどw



でもいちおう精度的にも作業的にも
納得の行くハコ組が
以前よりストレスなくできるように
僕はなりましたー
直方体のみですが! ←




1453524564_IMG_4247_1247.jpg

ちなみにプラ板を切り出す際には
T字定規はぜったい必須です
waveからは2種類でているんですけど
「HG ステンレスT定規【L】」(横3cm縦15cm)の方が
幅があるので定規を指で押さえやすくて
切り出し作業がやりやすいです
もっと安く上げたければ100均でも自作できると思いますー





で、ハコ組み忘備録の内容としては
これで終わりなんですが
モノリスの方は透明エポキシレジンで
作ってみたいと思いました


よって次回は、
今回作ったモノリスを原型として
それをシリコーンで型取りしますー
スポンサーサイト
2016/01/20

透明レジンで「オルゴナイト」っていうピラミッド型のオブジェを作ってみましたー


前回の記事ではプラモと全く
関係ない記事を書きました

綿棒を使って多面体の制作に挑戦してみましたー


今回も、またもやプラモと関係ないです
すいませんw




ほいで、どういう経緯で知ったのか
よく覚えてないんですけど
「オルゴナイト」ってのを
制作してみようと思いました



DSC_0665_1243.jpg

僕はよく知らないんですけど
水晶をレジンで固めたものを
「オルゴナイト」って呼ぶみたいです

これ、なんか無電力でマイナスイオンを発生させるとか
wi-fiとかの電磁波の影響をカットするとか
そんな効果があるらしいです
それが本当かどうかは僕には分からないですけど
造形や制作過程には興味が湧きましたー




んで、僕は、まったくの門外漢で初心者なので
間違っているところとかあるかもですが
レジン(樹脂)には

・透明エポキシレジン
・ポリウレタンレジン
・UVレジン

の3種類があるみたいで、
今回使用するのは
「透明エポキシレジン」となります


商品としては
「クリスタルレジン」とか「デブコンET」とか
いろいろあって
どれがいいのかなー?とか思っていたんですが
今回は「アメージング」というところで
購入することにしました

アメージング


ここはHPでレジンの使い方を
詳しく解説してくれてて
あと購入時にも説明書が添付されていて
僕みたいな初心者には分かりやすかったです
ちなみにアメージングで
取り扱っているレジンは
「デブコンET」とのことです













■ピラミッド型の自作にチャレンジ・・そして失敗



で、今回はピラミッド型の「オルゴナイト」を
制作してみようと思うんですけど
まずは、その型が必要ですな
これ、どうしようか?と考えて
厚紙で作ることにしました


実はプラ板で自作を試みたんですけど
とてもじゃないけど四角錐を自作するのって
僕のウデでは不可能だと悟りましたw




1451369180_IMG_4173_1219.jpg

んで、まずデザインしたものを印刷したのね




1451370738_IMG_4174_1220.jpg

こいつを組み立てた
ここまではいい感じなのだが・・・




1451374490_IMG_4176_1221.jpg

このままレジンを流すと変形するかなぁ?
って思って、周囲を補強する意味で、
「石膏」を流すという暴挙に出てしまうというーw




1451374863_IMG_4177_1222.jpg

硬化を待って取り出した
・・・ダメです失敗です、ふぎゃあー

石膏の水分、または硬化時の熱によってなのか
中の紙がふにゃふにゃになりました
なんかアホですねすいません
たぶん、直接レジンを流して大丈夫な気がします
それか、周囲をプラ版で補強するか、ですね
とにかくこれは大失敗でしたw


型の自作は今回は見送って
既成品を用意しましたw

オルゴナイト型 ピラミッド型 黄金比...

オルゴナイト型 ピラミッド型 黄金比...
価格:1,700円(税込、送料別)







■「オルゴナイト」制作に必要なもの


1452024675_IMG_4188_1223.jpg

「オルゴナイト」の制作用として

・100均の金属タワシ
・5センチくらいの水晶
・アルミワイヤー1.0mm(色はシャンパンゴールド)
・ミックスグリッター(キラキラ素材)
・小さい小石タイプの水晶(写真に入れるの忘れた)

を用意しました


あとレジン関係で必要なものは

・透明エポキシレジン(主剤&硬化剤)
・ポリプロピレンのカップ
・ゴムヘラ
・キッチンスケール
・着色用塗料

です




■レジン(透明エポキシ樹脂)の使用時のポイント


まず事前に使用時のポイントを確認しました

・混合比率は「重量」で主剤:硬化剤=2:1
・誤差を少なくするため一度に合計15g以上が好ましい
・暖めると混ぜやすい
・3センチ以上の厚みになる形状の場合、注入は数回に分ける
・棒状で撹拌すると気泡ができやすいので「必ずゴムヘラ」で混ぜる
・硬化時間は気温25度で100gで12時間(量が少ないと時間が増える)
・硬化剤は劣化しやすい(使用期間は一ヶ月が目安)
・使い終わったら道具は「必ず拭き取る」(洗剤や水では流れない)
・硬化時にガスが出るので換気が必要


以上は抜粋です
実際には説明書に詳しく書いてあります





■「オルゴナイト」制作、まずは下準備


1452026484_IMG_4195_1227.jpg

透明エポキシレジンを使うのは初めてなんで、
説明書やhow to記事を見つつ
手探りで進めていきます

まず型にシリコ-ンバリアーを塗ります
最初にこれを塗るのを忘れてて
一回中身を取り出したのはナイショだ ←




1452025598_IMG_4190_1224.jpg

で、中に入れる水晶を
ワイヤーでグルグルします
どうもこれがオルゴナイトのキモであるらしい




1452026067_IMG_4194_1226.jpg

ほいで金属タワシをハサミで
チョキチョキして詰めていきます

バラのクォーツも入れてみます
たぶん、これはレジンを入れたら
見えなくなると思うw

あと、ラメみたいな素材をふりかけて・・・




1452027106_IMG_4196_1228.jpg

最後にアルミワイヤーを入れたりして
こんな中身になりました
初めてなんで、どんな感じになるのか想像がつかんw





■透明エポキシレジンを注入


1452027999_IMG_4198_1230.jpg

次にいよいよレジンを使ってみます!
キッチンスケールでちゃんと量って
ゴムヘラでしっかり撹拌します




1452028435_IMG_4199_1231.jpg

ここで色をつけてみたい
クレオスの「色の源」を使ってみます
ラッカー塗料を混ぜてちゃんと硬化するのかな?
ちょっと心配w




1452028588_IMG_4200_1232.jpg

ドライヤーでレジンを温めて
サラサラにして・・・


(追記)
しんごaikoさんより
レジンを温める方法として
電子レンジを使うとよいという情報を頂きました
2、3秒ごとに取り出して粘度を確認するといい感じです
素晴らしい情報をどうもありがとうございます!




1452029380_IMG_4203_1234.jpg

カップにストッキングをかぶせます
これは気泡対策ですな
で、レジンをゆっくり流し込んで・・・




1452030097_IMG_4204_1235.jpg

ちょっと色の変化をつけてみよう
さらに色を濃くしていきます
グラデーションを目指して
合計、4段階くらい色を変えて
流してみました





1452031671_IMG_4205_1236.jpg

注入かんりょーです
このまま2日くらい放置します


ちなみに今回のレジンの使用量は
型の大きさは86×86×55くらいで

主剤90g+硬化剤45g=135g

で、少し余りました




1452219529_IMG_4210_1237.jpg

で、硬化を待って型から外しますた
うすいプラ版を差し込んで慎重に取り出しましたー

この型を使うと表面がマットになりますな
あと、気泡ができてます
これをどうするか・・・




1452220153_IMG_4212_1238.jpg

一回、ナイフで穴を広げてみる
これはプラモの合わせ目消しのテクニックっすな




1452220340_IMG_4213_1239.jpg

ここで、実験を兼ねて
UVレジンを穴埋めに使ってみようと思ったのです
同じレジンだから行ける・・・か!?




1452300431_IMG_4216_1240.jpg

硬化させて表面処理してみた
いや、やっぱこれダメだわw

パッと見は誤魔化せるんだけど
気泡の対策=穴埋めは、
やはり同じ素材を使うべきですね
それがよーく分かりましたw




1453010655_IMG_4224_1241.jpg

で、鏡面仕上げを行って
とりま完成となりますた

ちなみに、この鏡面仕上げについては
ものすごーーーーく苦労したんですよ!!!
なので、ちょっと別記事にしたいと思ってます
まぁ大した内容じゃないんですがw



DSC_0661_1242.jpg

ということで
初めての透明エポキシレジンを使っての
オルゴナイト制作の巻でしたー



で、「オルゴナイト」のマイナスイオン云々の
効果についてなんですけど
まぁ僕は鈍いんで、
よくわかりませんw

ただ、最近、寝起きがやたらよくなったので
オルゴナイトのお蔭・・・なのかなぁ?



プラモとかんけーない制作、
次回も続きますw
2016/01/18

綿棒を使って多面体の制作に挑戦してみましたー


今回はプラモデルとは
ぜんっぜん関係ない話をします
すいませんーw

DSC_0639_1201.jpg




僕自身、どういう経緯で
たどり着いたか忘れたんですけど
「綿棒で多面体を作る」方法が
あることを知りました

いろんなサイトやブログで紹介されているんですけど
その中でも群を抜いていると思ったのが


真理探究と歴史探訪

というブログでした
あとHPもありました

山本裕一 立体造形

(ご本人のご許可を得ずに勝手に貼ってしまいました)


この山本裕一さんが作られている立体造形は
ただただ美しいです
いや、ほんと魅了されちゃいました




僕自身、最近感じていたんですけど
なんか美しいモノって
「数」が深く関係してるみたいなんですよねー
有名なものに黄金比ってのがありますけど
まぁ僕はアホなんで詳しいことは
全然わからないんですけど
とにかく美しいんですハイw





で、この綿棒を使った多面体の制作に
挑戦してみることにしましたー



■必要な道具類と作り方


1453111483_IMG_4238_1217.jpg

用意する道具類は

・ベビー綿棒
・ミツワ ペーパーセメント Sコート
・綿棒を乾かすための台(割りばしでもOK)
・木工ボンド

それぐらいです
これはプラモデルより全然安いぞ!!www



作り方については

1.綿棒の両端にペーパーセメントをつけて
2.台の上で5分くらい乾かして
3.あとは自由に連結するだけ

という、これまたお手軽なものです

ポイントとしては、
ベビー綿棒は普通の綿棒より軸が細いので
美しく造形できるから
これを使った方がいいってことと、
あと「ミツワのペーパーセメント」はものすごく偉い!
この子、すごくエラいよ!!
一回くっつけても剥がして位置を修正できるので
マジでこれがないと作れません!





1452002856_IMG_4187_1215.jpg

造形が終わったら水で溶いた木工ボンドを
連結部にヌリヌリすれば固定完了です



1451398598_IMG_4181_1212.jpg

そうそう、造形する時に治具が必要かなー?って
プラ板で作ってみたんですけど
実際にやってみてわかりました
これ全然必要ないですw
角度は必要な本数が組み合わされば
勝手に確定しますね



1451518301_IMG_4185_1213.jpg 1451518355_IMG_4186_1214.jpg

連結する部分については
左の画像のようにするよりも
右の画像のようにしたほうが
キレイに造形できるみたいです
まぁ造形する形にもよるかもしれませんけどー




1453111361_IMG_4237_1216.jpg

そんな感じで何個か作ったんですよ
つーか、でかいよ!
これ、置き場所が・・・

とりま写真を撮ってみましたー




DSC_0640_1202.jpg

これは記事の冒頭に載せた写真を
別の角度から写したものです
全体の形としては六角形がベースに拡がってますが
構成単位としては正三角錐のみで造形されているんですよー
使用した綿棒の数は639本です
僕が数え間違えてなければ!←



DSC_0641_1203.jpg

別角度にて
なんか宇宙船みたい
きれいー



DSC_0643_1204.jpg

今度はアップで撮った写真
なんか不思議な世界ですー



DSC_0637_1195.jpg

横から見るとこんな感じ
ちなみにこの写真は無塗装の綿棒を
UVライトで撮影しました




DSC_0657_1211.jpg

これは正20面体です
内部構造は作ってないので
まぁシンプルですねw
なんとなく金で塗装してみました




DSC_0654_1209.jpg

これはなんていうんだろう?
正三角錐が2つ合体した形です
なんか星座っぽいw




DSC_0626_1198.jpg

これは正12面体なんですけど
各面に5本の稜線が飛び出てる形です
さらに内部構造に
大星型12面体と小星型12面体という
2つの形が内包されているそうです
写真では小星型12面体のみ色を変えました




DSC_0627_1199.jpg

角度を変えました
さっきの写真では小星型12面体は
五芒星に見えましたけど
今度は六芒星に見えます
不思議やねー




DSC_0630_1200.jpg

これまた別の角度にて
「どういう形の立体なの?」ってのは
これくらいの角度の方が認識しやすいねw
ちなみに、この形には冒頭で述べた
「黄金比」が含まれているそうです




DSC_0651_1207.jpg

今度のこれは正三角錐が
6段に積まれた形です
最近、僕の中で「三角っていいなー」って感じになってます
たぶんPerfumeの影響です ←




DSC_0648_1197.jpg

横からみるとこんな感じ



DSC_0645_1206.jpg

さらに別の角度にて




DSC_0644_1205.jpg

アップにするとこんな感じ
この三角錐の6段は使った綿棒がたぶん336本です

あと112本足して7段の形が
僕の中での完成形なんですけど
これ以上大きくなると
もう置き場所がないので困ってるんですよーw



「そうだ壁や!壁に貼りつければええんや!」
ってベッドの頭の上に貼って、
それ眺めながら寝たら
落下してきて文字通り叩き起こされたよww





で、ここらへんで一回まとめの感想を
書いてみようと思っていたんですけど・・・
んー、なんかまとまりませんー


とりま、こういう制作をしてて
感じたことなんですけど
僕はほんとにアホなんで
難しい話はホントにわかりませんけど

ただ、なんかこういう形を観察すると
宇宙を覗いているような気持ちにはなります

でも、それ以上の深い話はわかりませんーw


まぁ、この綿棒の多面体、
今後もチョイチョイ制作していこうと思いますー
2016/01/01

2016年あけましておめでとうございます!


なんの画像もありません
ごめんさないw


僕、こういうことは
あまりブログに書く気はしなかったんですけど
でもやっぱり書いておいたほうが
気分がいい気がしたので書きますー



2015年はいろいろありました
フルスクラッチの「ダンボーチャレンジ」からはじまって
ブログを通じて知り合った
いろんなモデラーさんと楽しく交流して
「5時間チャレンジ」やら「ガンプラ王」やら
「大河原コンテスト」やら経験して
「千葉しぼり展示会」という初の展示会にも参加して
充実した一年だったと思いますです



ほいで、僕は昨年の暮れに
「迷走します」宣言をして
のんびり迷走をしておりました



それまで時間を当ててきた
ネット関係の活動を控えめにして
自分と向き合う時間に当てていました
まぁ年末年始は忙しいということと
寒い!ということも僕の半ば冬眠状態の
大きな理由ではあるんですけどーw



この期間でチョロチョロやっていたことで
ブログ記事に書きたいことは
けっこうあります


・ハコ組についての忘備録
・鏡面仕上げ改訂版
・レジンを使った制作
・綿棒多面体の制作
・コンテストについて


ってあるんですけど
もう少し落ち着いたら記事にしていきますー



ちょっと「プラモのキット」から離れているんですけど
そういう時期もあるってことで許してくださいw


では、次の記事からしれっと
変な記事を書いていきますー

今年もよろしくお願いします!!