--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015/11/23

ステンシル塗装に挑戦してみる!&「夫婦(めおと)ダンボー」制作しましたー

突然ですが
こんど友人が結婚されるそうなんです


ほいでまぁ、しょーがないから
プレゼントでも用意してやるかー
ったくしょうがねーなー ←やたら上から

てことでプレゼントを
制作しちゃうことにしました
こういうの、モデラーならではの特権ですよねー
一般人には、こんなことできまいて
ニュルフフフ ←殺せんせー




1446617461_IMG_4077_1155.jpg

てゆーことで何かというとお世話になってるキット
コトブキヤのミニダンボーくんにしてみます
ガンプラならドン引きされるだろうけど
これならプレゼントしても大丈夫だよね? ←本当か?

ということで今回は
「夫婦(めおと)ダンボー」ということで
制作してみますー!




1446610431_IMG_4072_1150.jpg

まず木のグラタン皿がカワイかったんで
これを台座にしてみます
裏にはパッキンを貼っておきませう




■ステンシル塗装に挑戦してみる


1446610812_IMG_4073_1151.jpg

で、今回は初めての試みで
「ステンシル塗装」を試してみようと思うのです
やり方がわからんのでグーグル先生に聞いたら
スグ教えてくれました

まずプリントアウトした用紙に
マスキングテープを貼るそうな




1446611308_IMG_4074_1152.jpg

んで、そのまま再度プリントして
マスキングテープの上に
透明テープを貼るそうな




1446614603_IMG_4075_1153.jpg

それをカットすると、台紙ができるそうな
なるほどーありがとうございます

てか、これカットがムズいんですけどぉぉー




1446621813_IMG_4078_1156.jpg

で、エアブラシで吹いたら、こうなったです
英語はまだいいとして
数字がかなり歪んどるがなw
こんなハリポタに出てくるような
フォントは選択してないぞ?w

でもまぁ、やり直したところで
飛躍的に出来がよくなる気もしないので
味があるってことで、このままいっちゃおうー
この程度なら、一般人にはバレるまいて ←大暴言

あ、ちなみに「ハウス」は元から刻印されてました




1446623370_IMG_4080_1157.jpg

ここで、僕がアホだから
調子に乗って、いらんコトを
しでかしたのを晒します

ウラにね、密かにサインを書いてみたのw
しかーし!!!!
英語を「for」としまったぁぁl!!!
ほんとバカ!これはマジでバカ!
ここは「to」だろーがぁぁぁぁぁ!!!
でも、やり直すのはアレなんで、
こ、このままで・・・ ←




1446700847_IMG_4082_1166.jpg

はい、次は気を取り直してダンボーです
ダンボー本体は、夫さんと奥さんで
処理を変えてみました


旦那ダンボー(左)は
・表面処理を固め
・手足を太くして延長


奥さんダンボー(右)は
・表面処理を丸め
・手を外側に曲げ加工
・スカートを延長


てなことをやりました




1447573889_IMG_4097_1158.jpg

ほいで、こうなりました
このあたりの処理って、モデラーさんなら
見たらわかって頂けると思うんですけど
残念ながら、差し上げる方は素人さんなんで
僕のこのキメ細やかな配慮に気づくことなく
どちらも「キット素組み」に見えるんじゃろうて(泣)

ただ、ついでにいうと、
細かい部分とか処理がチョー甘いんですけど
まぁ相手はド素人なんでバレるまいて
うひゃひゃひゃ ←またもや大暴言



1447994331_IMG_4107_1162.jpg

あ、本体の塗装については
今回は全体的に優しくて柔らかい
雰囲気を出したくて、
オールドビレッジ「バターミルクペイント」
という塗料を主に使ってみます

これは水性アクリルみたいな塗料で
プラに塗ると簡単に剥がれるんですけど
クリアーを吹くと剥がれないので夜も安心です




1447826041_IMG_4103_1159.jpg

続きまして、三角形のオブジェ?を作ってみます
こういう制作には慣れてなくて
手順は探りながらなんですけど
まず下書きして・・・




1447827271_IMG_4104_1160.jpg

ナンバリングしてみて・・・




1447827527_IMG_4105_1161.jpg

この状態まで一気にカットして、
次は一枚づつ三角形になるようにカットして・・・




1447994140_IMG_4106_1167.jpg

で、台座とチップをそれぞれ塗装して・・・




1448000026_IMG_4109_1164.jpg

このように貼り付けました

製作の手順については
結構いろいろ考えて
こんな感じでやってみたんですけど
結果的に精度が甘いんですー
なので今後、新兵器を導入しよーかなー?
とか検討してます



DSC_0597_1168.jpg

てことで、完成しますた
これ全体としては「家」のイメージです

虹色はラッカーのソリッドカラーで塗装したあとに
ムーンストーンパールからのクリアー厚吹きで
コンパウンドで磨いたんですけど
テカテカがぜんっぜんわかんねー!

植木鉢はバーニアのパーツで
葉っぱは厚紙で制作です



では「夫婦(めおと)ダンボー」
のギャラリーですー!




DSC_0605_1169.jpg

二人で植木を育むイメージで
いちおうこれが基本形なんですけど・・・




DSC_0607_1170.jpg

奥さま、喜びモードに変身!
旦那さん「ま、まぁもちつけ」




DSC_0612_1171.jpg

奥さま、怒りモード発動!
旦那さん「ま、まぁもちつけ」




DSC_0613_1172.jpg

奥さま、怒髪!
旦那さん「ま・・・まぁもちつ・・・」

はい、そんな感じです
てか、おもしろくなくてスマン



今回の演出としては
夫さんは何があっても動じずに
奥さんを支えて頂く、ってことで
「眼の色の交換はなし」で、

奥さんの方は感情が豊かな方で
笑ったり、泣いたり、
時に怒髪したりする人なんで(うそです)
「喜びモード」と
「怒りモード」を
自分で変えられる仕様にしてあげましたww


旦那さんが仕事を終えて帰宅した時には
まずこの夫婦ダンボーを確認して頂き
「怒りモード」になってるか?
「喜びモード」になってるか?
って奥様の顔色を毎日ドキドキ伺っていただこう、
という素敵な演出プランです ←




DSC_0619_1173.jpg

ちなみになんですけど
オブジェとして用いた三角形、虹色、植木鉢には
それぞれ僕なりにメッセージというか
意味を込めてみました



・「三角形」はトラスとかに使われているように
構造として四角形よりも強いのです
なので揺らがない、頑丈という意味あいです


・「虹色」は幸運という意味あいです
いつも幸運を背負ってる、みたいな


・「植木鉢」は希望ですね
二人でこれから大きく育てていってね、ってことで


全体としてまとめると
「幸せな家庭」
というテーマで制作しました


・・・まぁ、いま言ったのは全部、
後付けなんですけどねー ←大暴露




1448194761_IMG_4118_1165.jpg

で、なんとか無事にお渡しできました
お二人は接待でお忙しい中、
受け取って頂けて感謝です

「(説明が長いので)巻いて巻いて!」
って周りからダメ出しされましたw
ごめんねw


おめでとう


個人的には
「説明は端的に」
ということを今回、学びましたーw
スポンサーサイト
2015/11/06

「第二回千葉しぼり展示会」で一番お気に入りの作品!!!


前々回の記事で「展示会に行ってきた!」
という記事を書いたんですけど
その中で、僕が「一番何度も拝見した作品」として
GEKIさんのボトムズの写真を挙げておりますた



展示会には、そりゃもう魅力的な作品が
いっぱい、いっぱいあって
とても紹介できないって感じだったんですけど
この作品だけは紹介しておきたいと思ったのです



もう、この作品は賛辞の言葉が見つからないくらい
素晴らしい「作品」で
ずっと僕の頭の中から離れないのです


で、僕の撮った写真なんかでは
とてもその魅力は伝わらない、
と思っていたんですけど
なんと今回、ご本人様の撮影写真が
ブログで紹介されたので
ぜひともそちらをご覧頂きたいと思うのです!




この作品はですね、もう「芸術」だと思うのです
少なくとも「模型における塗装表現」という意味において
至高なのではないか、と思うのであります
模型史に残る作品だと思うのです

うわ、僕、ボキャブラリーがなさすぎ!!!www



ええと、ええと、展示会の主催者であり、
超絶モデラーの兄さんをして

「この日のMVP」

「最強の1品」

「光(スポットライト)」を筆1本で演出したその異才な発想と具現化」

「穴が開くほど見て下さい!!」



と絶賛されるほどの
「作品」なのでございますよ!!



僕は展示会を「ラビリンスの入口」であると
捉えたんですけど
このラビリンスの入口まで
僕の手を引いてくださったのが兄さんであり
この入口の扉の鍵を僕に渡してくださったのが
GEKIさんだったのでございます


僕はこの作品を直に拝見するために
展示会に行ったのかもしれない、と思うほど
大変な影響を受けているのでございます
ということで、ぜひご覧くださいなのです



あ、大変に恐縮なのですが
こんな僕のヘタレ記事に
コメントは不要なのでございます
かわりに超スゲー!と思われたら
GEKIさんのブログにコメされるのが
大変に喜ばしいと思っている次第なのでございますw



まぁ、とにかく紹介したかったのです
なんかワケワカメですいません・・・
大勢の方に見て頂きたいっす!!!




■GEKI プラモ ブログ

虚焦点のボトムズ by #ディフォルメ選手権


DSC_0004_20151104173000492.jpg

(すいません無断で写真掲載しました、問題があれば削除します)


2015/11/01

「第二回千葉しぼり展示会」を終えて


珍しく真面目に書きます
自分の今の思いを確認するために
忘れないために



「第二回千葉しぼり展示会」が終わって一週間、
その間、ずっとあの日のことが頭を離れません


あの日、体感したのは
「存在のエネルギー」
だったのかもしれないです



今までの僕は
プラモデルのキットを作るのが
楽しくて作ってきました


足の延長とかできるんだ?
それ面白そう、やってみよう


キャンディ塗装なんて塗装表現があるんだ?
それ面白そう、やってみよう


汚し塗装、いろんなやり方があるね
面白そう、それやってみよう


ジオラマって、こうやって作るんだ?
それ面白そう、やってみよう




知らなかった工作や塗装の技法を知って、
それを実際に試してみるのは面白かったです
初めての作業を体験することは楽しかったです
そうやって楽しんできました



そんな僕が展示会で拝見したのは
塗装技術、工作技術、
それらの習熟されたスキルを用いて
様々に表現された作家性であり、
それは本当の意味での「作品」でした


作家、芸術家、アーティスト、
いろんな呼び方があると思いますが
「作品」を作られている方は
もはや「モデラー」という枠組みを超越したような
領域におられるのだと思いました



素敵ですね
憧れます




「じゃあ今後、あなたはどうするの?」



そう言われたように感じました



自分は何を表現したいのか?
自分だけに表現できることは何なのか?


そんなの、いままで
考えたことはなかったです



僕は美術の経験も皆無だし、
芸術なんてものに興味はなく
まったく無縁で生きてきました
筆なんて持ったこともなかったんです



そんな人間でも
憧れる気持ちを持ち続けていれば
いつかは何かしらの形に
なっていくのではないか?



それを信じて、
いまから迷走していこうと思います
ラビリンスに突入です



どれだけ時間がかかるのかわかりません
これから何ができるのかわかりません
僕には才能などありません



ただ憧れる気持ちだけあるのです



その真実を信じて
ゆるーくやっていこう
って思います


ゆるーく、いくんかいーっ!w




以上、駄文でした
コメントは不要でございますよw



(加筆)

ラビリンスの入口の言葉



「あら、見つけちゃったのね

この門を入るのも自由、
入らないのも自由なのよ



で、どうするの?」



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。