--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015/06/29

相変わらず小物をいろいろ作ってまーす!(タミヤ フォルクスワーゲン1300ビートル1966年型 制作その12)


ランドスケープ・クリエイション」「ランドスケープ・クリエイション2」を参考に
人生初のジオラマを制作してますー!


1435556277_IMG_3483_650.jpg


それで、前回の記事でですね、
このジオラマにおける僕の妄想の設定を
恥ずかしがながら少し書いたところ
オサレモデラー「しんごaiko」さんから
素晴らしいコメをいただきました!



「妄想が模型を生み、、模型がさらに妄想を生む・・・・
奇跡の好循環ですよーー
ぼくらは妄想を具現化しているといっても過言ではないでしょう!
ある人は絵を描き、ある人は小説を書き、ある人は漫画を描き
妄想の実現へとむかっているんではないですか! 」




!!
僕はこういう創作設定とか慣れてないんで、
ちょい恥ずかしかったんですけど、
この言葉には、ちょっと感動したかも!
僕は勇気を頂けましたよ!
ありがとー!
ではでは、こんな妄想を考えてみますた!



■登場人物がドラえもんのひみつ道具「うそつきかがみ」を使ったら、こんな結果になった(という妄想)




40ff82ef.jpg

「うそつきかがみ」というのはこんな道具です↑




●魔女っ娘 「グメ・シャランラー(仮名)」
その1

・ジオラマではシルエットのみ登場

・得意な呪文は「マハリクマハリタ(それ作品ちがう)」と「レミーラ(洞窟を照らす・ドラクエ2以降は消えたしょぼい魔法)」

・実年齢300歳くらいだが見かけは10代

・東方とは完全に無関係(マジで東方は全然しりません)





●クロネコ 「シャモン」
_その2jpg

・興奮すると、しっぽが2つになる(平常時は1つ)

・「厨二病」という病を患っている(治る気配なし)

・夢枕獏の小説「闇狩り師」のシャモンとは、たぶん無関係





●人間 「ああああ(仮名)」
_その3jpg

・愛車は「ビートル」

・ものすごいビビり(シャモンを見て動転して逃走)

・なのでジオラマでは出番なし

・趣味はプラモデル

・某政治家とは完全に無関係


(おわり)



てか、すいません、ただのネタでしたw
しかも、このネタ、まとめサイトのパクリっていうw




では気を取り直して制作記事、いきますー!!
と思ったら、うわ!
今回、制作中の写真を
ほとんど撮ってなかった!w
もう、ぼろぼろですわ ←




■小物その16 柵


1435065306_IMG_3463_637.jpg

ええと、これはバニラビーンズです
これ、何かに使えそうだなーと思って
竹串に巻いてオーブンで焼いたら
木の幹みたいになったんで
これで柵を作ることにしました


なんかジオラマの小物を作ってると
身の回りにあるモノを
「そういう目」で見るようになってですね、
すると素材からアイデアをもらったり、
前に作った小物から次の小物のアイデアが出たり、
といった感じのことが起こるんですよ
これは、なかなか面白い体験ですー



1435069653_IMG_3465_638.jpg

こんな感じになったー
設置面は後で処理しときますー





■小物その17 ポスト


1435127415_IMG_3468_640.jpg

制作中の写真がないー!w
どうせ上手く作れないから
寝ながら作ってたんだよなーw

これ見よがしに手紙とか見せてるところが
素人って感じ?w
そうしないとポストって
わかってもらえないと思ったんですw





■小物その18 煙突


1435298968_IMG_3471_642.jpg

これはプラパイプとジャンクパーツで、
てきとーに作りました
上の部分が超ムズくて、歪んでもうたー





■小物その19 カラス


1435129176_IMG_3469_641.jpg

カラスはフィギュアが見つからなくて
最初は諦めてたんですが
その後もアンテナを貼ってたら
洋裁系のアイテムで、らしきものを発見!

これに望みをかけて、
すげーてきとーに作った!
足が1本なんですけど
「異世界のカラスは足が1本」
ということにしてしまおうw ←2本足を作るスキルが無い
そいや八咫烏って足が3本だった気がするけどw




1435515442_IMG_3481_649.jpg

ということで煙突とカラス
歪んでてスマン・・・





■小物その20 じょうろ


1435464348_IMG_3475_644.jpg

ブロ友のぷらっちっくさんから
ご提案いただいたアイテム、
けっこう出てきますーw

ジャンクパーツでじょうろを作ったー



1435515158_IMG_3478_647.jpg

あ、持ち手が歪んでるw
鉛板を使ったんですよ
あとで直しておきますw





■小物その21-25 いろいろ


1435515205_IMG_3479_648.jpg

うおー塗装前の写真、撮ってねー!w

・水道&ホース
・ネコのごはん皿
・ホウキ
・チリトリ
・バケツ&ぞうきん

水道とか、取っ手の部分でスゲー苦労したのに
塗装前の写真を撮ってないとは・・・

基本的にジャンクパーツと
洋裁系のアイテムで構築されとります





■小物その26 風速計


1435476305_IMG_3476_645.jpg

今回のジオラマ小物制作では
洋裁系アイテムにかなりお世話になってます
これも素材からもらったアイデアですー



1435515070_IMG_3477_646.jpg

魔女っ娘がホウキで空を飛ぶときに
風を見るのに使うのかなー?
自分でもよくわからんww






うーん、小物って作るの面白いんですけど、
いろいろ考えることが多くて大変ですわーw
なんか今回、gdgdの記事でしたけど
懲りずに次回も小物の制作をしますっ!






[関連記事]
・「ランドスケープ・クリエイション」を読んだらジオラマを作りたくなったー!(作るとは言ってない)
スポンサーサイト
2015/06/22

ジオラマの小物とか作ってたら後付け設定ができてきましたw(タミヤ フォルクスワーゲン1300ビートル1966年型 制作その11)


ランドスケープ・クリエイション」「ランドスケープ・クリエイション2」を参考に
人生初のジオラマを制作してますー!


1434877339_IMG_3453_630.jpg

前回はネコやら六芒星など小物の制作を行いました

・いろんな小物を作りはじめました!(タミヤ フォルクスワーゲン1300ビートル1966年型 制作その10)


今回も小物の制作を行います!




んで、ジオラマ制作ってなると、
再現したい舞台とか、世界観とか、
当然あるわけですよね?
これ普通は絶対、多少なりとも決めてから
制作に入ると思うんですけど
僕、アホなんで設定とか全然考えずに
自分でもワケわからんまま
制作を続けていたんですよw



しかし、前回から入った
「第三部 小物の制作」をしていく中で、
やっと自分の中で妄想ワールドが
拡がってきますたー
まさに第三部だけに「ザ・ワールド」ですキリッ ←は?



で、僕の妄想の後付け設定とか
書いてはみますけど、
正直、声を大にして主張するのは恥ずいので
そこは飛ばしてお読みくだされば幸いです
てか、もう、読むな! ←じゃ、書くな




■考えたジオラマの設定(後付け)



●設定
車でブーブードライブしてたら
なぜか異世界に迷い込んでしまって
ビビってドライバーは逃亡



●登場人物
・魔女っ娘「グメ・シャランラー(仮名)」 ←シルエットのみ登場

・ネコ「シャモン(中二病)」 ←興奮するとしっぽが2つになる

・人間「ああああ(仮名)」 ←趣味はプラモデル・逃走により出番なし




という設定になりますたwww
これは恥ずい///


まぁとにかく、そんな設定で
小物の制作を続けていきますー///




■小物その7 イーゼル



1434460108_IMG_3427_616.jpg

これはキットに付属してた
イーゼルなんですが
画像をプリントして貼りつけました

ここで使用した画像は
たぶん、誰もご存じないと思いますけど
「ヴォイニッチ手稿」というものです


・誰が書いたか分からない
・書いてある文字が解読できない
・奇妙なイラストがたくさん描かれている


という謎の文書なんですけど
ネット上で「読めるかも」とか、
「この世界に行ったことがある」とかの話があって
ホントかどうか知らんけど面白いなー
って思ってたんで、
今回、使ってみることにしましたー


なんかオカルトチックな釣り的内容なんですけど
偶然、この記事で知りました
いちおーリンクを貼っておくけど
まぁ読まなくていいと思いますw

「記憶が2つあるんだが」 謎に包まれたヴォイニッチ手稿が読める男の話





■小物その8 看板


1434460799_IMG_3429_618.jpg

これは今回使用しているジオラマキットと同じ
「sweet style」ブランドの
「1/24 アイアン看板セット」を使いました

やはり「ヴォイニッチ手稿」の画像を貼って、
何が書いてあるのか「こっちの世界の人」には
解読不能にしてみたw


てか、これ「看板」なんだから
もっと分かりやすいマークとかにするべきなんだけど
なんか文字を入れてみたかったんですw
たぶん、表現として間違ってますねwww


ジオラマ、ミニチュア、情景模型に最適!鉄道模型のレイアウトにも。...

アイアン看板セット
価格:648円(税込、送料別)






■小物その9 街頭?


1434460224_IMG_3428_617.jpg

これなんていうんだろ?
街頭でいいんかな?
キット付属のものを木に吊るしてみました




1434455708_IMG_3426_615.jpg

ちなみにヒモの部分は
マスキングテープを2ミリ幅くらいに切って
「コヨリ」にして着色したものです
テープをねじったり、着色する時は
マットに末端を貼りつけたままやると
作業しやすいですー




■小物その10 イス&テーブル


1434876176_IMG_3449_628.jpg

これはキットに付属していたものです
材質が本物の木なので質感がいいですー
この造形は、自作では絶対に無理ぽよですw





■小物その11 プラモの箱


1434605061_IMG_3431_620.jpg

ちょっとクルマの方の小物にも手を出してみます
クルマの方は「こっちの世界」の物体なんで
現実世界にあるものを搭載したいー
てゆーことでキットの箱を展開して
写真で撮りまして・・・



1434613480_IMG_3432_621.jpg

1/24スケールで縮小印刷して
プラモの箱を作ってみたー!
これ一回、作ってみたかったのよねーw



1434613587_IMG_3433_622.jpg

たぶん、この車の持ち主はですね、
「やたー、おれの愛車と同じキットを見つけたぜー!」
とか喜んで買ってですね、
家に帰って組もうとウキウキしながら
クルマを走らせてたんですよ
そしたら途中で一瞬めがまいがして
気づいたら異世界に迷い込んでもうたーガクブル・・・

みたいな後付け設定ですw



1434869864_IMG_3448_627.jpg

キット一個ではかわいそうだ、
このクルマの主には、ゼヒとも
マシーネンのキットを持っていただきたいッ!! ←なぜか力が入る
てことで「ファルケ」の箱を作ったんですが
ううむ・・中箱が収まらんなー

試した結果、中箱は表箱の97%くらいの縮小が
具合がいいみたいでした

ちなみに「ファルケ」の中箱って凝っていて、
側面にも印刷されてるんだよー
えへへ、いいでしょー ←



1434825986_IMG_3445_625.jpg

やり直したついでに
「スネークアイ」も追加したったww
うむ、余は大変に満足じゃ ←
これはマジで、お手軽な割に
満足度が高い作業ですー!ww


ちなみに、なんかこの箱の制作してて思ったけど、
n兄さんあたりとか、ランナーまで再現したあげく、
それを箱に入れてフタを閉め兼ねないんですよねーwww
想像するだに恐ろしいですwww



1434782655_IMG_3444_624.jpg

ちなみに箱を作るときに
使った道具たちです
左から
「タミヤ ヘッドルーペ」
「定規」
「100均で売ってたヘラ(折り曲げるときのガイドで使用)」
「ピンセット」
「NT カッタープロシリーズ AD-2P」
ですー


ちょっと特筆しておきたいのが
「NT カッタープロシリーズ AD-2P」で、
最近、「紙をきれいにカットするには
どうすればいいんだろう?」
って思ってたんですけどね、
ちょいと次の写真を見て欲しいッ!



1434826267_IMG_3446_626.jpg

これ!!!
なんか衝撃の事実なんですよ!
僕はプラモはじめてから
3年くらいになるんですけど
カッターとデザインナイフでは、
「刃の向き?が違う」ということに
今頃になって気づいた!!!


こういう精密なカット作業をするなら
カッターの方がやりやすいんですね!?
ほんまに今まで知らんかった!!!
もっと早く気づけば、
あんな失敗やこんな失敗を
未然に防げたような気が・・・


「NT カッタープロシリーズ AD-2P」、
これはいい道具ですよー
先端が見やすくて切れ味バツグンでした
今回、初めて使ってみて、その性能に惚れました
この手の作業に超オススメで、
もし、これが無かったら箱は制作していなかった、って
言い切れますよマジで






■小物その12 紙袋


1434895216_IMG_3454_631.jpg

キットの箱が、むき出しじゃアレなんで
紙袋を作ってみます
どこの紙袋にしようか迷ったんですけど
タミヤにしてみました
なんでも良かったんだけど、まぁ単に思い付きですw
これ底面を折るのが、すげームズかった!



1434895605_IMG_3455_632.jpg

大量にキットを購入したご様子ですww
助手席がパンパンだw
あとで後ろの座席に移動させようかなー
ヒモがちょっと太かったww




■小物その13 本


1434602910_IMG_3430_619.jpg

厚紙に本の表紙をプリントして
コピー用紙を木工ボンドで貼りつけて
本を作ってみたー



1434877056_IMG_3452_629.jpg

一冊は魔女っ娘のテーブルに置いて、
もう一冊は、あとで車の中に
置くことにしてみますかねー

この本は、たぶん設定的に重要アイテムで
「魔女っ娘と人間は同じ本を読んでいた」
だからこそ・・・
ってか、まぁどーでもいいですねすいません




■小物その14 魔法的な調度品的なナニカ


1434899229_IMG_3459_636.jpg

なんなんざんしょ、これ?
玄関入口に置物を置いてみたんですが
これ何なのか、全然わかんないw

あー、魔女っ娘が、誰が来たのか
これで監視できる「目」なのかもしれないですw
書きながら、いま思い付いたw

洋裁系のアイテムを
ペタペタ貼りつけました
青いのは半円上のレンズを二つ合わせて球にして
上からラッカー塗料を垂らしました
てきとーでスマン・・・




■小物その15 機械的なナニカの増設


1434687888_IMG_3435_623.jpg

前回つくった「機械的なナニカ」を
もう少しボリューミーにしてみたい
ジャンクパーツをペタペタして・・・



1434896321_IMG_3456_633.jpg

こんな感じに塗装して・・・



1434896491_IMG_3457_634.jpg

増設してみた
って見えねー!www



1434896685_IMG_3458_635.jpg

くやしいので逆から撮影w ←しつこい

こういう無責任なミキシング作業するのが
ほんと好きですw






てゆーことで小物の制作を次回も続けますー
でも、そろそろネタがないでーっすw


[関連記事]
・「ランドスケープ・クリエイション」を読んだらジオラマを作りたくなったー!(作るとは言ってない)

2015/06/16

いろんな小物を作りはじめました!(タミヤ フォルクスワーゲン1300ビートル1966年型 制作その10)



ランドスケープ・クリエイション」「ランドスケープ・クリエイション2」を参考に
人生初のジオラマを制作してますー!

1433737105_IMG_3385_588.jpg

前回はジオラマの地面と樹木の制作を行いました

ジオラマの地面と樹木の制作をしてみるです!(タミヤ フォルクスワーゲン1300ビートル1966年型 制作その9)




それで、今回のジオラマ制作は

・第1部 クルマの制作
・第2部 ジオラマのベースの制作
・第3部 小物の制作
・第4部 ウェザリングとか仕上げ

という構成で考えていまして
今回から第3部に入りますー
つまりスタープラチナァ!で、
もしかしてオラオラですかぁ!?
YES!いえす!

ってか、もうウザイですね
自分でもわかってますよ、
もうやめた方がいいですね?
だが断(以下略) ←



てか、真面目な話、
こんなヘタレな制作記事をですね、
アップするのが、ちょっと恥ずかしいなぁ・・・
という気持ちが柄にもなく芽生えたりしている
今日この頃なんですよねぇー
いや、同情を求めたりしてるんじゃなくてね、
僕はホントーにそう思っておるのですw


まぁでも、いつか誰かの参考になるところが、
少しでもあればいいな、
という思いでブログを始めたのが
僕のブログ開設の原点だったりするんで
恥ずかしながら制作記事、いきますー///

ああ、もっともっと恥知らずで
無邪気でアホでいたいw ←それはそれで問題




■その1 植木鉢の制作


1433867551_IMG_3388_589.jpg

まずコトブキヤのM.S.G のバーニアパーツです
これがナント・・・



1433870499_IMG_3389_590.jpg

着色したら植木鉢になるっていう!!
これは本に載っていた奥川さんのアイデアです!
発想がすごいっす!!



1433871252_IMG_3391_592.jpg

んで、植木鉢の中に詰め物をします
最初はエポキシパテで考えてたけど
こねるのもメンドくさくて
「ブル・タック」にしましたw
そしてタミヤの「情景テクスチャーペイント」を
その上にかぶせてみます

ちなみに「ブル・タック」は
ホントにいろいろ使える便利アイテムなんで
いずれきちんと紹介したいと思いますー





1433870626_IMG_3390_591.jpg

んで、またまた秘密兵器を投入!
前記事でも紹介した
ミニネイチャーの情景素材を
いくつか用意しました!
これを・・・













1433872059_IMG_3392_593.jpg

乗せたら見事に植木鉢ですわ!!
これはいいですね!
お手軽で! ←ここ大事w





■その2 棚


1433889776_IMG_3395_595.jpg

1ミリ厚のバルサ板を切り貼りして作った棚です
てきとーで申し訳ない・・・



1434083666_IMG_3400_598.jpg

こんな感じで設置してみました

あ、ちなみに小物を「50個用意しよう!」と
目標を立ててるんですが
ネタはあんま考えてなくて
思い付きでやってますw





■その3 六芒星のエンブレム


1434012212_IMG_3397_596.jpg

六芒星のエンブレム的なものを
作ってみることにしました
まずパッと目についた
セメントのフタを輪切りにしてみて・・・



1434083510_IMG_3399_597.jpg

六芒星を厚紙にプリントしたものを
カットとしてセメントで強化、
輪切りのワッカはペーパーをあてて
厚みを調整して・・・




1434087276_IMG_3401_599.jpg

ここでちょっと実験くんです
僕は初心者なんで知らないんだけど
UVレジンって、ラッカーで着色できるのかな?
と思ったんで試してみました

希釈済みのメタリックグリーンと
UVレジンを混ぜて
PP板の上で硬化させたところ・・・
あ、できました!!



1434095415_IMG_3402_600.jpg

ということで丸ワクの中に
着色レジンを投入して
その上に六芒星をのっけて、
ブラックライトで硬化させて・・・



1434170564_IMG_3403_601.jpg

着色レジンが硬化したら
今度は無着色のレジンを
そのまま乗っけて硬化させます

ここはダービー戦のジョセフのコップ水のごとく
表面張力でなみなみの感じにしたかったんですが
一回ではうまくいかなくて
4回くらい同じ作業を繰り返しましたw
そんだけ繰り返しても
上手くできないのは仕様です、ぐはっ



1434342751_IMG_3417_607.jpg

最終的にクリアーをエアブラシで吹いたんですが
レジンを投入する時に気泡が入ってますな・・・
これはあれだ、無造作にレジンを
グルグルかき混ぜて投入したからですね
ストッキングをかませればよかったねー ←やり直す気力はないらしい

あ、ストッキングは気泡を消すための助っ人で
ネタじゃなくてマジですよ?w
過去記事でちょっと触れてますー

「Mr.情景用透明シリコーン」で水の表現に挑戦するだぁ!(ラクーン制作記9)




1434343216_IMG_3418_608.jpg

ドアに取り付けたんですが変かなぁ?
もう、頭がパーで、これがいいのか悪いのか
判断がつかなくなってるんですよwww

ちなみにここは「魔女っ娘の家」ということになって
300歳くらいのくせに見かけが幼女で
魔法の水を使って色んな魔法を開発してる、
みたいな設定を後付け中ですw




■その4 ホウキ


1434181162_IMG_3406_603.jpg

魔女と言えばホウキですキリッ
「竹串」と「フィールドグラス」を
用意しまして・・・






1434269083_IMG_3414_605.jpg

針金でグルグルして
水溶き木工ボンドをしみこませて
作りました

いちおーホウキには見えると思うんですが
スケール的に合ってるのかな??
ちょっと謎ですwww





■その5 機械的なナニカ


1434246185_IMG_3409_610.jpg

これはヘタッピだけど
僕の大好きなミキシングですー!
ジャンクパーツをてきとーに
ペタペタしまして・・・



1434342481_IMG_3415_606.jpg

できたw
名付けて
「魔法の泉の水を吸い上げて魔術的な加工をする機械的なナニカ」です
って長いわ!!

あえて、こんな塗装にしてみました
まぁ思い付きでやってるんです
なんかスマンw





■その6 ネコちゃん


1433885146_IMG_3393_594.jpg

魔女といえば黒猫ですキリッ ←2回目
オーロラモデルというブランドの
「1/35 猫セット」を用意しました






1434180421_IMG_3405_602.jpg

実はこれ、開封してみるとホワイトメタル製で
そのまま加工するのが怖くて
「おゆまる」&「UVレジン」で複製して
しっぽを2つにしてます

正直、レジンの複製、慣れてないんで難しいですー
ちょっと、そろそろレジンについて、
真面目に取り組む必要があるなー
って感じてきてます



1434414788_IMG_3420_609.jpg

で、色を塗るのが、これまたムズいー!
こんな小さなものを塗るのは初めてで
実はこのために「ヘッドルーペ」を初導入したんですよ!w
でもムズイ!!!
筆の毛をヒゲとして接着したのは
アラーキーさんの方法をマネっこさせて頂きましたー
って、ヒゲ、見える???

ちなみにネコの名前は「シャモン」です
このネタが分かる人はたぶん、おるまいw
霊力のあるネコなんです





ということで
なんかやることが多くて
時間がめっちゃかかってるですー!
そしてその割には、あんま進んでないような・・・w

まぁ小物の制作、続けていきまふぅー ←早くもネタ切れ間近



[関連記事]
・「ランドスケープ・クリエイション」を読んだらジオラマを作りたくなったー!(作るとは言ってない)

2015/06/08

ジオラマの地面と樹木の制作をしてみるです!(タミヤ フォルクスワーゲン1300ビートル1966年型 制作その9)


ランドスケープ・クリエイション」「ランドスケープ・クリエイション2」を参考に
人生初のジオラマを制作してますー!


1433313656_IMG_3359_568.jpg

前回はチップLEDの電飾や、ツタの制作を行いました

ジオラマのツタをJOEFIX(ジョーフィクス)で制作してみます!(タミヤ フォルクスワーゲン1300ビートル1966年型 制作その8)

今回は地面と樹木の制作を行いますー!




それでですね、
今回、初めてのジオラマに取り組んでて
分かったことが1つあります
この本の著書の奥川泰弘さん、
工作がめっちゃくちゃ上手ですわ!!!

いや、こんな当たり前のことを
力説するのもアレなんですけど、
自分が何の経験もない状態で作品を拝見して
「すごいなー」と思っていたワケですよ
でも、実際に自分でやってみて感じました、
奥川さんは「すごい」わ!

これ、どっちも「すごい」って言葉を使ってるけど、
中身の重さっていうの?ちょっと質が違うんですよ!
僕の言ってること、わかるかなぁ、
わかんねぇ(以下略、てか古い)



まぁ、僕の戯言とか、どーでもいいですね
とにかく「経験することを楽しむー」
というスタンスで制作を楽しんでまっすw ←もう少し向上心を持て





■「情景テスクチャーペイント」でジオラマの地面の制作とかしてみる


1433404370_IMG_3363_572.jpg

さあ、待ちに待っていた
「地面」の制作にいきますよ!

今回は本の中で紹介されてた
「コースパミスゲル」が手に入らなかったので
これを使ってみることにしました!

タミヤの「情景テスクチャーペイント(ライトサンド)」
モーリンの「クラッシャブルストーン」


でーす!
もー早く使いたかったよー!
どんな質感になるんだろー??
興味津々ですわ!





1433404429_IMG_3364_573.jpg

ではPP製のスパチュラで
盛ってみることにしますー!
これ使うの超楽しみだったw

ふむ、粘度としては「ゆるいカラシ」みたいだなぁ
「何やねん!そのたとえは!?」
って感じですけど
第一印象がカラシだったのだwww
セラミック粒子が入っているとのことで
ざらざらの質感が得られる模様ですたい!



1433406828_IMG_3365_574.jpg

なんか夢中になってベッタベタに盛りつけてもうたw
んー、ちょい盛りすぎたかもしれないなぁ
スポンジとかで、うすーくポンポンした方が
良かったかもしれない、のかな??

石畳のスキマに埋めるのが何気に難しくて
スミイレをふき取る要領で
綿棒を大量に使いましたw



1433407229_IMG_3366_575.jpg

ちょっと表面がベタベタになっちゃったんで
その場の思い付きで
スポンジでポンポンしてみます
うーむ、やはりこれは盛りすぎたような気がするぞw



1433407572_IMG_3367_576.jpg

そして間髪おかずに
情景素材の「クラッシャブルストーン」という
まぁ要は小石ですねw
これを、てきとーにバラ蒔いてみよう



1433490049_IMG_3368_577.jpg

んで、乾いたらこんな質感になりましたー
「情景テスクチャーペイント」の
乾燥時間なんですが
3時間から5時間が目安みたいです

んで、これ盛りすぎたと思ってたけど
乾燥する時にけっこう収縮してくれるみたいで
そんなベタベタを心配するほどでも
なかったみたいです

今回は「ライトサンド」という色にしてみたんですけど
砂浜みたいですねー
海辺のジオラマなら、そのまま使えそうですなー





■「ミニネイチャー」でジオラマの草とか植物とか作ってみる


1433490960_IMG_3370_578.jpg

では次なる新兵器を投入するぜー!
今回のジオラマでは数々の
お初となるアイテムが目白押しです!
用意したのは

ミニネイチャーの「小さな草むら‐夏の盛り」
モーリンの「グラスセレクション グリーン」


です!
これも使うの楽しみだったんだよー!










1433491116_IMG_3371_579.jpg

まず「ミニネイチャー」の方なんですが
シートに株状態となっている「草むら」が
大小、いろんな大きさで用意されとりますー
なんかパッと見、マリモに見えますなwww

これドイツのメーカーらしいんですが
いろんなタイプの植物が春夏秋冬の配色で
めちゃくちゃ種類が用意されててビビりましたw
ジョーフィクスと同じ輸入物ってことで
いいお値段がしたんですが、
やっぱ質がいいと思った!

ホームページでいろんな種類が見れます!
・ミニネイチャーのHP




1433491806_IMG_3374_580.jpg

続いてモーリンの「グラスセレクション」
これは繊維状のモフモフした素材ですね
芝生みたいな表現に使えるっぽいです
じゃ、さっそく使ってみますー!



1433492022_IMG_3376_581.jpg

水溶き木工ボンドを垂らして、
そこにピンセットで置いていきます
正直、初めてなんで
配置のバランスとか全然わからん!
でもなんか楽しいw



1433575686_IMG_3377_582.jpg

あ、なんかてきとーに植林をやってたら
ちょっと地面の色が気になりだしたんで
植林を一回中断して、突然、
地面の着色をしてみるという
メチャクチャな順番で作業してますww

地面の塗装も、どうやればいいのか?とか、
そもそも「こんな地面にしたい」というイメージとか
僕のポヤポヤした頭の中には
ぜーんぜん無いので ←それ問題だろ

・アクリルで着色したり
・エナメルで着色したり
・ピグメントを撒いてみたり

と、頭の壊れたマッドなサイエンティストのごとく
「こーやると、どーなるのかぁー?ウフフ」
って感じで、実験してるみたいに
変化を観察して楽しんでますwww
てか、はじめてだから、わからんのよw





■「オランダ ドライフラワー」でジオラマの樹木の制作とか


1433575752_IMG_3378_583.jpg

地面は一回これくらいで中断して、
あとでまた調整しようーってことで
次に樹木にいってみます!
なんか次々と進んでますけど
早く進みたくて気がせってるw

で、樹木の作り方はいろいろあるみたいなんですけど
どういうのがいいのか、とにかく
一回やってみないとよくわかんないんで
もう手探り状態で突入するんですけど
まず、木の枝とか木の根っこを拾ってきて
煮沸消毒してみたものを用意して・・・



1433575948_IMG_3379_584.jpg

ここでまた秘密兵器の登場でーす!!

「オランダ ドライフラワー」!



これは紙とかじゃなくて、本物の植物ですね
これを樹木の枝にする、
ってコトみたいです!





1433618032_IMG_3380_585.jpg

で、樹木を作ってみるんですが・・・
うわ、やべー!!!
これ、超ムズイ!!
思ってたよりムズイ!!

まず工作的に枝がうまく切り貼りできないし、
どんな形状にすればいいのかも
よくわからんー!!
樹木をよく観察してからでないと無理だわ!

でも、もう始めてしまったので
これで押し通す!
エポキシパテでなんとか接着して・・・



1433683127_IMG_3381_586.jpg

エポキシパテが硬化したら、
てきとーに着色して
前回の記事で紹介した情景素材、
ジョーフィクスの「小さい緑の葉」を振りかけてみる!
接着は「水溶き木工ボンド&スプレーボトル」で
シュッといってみるー!



1433685384_IMG_3382_587.jpg

と思ったら、スプレーボトルでは
うまくシュッシュッできん!!
しょせん100均テイストだからか!?
あわてて「スプレーのり」を
室内でシューってやったら
軽く吸いこんで気分が悪くなった!
あかん、これはベランダでやらなアカンやつや!
うわぁぁー!



・・・



てことでスプレーのりを吹いて
その上から「緑の葉」をパラパラと振りかけて
こんなんなりました・・・の図です
「緑の葉」、かなり使ったなぁー



すいません、この樹木の制作なんですけど、
まじでワケわからん精神状態になって
最終的に激ヤバの出来となりました
自分でも唖然とする・・・
「このー木 なんの木 知らない木ー♪」ですよ
ほんとーに見たこともない木です
す、すまん


「あーこの人は樹木をつくろうとしたんだなぁ(憐れみの目)」


って思ってもらうことにしよう・・・ ←




1433737105_IMG_3385_588.jpg

てゆーことで、ここまで来ましたですー
最後の方は、すごい落ち着きがなかったっていうか
ワケわからんテンションで制作してました
ふひぃー



でも、なんとなく「それっぽく」なってきて
やっと落ち着きましたよww
すべては素晴らしい情景素材のお蔭です
メーカー様に感謝ですw

いちおーこれで制作の第2部である、
「ベースの制作」が終了となりました
今までは映画のセットでいうところの
大道具って感じなんですかね?





さて次回からは、ジオラマ制作の第3部、
「小物の制作」にうつるですー!
ひそかに今回のジオラマの満足度を決めるのって
小物かもしれないなー?とか思ったんで
「50個用意しよう」と思い立ちました

別に数に意味はないけど50個!!
50個、作ります!うおーっ!! ←言い切って大丈夫か?




[関連記事]
・「ランドスケープ・クリエイション」を読んだらジオラマを作りたくなったー!(作るとは言ってない)
2015/06/04

ジオラマのツタをJOEFIX(ジョーフィクス)で制作してみます!(タミヤ フォルクスワーゲン1300ビートル1966年型 制作その8)



1432442301_IMG_3313_553.jpg


ランドスケープ・クリエイション」「ランドスケープ・クリエイション2」を参考に
人生初のジオラマを制作してますー!


とりま現在の心境とかなんですけど
このジオラマを制作してて感じるのは
「やることがメチャ多い」ってことですねー
しかも内容が多岐に渡るって感じです

とある動画で拝見したんですが
アノ円形劇場の荒川さんは、
制作の前にノートにびっしりと
作業内容を書きだしておられましたねー

何がすごいって、
あれを制作前に全部書き出せるのがすごいんですけど
確かに作業内容を整理したほうが
制作しやすいなぁと感じました

だから僕も書きましたよ
3行で書くことがなくなったけどwww
てか、そんなん頭の中に全体像が
セットされてないと無理ぽよー!w

僕の頭は、もはやポヤポヤのぷーです
なので、ぽやぽやしながら制作していきまぷー ←壊れてる




■チップLEDの電飾をやってみる



1432769546_IMG_3337_554.jpg

じゃあ制作記いきます!
前回、建物の窓にLED電飾を仕込んだんですが、
まずはその続きを行います!

今回は「チップLED」を使ってみたい
これ砲弾型LEDより小さいというのは
モチロン知ってたんですが、
実物を見てたまげた!w

右側のチップLED「3401」は、まだいいとして、
左側のチップLED、これ「1606」という規格?なんですが
これは本当に小さい!
なんかBB弾の半分以下って感じで
ハンダ付けできたのが奇跡に近いwww
このサイズだと、もう相応の工具が必要ですね
現状では、もう二度とできない気がします(確信)


LEDパラダイスというお店のブログに
ハンダ付けの解説が分かりやすく紹介されてました
超参考になると思うです!

・1608chipLED エルパラ式配線加工




1432777800_IMG_3339_556.jpg

で、前回発見した
「白色LEDにエナメルクリヤーで着色」をして
LEDを配線していきます

これに関して、lost_oneさんから「熱は大丈夫?」って
ご質問いただいたんですが
た・ぶ・ん・・・大丈夫・・・な気がしますw
でもマネして変なことになったらスイマセンw

あと窓に「魔女っ娘のシルエット」が欲しかったので
紙を切り出してマジックで塗りました




1432777870_IMG_3341_557.jpg

ちょいとテスト
「魔女っ娘」って言わないと
魔女っ娘に見えない・・か? ←不安

ふむ、グリーンもいいけど
なんかもう少し賢そうな魔女っ娘にしたいなぁ



1432780157_IMG_3342_558.jpg

なんか賢そうなブルーに変えてみよう
LEDのエナメル着色ですけど
こうやって色味をすぐに変えられるのは
かなりポイント高いと思ったんで
今後、いろいろとできそうな予感がしますー

シルエットのラインは、
もう少しハッキリ出せるといいんだけど
いろいろ試して今回はこれがマックスでした
これは今後の課題だなー



1433047046_IMG_3344_559.jpg

あと、なんかドアが寂しいので
六芒星でも作ってみよう
バルサを切り貼りしてみます



1433058824_IMG_3345_560.jpg

うむ、ゆがんでる!w
正直、出来が悪いですww
とりま貼ってみるけど
後で引っ剥がすかもーw



1433061011_IMG_3346_561.jpg

あと、入口に電球を設置したいので
自作してみますー

戦車のジャンクパーツを削って
1ミリの真鍮パイプ線(内径0.8ミリ)を通して
そこに1606のチップLEDを通します
あ、そうだ、配線に使っているのは「ポリウレタン銅線」の0.1ミリです
これ髪の毛ぐらいの細さでビビりますw

ちなみに真鍮パイプの切断は
「目立てヤスリ」を使えば、中に線を仕込まなくても
「パイプの穴がつぶれない」
ってことを知りました!



1433063976_IMG_3347_562.jpg

あと真鍮線は「ガンブルーペン」で黒染めして
カサの部分も、なんかそれっぽく塗って・・・



1433097199_IMG_3348_563.jpg

設置してみましたの図
ほいじゃ、点灯してみよー!



1433138675_IMG_3350_564.jpg

あれ?点かない・・・
3つ直列のLEDを、2つ並列で配線してるんだけど
どうも単三電池2本では
電圧がたりない模様です
電飾の経験が少ないので、よーわからんー
9ボルトの電池なら点くんかな??
とりまコンセント電源で・・・



1433140985_IMG_3351_565.jpg

ぴかー
点きましたありがとうございます
くどいけど窓にうつってるのは
魔女っ娘ですっ!
ここは魔女っ娘の家ということになったのですキリッ




■ジョーフィクスでツタを制作してみる


1433319218_IMG_3360_569.jpg

今回は、いろんな秘密兵器を用意したんですが
その第一弾がこれですー!

前回も紹介しましたけど
JOEFIX(ジョーフィクス)という海外のメーカーの
ジオラマ情景素材です
この「101 ツタと葉」、「106 ツタと緑の葉」
を使って建物にツタを這わせてみたい!



ジオラマ、ミニチュア、情景模型に最適!鉄道模型のレイアウトにも。...

ツタと葉 :ジョーフィクス
価格:1,058円(税込、送料別)

ジオラマ、ミニチュア、情景模型に最適!鉄道模型のレイアウトにも。...

ヘッジの葉 :ジョーフィクス
価格:724円(税込、送料別)

ジオラマ、ミニチュア、情景模型に最適!鉄道模型のレイアウトにも。...

ツタと緑の葉 :ジョーフィクス
価格:1,123円(税込、送料別)

ジオラマ、ミニチュア、情景模型に最適!鉄道模型のレイアウトにも。...

小さい緑の葉 :ジョーフィクス
価格:1,350円(税込、送料別)










1433319264_IMG_3361_570.jpg

拡大するとこんな感じ
葉っぱがすごいリアルです
これ何でできてるんだろ?紙なのかなぁ?
ツタの部分は接着剤でガチガチだったんで
手でしっかりほぐしてあげる必要があるっぽいです




1433201340_IMG_3354_566.jpg

とりあえずアウトラインがあると
作業しやすいんで
先にツタを「アクアリンカー」で貼っておこうかしら?
前も紹介したけどアクアリンカーは
透明で糸を引かない接着なんで使いやすいです

・クリアパーツの接着に「アクアリンカー」がおすすめですよ!



1433232265_IMG_3355_567.jpg

アクアリンカーが乾燥したら
水溶き木工ボンドで
葉っぱを貼っていきます

んー初めてなんで、よー分からんけど
写真でツタを見てみたら
葉っぱの先端が全部したを向いてたんで
そんな感じで一枚づつ貼ってみますー



1433319608_IMG_3362_571.jpg

たまに枯葉をまぜてあげると「それっぽく」見えると
アラーキーさんのブログに書いてあったので
それを意識して貼ってみましたー


情景師・アラーキーのジオラマでショー「ジオラマにピリリと効くツタの表現方法」



「一枚づつ貼るの、やっぱ大変なんかなー?」
とか、やる前は思ってたけど、
やってみると別にキツくはなかったです
それよりも「どう貼るとリアルなんざんしょ?」
ってのが、まだ分かってないのが
イタいって感じw
こんなんでいいんかなぁ?





1433313656_IMG_3359_568.jpg

てゆーことで
仮配置してみました
アクアリンカーの接着跡が目立ったんで
あとでつや消しクリアーを軽く吹いておきます



とりま今回はここまでなんですけど
次回は、そろそろ地面にとりかかりたいなぁ
もう建物、接着して大丈夫なんかな?
やり残したことが後で出てきそうで怖いっすーw







[関連記事]
・「ランドスケープ・クリエイション」を読んだらジオラマを作りたくなったー!(作るとは言ってない)

カオス状態でジオラマ制作をいろいろやってますー!(タミヤ フォルクスワーゲン1300ビートル1966年型 制作その7)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。