2015/04/30

カーモデルのドアを切り離しますよ!(タミヤ フォルクスワーゲン1300ビートル1966年型 制作その2)



1430167439_IMG_3098_393.jpg

はじめてのカーモデル、
タミヤ様の「フォルクスワーゲン1300ビートル1966年型」を制作しています!!
前回の記事では、パーツのメッキをはがしました

・プラモデルの作り方 制作講座その39.パーツのメッキをはがす方法(タミヤ フォルクスワーゲン1300ビートル1966年型 制作その1)


今回はドアの切り離しを行ってみますよ!
これは絶対に「修羅の道」なんだよなーw




■ドアの切り離しって、どうやるんじゃい?



前回ご紹介したプラモつくる動画の
「斎藤俊幸 その1」の4:42あたりで ←もうはっきり言えよ
ドアを切り離す方法として

BMCタガネの0.15mmでなぞる


というやり方が紹介されてました
番組ではあっさりと紹介されてましたけど、
これ絶対に大変な精神力と集中力と労力と(以下略)



僕はだいたいですね、
プラモ制作の作業はどれも好きなんですけどね、
この「切り離す」ってのは今まで避けてきたんですよねー
なんか手軽で効率いい方法はないかなぁ?
とか思っているんですけど
超音波カッターくらいしか思い付かないですし
ていうか持ってないですし、
しかも超音波カッターでは
今回の作業に必要な精度って出せないんじゃね?
とか思ってたりするんですけど
「ごたくはいいから早くやれこら!」
って感じですねすいません ←




1430170052_IMG_3099_400.jpg

やった ←ぶっきらぼうだなおい
タバコ・トイレ休憩なしで
ぼーっとしながら約43分でフィニッシュですはい

えと、一つの辺を100回かぞえながらなぞってたら
ボーっとしてきたんで、
あ、いや、貫通してきたんで、そこで
「なぞる方向を→から←に変えるとやりやすい」
ということがわかりました


あとBMCタガネの0.15mmは、
なんかベストの厚みだと感じました
0.1mmだと薄すぎて切断がしにくいかも?ですし、
0.3mmでは今度は厚いと思う
0.2mmならありかもしれないけど
僕は持ってないんで分からないw
とりま0.15mm、いいですよええ ←まだ放心状態


(インターバルで回復)


ふっ、まぁ僕もね、本気を出せばね、
これくらいは朝飯前ですよーwww

え?反対側もあるんすか? ←




1430290847_IMG_3115_402.jpg

二回目は慣れたんで、
少しは時間が短縮できるかと思いきや、
実際は逆で、それ以上に時間がかかりますー
なんでかというとですね、
「持つところが少なくなってるから」なんですよ
んで、それに伴って
「パーツ全体の強度?が落ちてるから」なんです
壊れないように、より注意です
あ、なんかボーっとしてきた・・・ ←



1430293633_IMG_3116_403.jpg

やった
所要時間は1時間くらいです
正直、これがもし4ドアだったらヤバかったww




一応やり遂げたんで
忘備録としてポイントだな、と
感じた部分を記しておくと


■タガネの使い方としては

・先端の一点のみに力を集中

→その方が引っかからない
もし引っかかったらタガネの角度を浅く倒す


■意識としては

・「切る」のではなく「掘る」

→幅0.15mmの穴を掘っていたら、
すいません底が貫通しちゃいましたーみたいな感じ
頑張らないほうがいい
じゃないと左手にも無駄な力が入る=破損の可能性が高まる


■進行手順としては

・「一つの辺を切り離して次の辺へいく」
のではなく
「均等に各辺を掘っていく」

→そうしないと途中でパーツが
バキッといく恐れを感じる
「ランナーにパーツがゲートでくっついている」
ような状態に持っていくのが望ましいかもしれない



という感じでしょうか?
なんかこの切り離し、
座禅でもしてるような気分だったwww
正直言うと、精神的な苦痛は
別に無かった気がするです
むしろ楽しかったかもしれないですよ?いやほんとに



1430369816_IMG_3118_404.jpg

切り離したんで
切断面をキレイキレイにしますー
最近ね、

「スポンジやすり」をつまようじに刺したらめちゃ使いやすい


ということを発見しました隊長!
「刺すだけ」というのが、
もう手軽でサイコーですよ!
YAZAWAサイコーでーす ←



1430370142_IMG_3119_405.jpg

とか調子に乗ってたら、バリと勘違いして
必要なモールドまで削ってもうた・・・
写真じゃ分からないと思いますw


しかし、はじめてのカーモデルを
作っていて思うんですけどね
「車のことをまったく知らない」
「実車を見たことがない」
というのが圧倒的に不利な状況なんですよねー
まぁそれを言うのなら
ガンダムも見たことはないんだがw


やっぱねー、実際に実車を見てみたいなぁー!
車が好きで車のキットを作るんじゃなくて
プラモ作るから車を見たい!っていう、
なんか順番が真逆の気がしますけどねw


あのプラモ番組の中で、
斎藤モデラーさんは実車を見に
横浜から名古屋まで行ってましたけど
その気持ちは非常にわかります
あれ「テレビだから、演出としてわざわざやった」
ワケでもないと思いますよ?
僕も可能であれば、
マジで実車をマジマジと観察したいもん ←ざぶとん没収




1430374183_IMG_3120_406.jpg

まぁ、とりま切り離し作業は完了でございますー!
表面処理として使用したツールは

・タイラー
・ヤスリスティック
・スキヤキヤスリ
・セラカンナ
・スポンジやすり

こんなに種類はいらないかもしれないけど
手持ちのカードが多い方が便利で楽しいんですw
特に「セラカンナ」と「つまようじスポンジやすり」が活躍しましたー!
しかしこの「セラカンナ」は使いやすくてエラいねぇ
ついでに「つまようじスポンジやすり」を
思い付いた僕もエラいねぇ ←だまれ

あ、ちなみにセラカンナの紹介はこの記事でしてます
→・プラモデルの作り方 制作講座その33.道具のお話 その2 セメント関係 / ナイフ関係 / ドリル&ピンバイス関係




では次回は、ドアの開閉に取り組みますー!


[関連記事]
・プラモデルの作り方 制作講座その39.パーツのメッキをはがす方法(タミヤ フォルクスワーゲン1300ビートル1966年型 制作その1)

・「ランドスケープ・クリエイション」を読んだらジオラマを作りたくなったー!(作るとは言ってない)
スポンサーサイト
2015/04/29

プラモデルの作り方 制作講座その39.パーツのメッキをはがす方法(タミヤ フォルクスワーゲン1300ビートル1966年型 制作その1)


前回の記事で「ランドスケープ・クリエイション」を読んだら
車のキットを作りたくなったー!
ということを書いたんですが

「ランドスケープ・クリエイション」を読んだらジオラマを作りたくなったー!(作るとは言ってない)



1430126683_IMG_3090_366.jpg

ホントにキットをゲットしてもうたw

なんか僕は現代風の車には
まったく食指が動かないんですが
クラシックな空気には前々から惹かれていたので
この本の影響もあって、キットを吟味した結果
タミヤ様の「フォルクスワーゲン1300ビートル1966年型」
にしてみました!


いやーマジで車のプラモデルの制作って初めてですよ
楽しみだなぁ!
僕みたいなガンプラとマシーネンばっかり作ってた
ヘタレが車のキットに手を出したら
どうなるんだろう?って自分で楽しみですw






1430126899_IMG_3091_387.jpg

んじゃ、始めますかー!
ほう・・・
ランナー数は少ないんですねー
サイズは1/24なんですね、
1/12ならマシーネンと合わせられるのにw

あ、なんか小さいデカールが
ランナーの袋の中に一枚入ってましたよ?
これ、知らないと誤ってビニールと一緒に
捨てちゃいそうで注意ですね
なんか初めてなんで新鮮ですw



1430126966_IMG_3092_388.jpg

タミヤ様のキットは実車・実機の解説が
しっかりしてるんですよねー
これ読みたかったー
僕は車については完全に門外漢なんですよねー

へぇ、フォルクスワーゲンって
ドイツ語で「国民車」って意味だそうですよ
生産にはヒトラーのバックアップがあったと、
あと「ビートル」ってのはカブトムシって意味で
工場見学に訪れた女性がつけたニックネームらしいです
Wow! It looks like a Beetle! So cute!!
とか言ってる姿を想像してしまったw

ちなみにこの解説、
英語とドイツ語?とフランス語?でも書いてあります
なんかガンプラモデラーには新鮮ですー



1430128870_IMG_3093_389.jpg

なんかカーモデルの作り方のノウハウとか知らないし
実車の車の作りもまったく知らないんで
取説通りに作っていきますよ ←そりゃそうだろ

それにしても、なんかエンジンのパーツとか
美味しそうですなぁー!!
これは改造用のディテールアップパーツに(ゴクリ)

い、いかん、今回はちゃんと車を制作したいんじゃー!←



1430132686_IMG_3094_390.jpg

エンジンを組んでます
黒成型なんで合わせが見にくいですー!w
これは事前に軽くサフとか吹いといた方が
良かったかもしれないなー

しかしなんかこう、カーモデルって
じっくりと腰を据えてハマキとブランデーを片手に
キットと向き合う真夜中のひと時って感じですねー
BGMはジャズが似合いますね

まぁ手元にはハマキもブランデーもないし
今はPerfumeのButterflyって曲を
エンドレスで掛けてるけどな ←思いっきりテクノ




■メッキって、どうやってはがすの?


1430144563_IMG_3095_391.jpg

メッキのパーツがありますねー
てか、僕はメッキパーツを使うのは
初めての気がするぞ?
ゲートが表側に来てますけど
これ処理するとメッキはがれちゃいますけど、
どういうことなんだろ??
車のキットって、こういうものなんですか?
隠れる部分にゲートがきてればいいのに・・・ぶつぶつ


ここで本題に入りますけど ←あいかわらず前置きが長い
このメッキ、はがしてみることにします

とあるプラモつくる動画の、とある回の
「斎藤俊幸」さんというプロモデラーの
「その5」という回の0:46あたりに
そのやり方が紹介されてました ←これもう隠す必要ないだろ

どうやら「酸素系洗剤」で落ちるとな、ふむふむ




■第1ラウンド「メッキパーツ VS 酸素系漂白剤(ワイドハイター)」


1430162635_IMG_3097_392.jpg

じゃあやってみるです
番組では希釈率がわからなかったんで、
てきとーに約3倍あたりで行ってみようかなー
紙コップに水70g
酸素系漂白剤のワイドハイターを20g
これにパーツを入れて放置してみます
番組では20分でメッキが落ちてました



1430191597_IMG_3100_394.jpg

そのまま一晩放置してました
取り出してみると、一部のメッキははがれているけど
全体的には全然メッキメッキしてますよ!?
こ、これはどういうことだってばよ!?




■第2ラウンド「メッキパーツ VS ラッカー系うすめ液(ガイアノーツ ブラシマスター)」


1430192402_IMG_3101_395.jpg

もしかしてメッキ表面に
ラッカー系とかのコーティングがされてて
メッキを剥がせない状態なのかなぁ?と思って
ラッカー系の薄め液に浸けてみました
いわゆる「シンナー風呂」ってやつですね


ちなみにシンナー風呂は
クリーナー用のシンナーを使うと
塗料どころかパーツまで溶かしちゃう可能性があるんで
間違えないように注意です

あと、パーツがもろくなる可能性があるので
あんまり長時間放置しないほうが
いいうような気がします
シンナーでパーツがのぼせてしまうのだw



1430192800_IMG_3102_396.jpg

ほいで、シンナー風呂の中で
筆でゴシゴシやってたら
大分メッキがはがれてきました
でもカンペキには、はがれません
これはどういうことだってばよ!?

んーもう、このまま先に進めようかなぁ?
なんかメッキのはがれ方がウェザリングぽくて
これはこれでいい感じにも見えるんだよなーw



いやでも、「できるけどパス」と「できないからパス」
では「天地ほどの開き」がある
僕はまだ「できない」状態なので
ここは、やはりパスするわけにはいかん
闘志が湧いてきたぞー
おのれメッキめ、
このやろうお前おれは勝つぞお前!! ←




■第3ラウンド「メッキパーツ VS 塩素系漂白剤(キッチンブリーチ)」


1430199683_IMG_3103_397.jpg

今度は酸素系ではなく塩素系を使ってみる
キッチンブリーチを走って買ってきた!
いや、走ったというのはウソだ!
とにかく、もう希釈はなしだ!
原液で勝負だこのやろうお前!! ←



1430199820_IMG_3104_398.jpg

あれ?
10秒くらいでメッキがはがれちゃいましたけど???
なんか魔法みたいに、サーッて消えていきましたよ!?
なんだったんだろう?
狐につままれた感じ?
とにかく、あっさりマルっと解決しますた


まぁ、とりまメッキパーツに対して
ここで一言いっておこう

「てめーあ、おれを怒らせた」 ←言えてない



1430200463_IMG_3105_399.jpg

原液は、そのまま水道に流すのも
なんか気が引けたんで
戻せる分は元の容器に戻して
パーツを水洗いしました

ん?なんか一部、黄色に変色?
してるところもありますね
いや、これは変色ではなく、
メッキの成分?が落ち切ってないようです
もっとしっかり筆でゴジゴシすれば、きっと落ちるね


もう、これに関してはパスしようw ←ヘタレ発動
どうせ後でウェザリングするんで、
この偶然を天からの贈り物として
活用して進めようと思いますw





んで、今回のメッキの剥がし方ですけど
とりま結論を言うと

パーツのメッキをはがすなら「塩素系」漂白剤つかっとけ


て感じでした
これを信じて試して、なんか問題あったらごめんw


なんか気の抜けた炭酸みたいな記事ですいませんw
とりま以上「メッキをはがす方法」でしたー




(追記)
kazuさんからコメント欄にて有益な情報をいただけました
どうもありがとうございます!


1.ラッカー風呂どぼん
2.塩素風呂どぼん(水で希釈で、パーツ沈んどけ)
3.再びラッカー風呂(省略可)
4.塩素漂白剤は破棄



というのが結論でございました!



1430167439_IMG_3098_393.jpg

じゃあ、次回はアレいってみますかねー
この写真でわかる方にはわかると思います
これは絶対に「修羅の道」なんだよなーw



[関連記事]
・「ランドスケープ・クリエイション」を読んだらジオラマを作りたくなったー!(作るとは言ってない)

・カーモデルのドアを切り離しますよ!(タミヤ フォルクスワーゲン1300ビートル1966年型 制作その2)
2015/04/29

「ランドスケープ・クリエイション」を読んだらジオラマを作りたくなったー!(作るとは言ってない)


完成したプラモデルのキットを
オサレーなインテリアとして
部屋に飾れたらステキだなぁー


なんか、そんな風に思っているんですけど
先日、オサレなモデラーしんごaikoさんから
この本がおすすめだよーって紹介して頂けました



1430244423_IMG_3108_367.jpg

奥川泰弘さん著「ランドスケープ・クリエイション」ですー





ランドスケープというのは
「風景」という意味だそうです
なんかねー、この本はオサレな空気に
あふれてるんですよー!w

情景ジオラマだと
アラーキーさんは存じてましたが
奥川さんという方は今回初めて知りました
てか、僕あんまり詳しくないんですw



1430245293_IMG_3109_368.jpg

奥川さんの作品は、
ひと昔のアメリカの風景に車が入っていて、
あと人物を登場させていないところが特徴です
なんか作品を拝見すると
空白のストーリーを自分であれこれ補完できる楽しみ、
みたいなのがあるんですよねー
だから、なんかずっと眺めていられる感じなんですよ
うーん、それにしてもオサレだわーw



1430245679_IMG_3110_369.jpg

軽く本の内容を紹介すると
奥川さんの作品が楽しめるほかに
塗装テクニックとか紹介されてます
奥川さんはアクリル塗料を
よく使われているみたいですねー
僕もこの本を読んで
アクリルを試し始めましたー! ←お前の話はどうでもいい



1430246039_IMG_3111_370.jpg

それから建物の作り方
なるほど、プラ版だけじゃなくて
本物の木材も使うのねー
僕、いずれ建物を作りたいと思ってたんで
参考になりますー!



1430246320_IMG_3112_371.jpg

ジオラマを作る場合には
台座とか地面とかも作る必要があるんだけど
今までは簡単なヴィネットしか作ったことなかったんで
その辺の制作方法も参考になりました



1430246485_IMG_3113_372.jpg

あと奥川さんのQ&Aによるノウハウの紹介とかもあります
ほんと今までジオラマには手を出さなかったんで
知らないことだらけで面白いです


この「ランドスケープ・クリエイション」、
ページ数は全部で63ページと
少なめだったんですけど、
これを読んだらですね、
自分でも意外なんだけど
車を作りたくなってもうたー!w

いやー僕は車には興味がないんで
作らないと思ってたんですけどねー



1430126683_IMG_3090_366.jpg

にゃーん!
こうなりゃ、ジオラマもやりますかー!? ←やるとは言ってない



ちなみに「ランドスケープ・クリエイション」には
続編の「ランドスケープ・クリエイション2」というのもあるよーって
またまた、しんごaikoさんに教えて頂いて手に入れたんですけどね、
この2もですねー、またいいんですよー!
それはまた改めて紹介しますですー!



[関連記事]

・プラモデルの作り方 制作講座その39.パーツのメッキをはがす方法(タミヤ フォルクスワーゲン1300ビートル1966年型 制作その1)
2015/04/27

DIYでオサレにプラモデルを飾りたかったのだー!(過去形)



MGサザビーVer.Kaを
「素組みの簡単フィニッシュで、オサレにディスプレイ」
ということを目指して制作してます



1430111138_IMG_3082_360.jpg

前回は、つや消しトップコートの検証をしました

・プラモデルの作り方 制作講座その39.つや消しクリアーの種類と使い方について

今回はディスプレイに挑戦です



てか、もう最初に言っておくと
敗北宣言ですよww
最初はですね
「DIYでプラモデルをオサレにディスプレイ計画、発動じゃー!」
とか燃えていたんですが、
僕にはオサレなセンスが無いんで
無理です、無理ぽよーです



1430113411_IMG_3089_365.jpg

唯一、わがアトリエにあるものでオサレなものは
このムーミンのスプーンくらいですよ
てか、こんな食べかけの写真載せて
ほんとーにごめんなさい
イチゴと豆腐のムースです美味しかったです ←だまれ



1428042061_IMG_2936_350.jpg

関係ないんですけど
「DIYじゃー!」とか燃えてたんで
木材を買ってきて組み立てて・・・



1428080130_IMG_2947_357.jpg

色を塗って・・・



1430112856_IMG_3087_364.jpg

作業台の整理が少しできたんですよ
これはやって良かったです
じゃ、ありがとうございますた





■どうやったらプラモデルをオサレにディスプレイできるんじゃい?(迷走)



1430110833_IMG_3081_359.jpg

それでですね、このサザビーがデカいんですよ!
棚に収まりませんね
てか、そもそも棚になど飾るつもりはないのだ!
オサレ目指してるんだ分かったかこのやろう俺は勝つぞお前!! ←荒ぶっている



karukaru_pr_03.jpg

んで、いろいろ調べてたら世の中には
軽量レンガってのがあるのを知りました
これオサレやーん!
これ使ってみますよ!







1428046531_IMG_2941_352.jpg

んで、この軽量レンガを用意するじゃん?



1428046789_IMG_2942_353.jpg

で、ノコでのこのこするじゃん?
するとノコの刃がなくなるじゃん? ←唖然



1428047143_IMG_2943_354.jpg

で、ウラに両面テープ貼るじゃん?



1428047261_IMG_2944_355.jpg

一応、レイアウトを決めるじゃん?



1427960845_IMG_2923_349.jpg

これは玄関なんですが、ここに・・・



1430111716_IMG_3083_361.jpg

貼りつけた
下はコルクシートを敷きました
雰囲気よくなったー!
って、思いこみたい今日この頃です ←






1430112291_IMG_3084_362.jpg

で、あれだ
とりま植物でも置いとけ ←諦めモード発動



1430112402_IMG_3086_363.jpg

ついでに、これを公開してしまうというwww

べ、別にこれを公開したいために
作ったんじゃないんだからね!? ←キモイ



はい、今回のオサレ化計画は以上で終了です


うわーすいません、ほんとすいません
gdgdでほんとすいませーん!!




[関連記事]

「DIYでプラモデルをオサレに飾る計画」(仮名)がスタートしました


素直みのゲート処理をwave様の「ヤスリスティック フィニッシュ」で行ってみるのだ!


プラモデルの作り方 制作講座その38.簡単フィニッシュの方法


・プラモデルの作り方 制作講座その39.つや消しクリアーの種類と使い方について
2015/04/23

プラモデルの作り方 制作講座その39.つや消しクリアーの種類と使い方について


いまMGサザビーVer.Kaを
「素組みの簡単フィニッシュで、オサレにディスプレイ」
ということを目指して制作してます


1429083848_IMG_3026_300.jpg


前回は簡単フィニッシュの制作の流れをご紹介しました
・プラモデルの作り方 制作講座その38.簡単フィニッシュの方法



で、今回はトップコートの
つや消しの検証を行ってみたいと思います




■「つや消しクリアー」の種類、ありすぎじゃね!?


んで、一口に「つや消しクリアー」といっても
いろんな種類があるんですよねー
今回、用意したのは



1429160084_IMG_3028_302.jpg


・Ex-フラットクリアー(ガイアノーツ)

・フラットベース・スタンダード(クレオスMr.カラー30番)

・スーパークリアー半光沢(クレオスMr.カラー181番)

・スーパークリアーつや消し(クレオスMr.カラー182番)

・フラットベースあらめ・ラフ(クレオスMr.カラー188番)

・フラットベースなめらか・スムース(クレオスMr.カラー189番)



以上なんですが、他にもあると思うw
たくさん種類があって
メーカー様には感謝なんですけどね、
それぞれの違いがタイトルだけじゃ全然わかんねーよ!!!
それぞれ、どんくらいのつや消しになるんだよ!?
いい加減にしろこら! ←なぜキレる?


てゆーことで、今回はそれぞれを試して、
その違いを検証してみたいと思います




■クレオスMr.カラーのつや消しクリアー「フラットベース・添加剤」の使用方法


・フラットベース・スタンダード(クレオスMr.カラー30番)
・フラットベースあらめ・ラフ(クレオスMr.カラー188番)
・フラットベースなめらか・スムース(クレオスMr.カラー189番)

この3つなんですけど
「つや消し添加剤」
とビンに書いてあります

たぶん、これは
「つやあり」の塗料に混ぜて、
「つや消し塗料を作るためのフラットベース・添加剤」
なんだと思われます


僕は正直、この意味がわからないんですよねー
つやは最後にトップコートで調整すればいいから
塗料の段階でつや消しをわざわざ作る必要は
ないと思うんですけど、
まぁ、やり方が色々あるってことですか?


僕は基本塗装する時に塗料が
「つや消し」なのか「つやあり」なのかは、
ほとんど全く気にしてないんですよねー
仮に、つや消しで作業的に問題がある場合、
例えばスミイレとか、デカール貼る時とかですか?
その場合は一回クリアーを吹けば別に大丈夫なんだよなー
逆にウォッシングしたいときは一回つや消しを吹きますし


上級モデラーの方は
この辺も使いこなしている気がしますが
初心者の方は、塗料を購入する時に
「つや消し」か「つやあり」なのかは
あまり気にしなくても大丈夫なんじゃないですかね?
最後に調整すれば問題ないですよ
まぁ間違ってたらスマンw



で、これらは「添加剤」ということなんで
希釈を以下のようにしてみます

「添加剤0.3:クリアー0.7:うすめ液2」



つまり30%添加して、それを3倍で希釈するってことです
クリアーは、今回は全て
「Ex-クリアー(ガイアノーツ)」で統一してみます

このクリアーを混ぜておかないと、
たぶん後で添加剤の白い粉がパラパラと
落ちてくるんじゃないかしら?
添加剤が定着しにくいと思われます



ちなみに「つや消し」の理屈を軽く説明しておくと
キットの表面を「炭酸カルシウム」という粒子で
繊細に荒らすことで光の反射を落とす、
だから光沢がなくなる、ということです


炭酸カルシウムは樹脂ではないので
そのままでは定着しないから
塗料に混ぜる必要があって
希釈率のメーカー推奨は20%から30%です
それを超えると塗膜が弱くなり、
最悪ひび割れるらしいですよ?
この辺は「カンペキ塗装ガイド〈3〉エアブラシ完全攻略」が詳しいので
一回読んでおくと理屈がつかみ易いです



でもまぁ、こんな難しい話はどうでもいいのだ
問題は吹いたらどう変わるのか?なのだー! ←あほ
テストピースなんて使わずに
いきなりキットに吹いていくぞ?
その方が分かりやすいし楽しいからなw
皆さんは、こんな超てきとーなやり方はマネせずに、
ちゃんとテストしてから納得のいくツヤを選択の上、
ステキな完成品を目指してくださいーw



1429160665_IMG_3029_303.jpg

じゃ、いきますか!
希釈は先に述べたように
「つや消し用添加剤」の方は0.3、クリアーを0.7、
シンナーを2でやってみます
写真だと添加剤が3.6gです
ということは
クリアーを8.4g
シンナーを24g
足せばいいワケですね
つーか、こんなキッチリ軽量しなくていいと思いますw



1429160830_IMG_3030_304.jpg

はい、希釈しました
ちょっと感触的に3倍だと薄い気がしたので
シンナーを少なくした(16g)
こんな感じで塗料の希釈は濃度を見ながら
感覚で調整すると良いと思いますよ ←アバウトだなおい

ちなみにスペアボトルは
タミヤの46cc(計量目盛つき)を使っています
こういう良く使いそうな塗料は
大き目のボトルに一気に希釈しとくとラクですよ
ちなみに上記の分量で、
このスペアボトルに丁度良く収まりました





1429162474_IMG_3031_305.jpg

ついでにシンナーはガイアノーツの
「T-06h ブラシマスター (特大) 1000ml」を使ってます
で、それを100均のソース入れに移して使ってます
こうしておくと使い勝手がいいんでおすすめですよん



1429162524_IMG_3032_306.jpg

さらについでに、もし100均ソース入れを使うなら、
悪いことは言わないから「G-02 ニードルキャップ」を使っとけ
移す時に、こぼさなくてすむのでオススメである、ていうか必須
最初これを使ってなくて、どれだけシンナーをこぼしたことか・・・






じゃ、エアブラシで吹いてみます
吹きつけのエア圧とかは圧力計がないので紹介できないけど
「ミストをパーツにあてて、すぐに乾くぐらい」
をイメージして吹いてます



■フラットベース・スタンダード(クレオスMr.カラー30番)


1429084323_IMG_3027_301.jpg

ちなみに、これは吹く前



DSCN2051_329.jpg

吹いた
写真でわかるかなぁ?
この30番の「スタンダード」は
きっちりと、つやを消しましたよ?な印象です
僕はしっかりツヤを消したい時によく使ってます

パーツをよく見ると、ツヤが消えていることで
明度がちょっと上がってますよね?
パステルっぽくなっていうというか
プラスチックの安っぽさが消えて、
無塗装なのに、なんか「らしく」なってると思う





■フラットベースあらめ・ラフ(クレオスMr.カラー188番)


1429164055_IMG_3033_307.jpg

次は「あらめ・ラフ」いってみます
これは、相当なガサガサのつや消しに
なりそうで楽しみですな!w



DSCN2057_333.jpg

なんか、期待したほどガザガサにならなかった ←なぜか凹む
スマンが僕には、30番との違いがわからんw
吹き重ねていけば、もっと違いが出てくるのかな?




■フラットベースなめらか・スムース(クレオスMr.カラー189番)


DSCN2059_334.jpg

あ、吹く前の写真、けしてもうた・・・w
しかしこの「なめらか・スムース」は
自然で落ち着いたつや消しですね
気品があるというか、エレガントというか

僕はこれ気に入ってよく使ってるんですが
今回の無塗装のトップコートとして使うには、
やや弱い印象を受けました
プラスチックっぽさが少し残ってる感じです
でも黒パーツはキレイだと思う
黒パーツを189番、赤パーツを30番とかにするといいかもしれないな


ちなみにキット全体のツヤを統一するのではなく
あえてパーツごとに変化をもたせるのって
上手な方がよくされている塗装テクニックなんですよね
僕には使いこなせないがw




さて、次に「添加剤ではない」方のつや消しを試してみます

・スーパークリアー半光沢(クレオスMr.カラー181番)
・スーパークリアーつや消し(クレオスMr.カラー182番)
・Ex-フラットクリアー(ガイアノーツ)

塗料1:シンナー2



この希釈率で上記の3種類を試してみます





■スーパークリアー半光沢(クレオスMr.カラー181番)


1429673948_IMG_3052_312.jpg

このフロントアーマーに吹いてみます
表面処理してないので、パーツにウネリとか見えますね



DSCN2056_332.jpg

はい「半光沢」を吹きました、「半ツヤ」ってやつですね
僕がアホだからかもしれないけど、
半ツヤって、効果がよくわからんw
「30番よりは薄いけど、ツヤはそれなりに消えてます」
って感じですか?あ、それが半ツヤなのかw
なんかまどろっこしいんで、半ツヤってきらいーw ←暴言
でも一応、パーツ表面のウネリは消えましたね


ところで、この181番の半光沢は、
塗料の粘度が低い感じがします
サラサラとまではいかないけど、トロトロでもない
ということで、希釈を1:1.5にしてみました
ビンの中身を全部いれたら8.7gだったので
13gシンナーを入れたってことです




■スーパークリアーつや消し(クレオスMr.カラー182番)


1429675563_IMG_3054_313.jpg

182番は普通に3倍希釈が必要な濃度だと思ったんで
ビンの中身を全部突っ込んで、
シンナー16g(1:2)入れて希釈しました



DSCN2060_335.jpg

はい、吹きました
182番のつや消しは、吹いていて
つやがどんどん消えていくんで
効果が分かるんで面白いですー
つやが消えたのか消えてないのか、よくわからん半ツヤより
効果が分かるつや消しの方が楽しいねー
つやよ消えろ!!
ついでに手抜きした部分とかも消えてしまえ!! ←



DSCN2061_336.jpg

で、吹いてみての超・個人的な感想だけど
足全体に吹いてみたんですけど
表面装甲が「やや重たい」印象になりました
なんとなく「のっぺり」しちゃったんで、
これは全体に吹くのではなく、
内部フレーム限定で吹くといいかもしれない
今回のテストの中で、これが一番ガッツリつや消しの印象です




■Ex-フラットクリアー(ガイアノーツ)


1429678792_IMG_3056_315.jpg

あとガイアノーツのつや消しクリアーですね
フラットクリアーという名前です
一種類しか出てないのかなぁ?
もしかしたら他にもあるかもしれない
んじゃバックパックに吹いてみます



DSCN2052_330.jpg

吹きました
クレオスでいうと「半光沢」に近いのかなぁ?
「189番なめらか・スムース」より若干、弱い気がします
とりあえず「がっつり、つや消し」にしたいなら、
ガイアノーツのフラットクリアーは選択が違いますね



とりあえず今回試したつや消し塗料を
順番で並べてみると



■かなり強いつや消し

・スーパークリアーつや消し(クレオスMr.カラー182番)



■ちゃんとつや消し

・フラットベース・スタンダード(クレオスMr.カラー30番)
・フラットベースあらめ・ラフ(クレオスMr.カラー188番)



■程よいつや消し

・フラットベースなめらか・スムース(クレオスMr.カラー189番)



■弱いつや消し

・スーパークリアー半光沢(クレオスMr.カラー181番)
・Ex-フラットクリアー(ガイアノーツ)




て感じですかね?
これは希釈の濃度や、吹き付けの回数、
その他もろもろで変わってくると思うので
実際は自分で確かめるのが一番だと思いますが
まぁ参考になれば幸いです



じゃ最後に、全体写真を載せておこう
「MGサザビーVer.Ka」の
無塗装・簡単フィニッシュでごわす!


DSCN2062_337.jpg

DSCN2063_338.jpg

DSCN2064_339.jpg

DSCN2065_340.jpg

DSCN2066_341.jpg

DSCN2067_342.jpg

DSCN2071_343.jpg

DSCN2072_344.jpg

DSCN2073_345.jpg

DSCN2077_348.jpg


では次回は元々の予定だった
「オサレにディスプレイ」を目指してみます
まぁ、たぶん、頓挫します(確信)




[関連記事]
「DIYでプラモデルをオサレに飾る計画」(仮名)がスタートしました

素直みのゲート処理をwave様の「ヤスリスティック フィニッシュ」で行ってみるのだ!

プラモデルの作り方 制作講座その38.簡単フィニッシュの方法


2015/04/17

プラモデルの作り方 制作講座その38.簡単フィニッシュの方法


前々回よりMGサザビーVer.Kaを
「素組みの簡単フィニッシュで、オサレにディスプレイ」
ということを目指して制作してます



1428814887_IMG_3013_292.jpg


前回はゲートの処理を
wave様の「ヤスリスティック フィニッシュ」で行いました
http://phantom12369.blog.fc2.com/blog-entry-170.html


で、今回はトップコートの
つや消しの検証をしてみたいと思ったんですが
その前に紹介しておきたい制作手順があるので
そちらをご紹介します



●ストレート組みでも、洗浄はやっとけ


制作の手順として、
ゲート処理が終わったんで
次に洗浄します

中性洗剤を数滴たらして、
普通に水洗いでいいんですけど
僕はメンドーくさがりなんで
「超音波洗浄機」を使いますw



1428978134_IMG_3019_293.jpg

この超音波洗浄機は、マジでオススメで、
「先に手に入れるなら乾燥器と洗浄機、あなたはどっち!?」
みたいなお題を前に見た記憶があるんですけど
僕は迷わず洗浄機の側に座りますねー

乾燥はね、ほっといても乾くじゃん?
でも洗浄は、ほっといてもできないんですよ? ←当たり前だ
でも、洗浄機があれば、ほっとけるんですよ
この差は僕にとって計り知れないほど大きいのだw

超音波洗浄機は、僕の中の
「無くてもいいけど、あると便利アイテム」
ランキングの中で、たぶん筆頭一位のアイテムですねw

使い心地は、この記事で紹介してます!→プラモ製作で「超音波洗浄機」は必須だぜー!






●デカールを貼るんなら先にやっとけ


次にデカールを貼っていきます
簡単フィニッシュって、
乾燥を待たずに作業に入れるんですねー
全塗装と比べて手順がすごくショートカットできて
ちょっと驚いてますw



1428982279_IMG_3020_294.jpg

あれー?今回のキット添付の水転写式デカール、
すげー貼りやすいなあ?
水に浸したらすぐに貼れるね
もしかして品質が上がってる?
ロールアウトして、そんなに時間が
経ってないからですかね?


ちなみに僕は、メーカーの指定通りに
デカールを貼ることは
あんまりしないんですけど
今回は「ストレート組み」という制作プランなので
あえてバンダイ様の指定通りに貼ってみます
もう、バンダイ様の下僕でございます
なんなりと申し付けくださいませぇ!
って気分ですw



1429247264_298.jpg

ちなみにデカールは
取説の指定通りに貼らなくても
全然いいんですよ
むしろ言いなりに貼りすぎないほうが
カッコいいんじゃね?
とか思ってますw ←どこが下僕なのだ

いろんなメーカー様からもデカール出てますしねー
ハイキューパーツの「NCデカール」シリーズとかいいですよね
ちなみにデカールは量が増えてきたので
100均のクリアケースに入れて保管してます


あ、水転写式デカールの貼り方は、この記事で紹介してます
プラモデルの作り方 制作講座その16.水転写式デカールの貼り方




1429083848_IMG_3026_296.jpg

全部貼ってやったw ←さっきの発言は何だったのか
150枚くらいw
僕、何気にデカール貼りが好きなんで
あと50枚くらいはイケるぞ?

しかしこれ、カッコいいですなー
F1とかのレーシングカーみたいです
シナンジュがそうだと思ってたんだけど
サザビーもイケますなぁ!
こうなりゃ、ウレタンクリアーでコートして・・・


い、いかん!
今回はオサレなインテリア風を目指したいんで、
そういうワケにはいかんのや!
トップコートは、つや消しでいくんや!! ←



1429084323_IMG_3027_297.jpg

このままでは「遊び」が無さすぎるんで、
強引に「くずす」ことにした
僕の秘蔵っ子の、マシーネンのデカール
「ウイングハート」を貼ってあげましょうね
これで「台無し」にできましたよかったです
本当にありがとうございました


しかし、このサザビーver.Kaは構造が充実してるんで
シンプルなストレート組みでも満足できていいですねー
まさに簡単フィニッシュに相応しいキットかもしれんな



1429029072_IMG_3021_295.jpg

ところでシンプルといえば
この記事を書いている今の季節は春でございます
春といえばタケノコでございます
私、タケノコご飯は今年でもう3回目でございます
炊き込みごはんは、ダシ・しょうゆ・みりんで
炊くのもよろしいかと思いますが
シンプルに「塩のみ」なんてのも、また美味しゅうございます
塩は土佐の(以下略)



はい、強引にねじこみました ←
では次回は、つや消しの検証に入りますー!


[関連記事]

「DIYでプラモデルをオサレに飾る計画」(仮名)がスタートしました

素直みのゲート処理をwave様の「ヤスリスティック フィニッシュ」で行ってみるのだ!

プラモデルの作り方 制作講座その16.水転写式デカールの貼り方

プラモ製作で「超音波洗浄機」は必須だぜー!

2015/04/12

素直みのゲート処理をwave様の「ヤスリスティック フィニッシュ」で行ってみるのだ!



MGサザビーVer.Kaを
「素組みでオサレにディスプレイしてみたい!」
ってことを目指して制作してます



01e2468af1424533ac8dea37307a8c8ea07dd5d397_289.jpg

で、前回の記事では
「このサザビー、すげーいいキットじゃん!」
ということを書いたんですが、
http://phantom12369.blog.fc2.com/blog-entry-167.html

今回はゲート処理について
やっていこうと思います



で、まず初めに言っておくと
プラモデルの「完成」には、
いろんな形があるんですよね



1428814585_IMG_3011_287.jpg

例えば、この「RGガンダム」
これは表面処理はおろか
ゲート処理もせずに
そのまま組んだだけなんですけど、
僕はこれで「完成」としてます

「RGって、どんなキットなんじゃい!?」
っていうのを楽しみたかっただけなので、
これでもう満足なんですよ

フッ、まぁ、いずれ表面処理して
塗装するかもと思って
水転写デカールは用意してるけどな! ←だからどうした



1428814662_IMG_3012_288.jpg


それから例えば、
このマシーネンクリーガー・シリーズの「ファルケ」
これは表面処理して、全塗装してますが
僕の中では全然、「足りない」ので
まだ「完成」ではありません
あと数年ほど寝かして、横山先生に倣って
「○年塗り」をするつもりですw



こんな感じで、プラモデルの「完成」っていうのは
作っている人が「完成!」といったら完成だし、
さらに完成したものに手を加えて
「もっと完成!」にしてもいいんですよw
ホントにもう、作っている人の自由ってことですね



014ee390f75653d57b54dceab1f88d2e58ab4e94e3_290.jpg

で、この簡単お手軽な制作方法である
「素組み・パチ組み・ストレート組み」
なんですけど、
ちょっといろんな呼び方があって、
もしかしたら僕は勘違いしているかもしれないんですけど
これは、キットを塗装せずに、そのまま組んで終わり、
という完成形です
まぁ最初は普通、この形ですよね?

マーカーなんかで軽くスミイレしたりして
クリアー塗料でトップコートするのを
「簡単フィニッシュ」とか言ったりもしてますねー


で、この制作方法でも
ちょっと考えることとか、出てきます


例えば、ゲートをどういう方法で処理するか?
それからトップコートはするのか?
するなら、つやありなのか、つや消しなのか?
その場合のゲート処理は、どこまでするのか?
って感じです



それで、今回制作するサザビーについてなんですが、
ここで正直にいうとですね、
「エアブラシで全塗装」
したくなってもうたwww ←おい


1428818496_IMG_3015_291.jpg

たぶんねぇー、前の僕なら
「宝石のような赤を表現してやるぜぁ!!」とかいって
クリアーを何回も塗り重ねてキャンディ塗装して
シルバーとゴールドでキランキランに塗装して
コッテコテに持っていくんだけど
今回はパステル調でいきたいなぁ、
色はピンクで塗りたいなー、
内部フレームとか思い切ってパープルあたりで(以下略)
って、それコレじゃないかwww


い、いかん!
今回は「素組みでオサレ作戦」にチャレンジするので
そういうワケにはいかんのや!!←




前置きが長くなりました ←ほんまそれ
今回は素組みのゲート処理についてです



■評判のよいwave様のヤスリスティックを使ってみる



1428634688_IMG_2996_276.jpg

で、よく考えてみると、
なんと僕は、無塗装でトップコートして「完成」とした経験が、
今までに、ただの一度もないことに気づいた!
だって、塗装するのが好きなんだもんw
だから今回が、マジで初めての経験です


で、今回は多くのモデラーさんが愛用されている(と思う)
wave様のヤスリスティックを使ってみることにします
用意したのは
・ヤスリスティック 800番[ソフト]
・ヤスリスティック 1000番[ソフト]
・ヤスリスティック フィニッシュ

特に「ヤスリスティック フィニッシュ」は
雑誌やらネットやらで、巷の評価が高い、
というのは前々から知ってました
使い心地が楽しみ!





1428635003_IMG_2997_277.jpg

まず開封したら、
側面にマジックで線を引きますー
僕は線1本を200でカウントしてますから
800番なら4本、
1000番なら5本ってコトですね
こうしておけば見やすいんで
すぐに手に取りやすいんです
線を色で描けば、更に視認性が良くなると思います

ヤスリスティック・フィニッシュは
片面が緑で片面が白だから、すぐにわかるね



1428635386_IMG_2998_278.jpg

では、試してみようか
このパーツのゲート処理をやってみます
写真じゃ分かりにくいけど
ゲートの他にパーティングラインも入ってます



1428635509_IMG_2999_279.jpg

まずタイラー400番でゲートを処理してみる
もちろんココは、ヤスリスティック400番でも
スポンジヤスリでも金属ヤスリでもいいです
形状と気分によって使い分けたらいいのだ!w

ちなみに僕はタイラー、お気に入りです
過去記事に詳しく書いてます→プラモデルの作り方 制作講座その2.お薦めの工具-ヤスリについて(3)─ お薦めのヤスリ「タイラー」の準備の仕方



1428635612_IMG_3001_280.jpg

次に600番をすっ飛ばして
800番のヤスリスティックで行ってみました
この800番、新品だからってのもあると思うけど
感触的に600番に近い気がするなぁ
力の入れ具合で番目が変わる度合いが
紙ペーパーより少し強い感じ?


この「ソフト」は少し材質が柔らかいので
スポンジヤスリっぽいところがありますね
これはいいね、使いやすいです!
ただ「ソフト」なんで、
パーツのエッジが丸みを帯びやすいのが
注意点だと思われー



1428635684_IMG_3002_281.jpg

次に1000番で
ふむ、塗装するなら、もう十分なレベルです



1428635761_IMG_3003_282.jpg

次にヤスリスティック フィニッシュの
「緑面」の方で処理
これはもう、かなり「元の状態」に近づいてます
これは番目的には1500番から2000番あたりかな?
と予想してみます



1428635931_IMG_3004_283.jpg

次にヤスリスティック フィニッシュを裏返して
「白面」の方で処理
おー!!
ピカピカ状態になりましたな!
これはもう、無塗装でも十分ですよね?
これはあれですね、
材質的にはメラミン・スポンジにそっくりですね
おそらく番目的には2500番から3000番くらいかな?
と予想してみます



1428636092_IMG_3005_284.jpg

ここでちょっと、
効率がアップできるか、検討してみます
似たような写真ばかりでスマンw

最初の400番を省いて
800番からスタートしてみます
んで、いちおう消えましたが、
少し時間がかかりますた


1428636144_IMG_3006_285.jpg

今度は最初と同じ400番→800番で行きます
こっちの方が、処理の時間が早いです
やはり400番は、外さない方が効率がいいです



1428636276_IMG_3007_286.jpg

次に1000番を飛ばして
ヤスリスティック フィニッシュの
「緑面」→「白面」で処理
なんか飛ばせる気がする
1000番は気分で飛ばしても良さげかも?

あとこれ、つや消しクリアーで仕上げるなら
ここまでする必要は無い気がします




とりま僕の感想ですが


「素組み・トップコート無し」の場合、
400番→800番→緑面→白面


「素組み・つや消しトップコートあり」の場合

400番→800番→緑面

で良いような気がします


ただし、これも個人の趣向とか、
キットとかパーツ形状とかによっても
変わってくると思うんで
これが絶対に正解とは言いませんけど
ペーパーの番目の上げ方の、
ちょっとした目安になればいいかもですー




しかし、このヤスリスティックのシリーズは
なかなか使いやすいですねぇー
「ハード」の「細型」は昔ちょっと使ってみて
「タイラーの方が好みだなぁ」って思ったんですけど
「ソフト」の大きいサイズは、
今回使ってみて気に入りました!
今後は「その時の気分」で使い分けていこうw






にしても、いろんなツールがあって
メーカー様には感謝ですねー
初心者の方は、どれを使えばいいのか
迷うかもしれないですねw
まぁ何を使ってもいいんですよ
ゲートが消えりゃ、それでいんだよw
てか、消さなくてもいいしね、それはもう自由ですw


ちなみに僕はゲート処理をするの、結構好きです
パーツがキレイになっていくのって
気持ちいいから、やってて楽しいんですよ
ええ、もう、このサザビーもですね、
パーツが、くっそ多いけど、
た、楽しいですよwww ←無理しなくていいんだぞ?



次回は、各種つや消しの
検証をしてみたいと思います!



2015/04/10

行きます!第2回千葉しぼり展示会!!


昨日、急に決めました!
行きます、第2回千葉しぼり展示会!!


201504020633021d0.jpg


もう今から楽しみで!!
まず兄さんに感謝の言葉を
僕の生い立ちから小一時間ほどするでしょ? ←絶対にやめろ


んで、とみさんのマラサイとツーショットするでしょ?

ぷらっちっくさんのダンボーとツーショットするでしょ?

かさ兄さんのダンボーも多分できてるからするでしょ?

んで、超絶作品を拝見するでしょ?


はっきりいって、僕の見なくていいです
てか、もう、見るな! ←こういうこというと怒られるからやめろ


あ、言い訳させてください
僕のマラサイは、
僕がプラモ初めて5か月目に作ったやつなんで、
もう細かいことは忘れたし
それこそ細かい所とか激ヤバなんで、
もう一回いうけど見ないで欲しいです
てか、もう、見るな! ←だからやめろ
もし仮に、何か質問されても
絶対に答えないからなッ! ←おちつけ


ふぅ、言いたいことは、とりま言った
余は満足じゃw


なんなんだ、今回の記事は・・・


(ということで、お知らせ)

模型愛好会「千葉しぼり」が主催するイベント
「第2回千葉しぼり展示会」が
2015年の10月24日(土)
東京の京商センターで開催されます


そこで現在、一般展示卓が募集されており
2015年4月11日(土)23時59分で受け付け終了です


主催者のn兄さんより
「1日、のんびり模型仲間と気兼ねなく、くつろげるBigイベントになるよう、準備中です!!
今回も、楽しくておもしろい模型目白押しですので、ぜひっ、当日はカメラ・名刺を
お忘れなく、勿論、自慢の模型もお持ち下さい!!」


詳細は以下をご覧くださいませ!

n兄さんのプルプル日記
http://nblood.blog67.fc2.com/?no=361

2015/04/08

「DIYでプラモデルをオサレに飾る計画」(仮名)がスタートしました


えとですね
「プラモデルを趣味でやっている」って、
世間的には、あまりポジティブなイメージは
ないかもしれないですね


くさい、きたない、くらい


こんな3K的な先入観が、
世間的にあるかもしれないですね ←それお前の先入観だろ


だからモデラーさんによっては
「趣味ですか?フッ、プラモデルを少々」
ってドヤ顔で公言できない方も
もしかしたら、いらっしゃるかもしれません


まぁ僕自身は公言してるんですけど、
しかしながら、それで
「モテモテになった!ついでに、宝くじにもあたった!
本当にありがとうございます」
という記憶は、これまでに一切ございませんですね(うつろな目)



ところで最近、
しんごaikoさんのブログ「LOVE LIKE MO-K」を拝見して
僕は大きな影響を受けておりますですよ!



DSCN1578s.jpg

(画像をお借りしちゃいました!)


この「アカチャンボー」
めちゃめちゃカワイイやん!!!
てか、これ商品化したらぜったい売れるぞ!?
とか思うんですけど、
なんかこう、これに限らずですね、
しんごaikoさんの写真からは
どれもオサレな香りがしてくるんですよねー
僕もこんなオサレになってみたいどすなー



それで、例えばですね、
プラモデルって何個も作ってると
その置き場所に困ってくるんですよ
で、こんな風に置いたりするじゃん?



1428470658_IMG_2977_248.jpg

あかん、これはダメや!
ワイにはオサレがないんや!!
だからモテモテにもならんし、
宝くじにも当たらんのや! ←



んで、最近はプラモデルをインテリアの一部として
ディスプレイっていうの?
コーディネートっていうの?
なんか完成させたキットをね、
オサレ系な雑貨的な感じで捉えたいなー
って思うようになってきたんですよねー



1428471080_IMG_2979_249.jpg

なんとなくこんな感じで
オサレ感を目指してるんですけど、
まだ何か違う、無理に頑張ってます感がある
オサレというのは自然にさりげないところから
香ってくるのであり(以下略)

とにかく僕はセンスが皆無なんで、
なかなか遠い道のりなんですよねぇ




1428471408_IMG_2980_250.jpg

んで、こないだ「MGサザビーVer.Ka」を
ゲットしたんですけどね、
僕としては、今回は
「塗装なしで、オサレにディスプレイ」
ということをテーマに制作していきたい!
と、そう思い立ったのでありますよ



とか思って作り始めたら
このサザビー、いろいろと感心してもうた!
なんでいったん、オサレから離れて
普通にプラモの話をしたいwww ←多分一生オサレになれない



1428286085_IMG_2961_243.jpg

くっ!あまりのランナー数の多さに
やや、タジろいでまう・・・
僕が今まで組んだ中で
最大のランナー数かもしれない
なんだよ「Tランナー」って!?
もう「Z」が見えてきてるじゃん、
ホンマにコレ、ワイに組めるんやろか・・・?? ←ヒヨってる



1428292906_IMG_2964_245.jpg

と思いきや、組んでいて分かった
パーツが大きいから
「壊しちゃったら、どうしよー」
みたいな心配をせず安心して組めるし、
パーツが大きいからと言って
大味感がないので、満足度が高いのだ!


ランナーにしても、
足、手、といった感じで、
けっこう振り分けられているので
あっちこっちに飛ばずに組み立てられる
ランナーが順番に無くなっていくのは
バンダイ様の暖かいご配慮なのでせうか?
ストレスを感じない、
つまり組んでいて楽しい!


それにしても僕、この足首に萌え萌えーですw
この足首だけ3倍の大きさにして
スクラッチしてやろうか!?
って思うくらい萌えてますw



1428471588_IMG_2982_251.jpg

あと、腰回りのアーマーとか、
同じの2つもつくるのメンドくせー
とか思うこともあるけど、今回は無かったなぁ
なんというか、各部位が充実してて
それぞれが一つのキット、みたいな感覚になりますねー
確かにパーツ数は多いけど、
これが6個入りキットとかだと思えば
多くはないよね?


組み合わせの精度も相変わらず高くて、
気持ちよくパーツが収まるし、
なんかバンダイ様って凄いです
リアル・アナハイム・エレクトロニクスになると僕は思ってるよw

そういえば僕は、メーカー様を呼ぶとき、
「いつも楽しませて頂いて、ありがとう」
という感謝の気持ちを込めて
横山先生に倣って「様」を付けるようにしてるんですけど
(他の方のブログコメにはキモがられるとヤだからつけないけどw)
今回はバンダイ様、あらためて凄い思ったので
もうバンダイ様様とお呼びしたい気分だ ←バカにしてんのか



1428313883_IMG_2966_246.jpg

とりま、この写真を撮りたかったw
よっちんさんのブログのこの記事で拝見した
写真のインパクトがでかくて
「あ、これは僕の作業台の上でも実現するッ!!」
って拝見した時に思ったんですけど
いま、本当に実現したッ!
余は大変に満足じゃw ←お前は何様だ




1428390296_IMG_2974_247.jpg

しかしアレですね
始めから塗装しないつもりだと
気がめっちゃ楽ですねwww
塗り分けやらマスキングやら後ハメやら
ややこしいことは一切考えずに
パーツをギュウギュウ押し込める快感と言ったら
ありませんなぁwww ←調子に乗っている



なんかオサレ作戦から脱線してもうたw
とにかく、オサレを目指したいと
今、考えておるのです!!

・・・多分、頓挫すると思うんだが(不安)






(おしらせ)

201504020633021d0.jpg

模型愛好会「千葉しぼり」が主催するイベント
「第2回千葉しぼり展示会」が
2015年の10月24日(土)
東京の京商センターで開催されるとのこと!


そこで現在、一般展示卓が募集されており
2015年4月12日(日)で受け付け終了となるそうです!


主催者のn兄さんより
「1日、のんびり模型仲間と気兼ねなく、くつろげるBigイベントになるよう、準備中です!!
今回も、楽しくておもしろい模型目白押しですので、ぜひっ、当日はカメラ・名刺を
お忘れなく、勿論、自慢の模型もお持ち下さい!!」


詳細は以下をご覧くださいませ!

「n兄さんのプルプル日記」
http://nblood.blog67.fc2.com/?no=361

2015/04/05

プラモデルQ&Aのコーナー!(エアブラシ塗装関係)


今回、BRさんより、エアブラシ塗装関係の
ご質問を頂きました!
ありがとうございます!
僕はこういうご質問にお答えできることを
喜びに思うんですよ!
ちなみにBRさんは、
これからエアブラシによる全塗装をやってみようかと
考えられているところだそうです!
ぜひ楽しんで頂きたいどすえー!
ということで、はりきって
ご質問にお答えしますぜよー!



ああ、そうだ
最初に申しておきますとですね、
僕の回答は、それが全部、
正しいワケじゃないと思ってます

質問してねー!とか言っといて、
こんなこと言うと、
面食らうかもしれないですけどw


でも、僕もまだまだ知らないことが
たくさんあると思ってますからねー
だから何て言うんだろう、
仮に、他に違う意見があったとして、
「じゃあ、どっちが正しいんだ!?」
みたいなことでは無いっていうか、
その人それぞれに答えがある、
って感じだと思うんですよねー

とはいえ、僕は僕の回答を堂々と言っちゃいますよ!キリッ
とも言えるんですけどねw
では、頂いたご質問を
箇条書きに編集させて頂いた上で
お答えしてみます!キリッ ←




Q.タミヤの塗装ブースで塗料・粉塵を問題なく吸引してくれるの?
A.タミヤの塗装ブースは、クレオスのものと比べて
吸引力が少し弱いらしいですねー
僕はタミヤのシングルファンのブースを使っていまして、
クレオスのものを試したことが無いから比較できないけど、
「ブースの中央に向かって近接から塗料を吹けば」
塗料を吸引してくれますよ ←当たり前だ



1428203763_IMG_2959_241.jpg

僕は30cmくらいの距離で吹いてますね
それ以上離れると吸引力が極端に落ちる、
という印象がありますよ

あと、これに関しては
とても重要な補足をしたいので、
あとで改めてお話しさせてください!




Q.塗料の匂いって、布団や本に移るの?
A.これは、斬新な見解だ!w
ちょいと慣れてしまうと、
こういう観点を失ってしまうんですよ
だからすごく新鮮です!w
そうかー、こういうことが気になるのかー!

えとですね、僕の塗装ブースと
ベッドとの位置関係は、こんな感じです

1428203180_IMG_2954_236.jpg

距離をざっと計測すると1m20㎝くらいでした

で、シンナー臭ですが「移りません」w
揮発性が高いからなんですかね?
塗装中はシンナーの臭いがしますが
長時間その臭いが立ち込める、
ということはないですよー
だから安心しちゃいなYO!
それよりも重要なことがあるんですよ
あとで補足しますね





Q.どれくらいの空間があれば塗装ブースを置けるの?
A.んとね、これくらいw

1428203268_IMG_2956_238.jpg

30センチの定規を置いてみた


1428203196_IMG_2955_237.jpg

分かりずらいかな?

01029a43f08b99b1000a86fd307b9c735fe905a04d_242.jpg


重要なのは排気ホースですねー
排気できる窓との距離が重要ってコトですね
ちなみに延長ホースが発売されてますけど、
無限に延長はできませんw
まぁ、しようと思えばできるけど
吸引力が落ちると思うんで
延長は1個が限界だと考えた方がいいと思いますね
アタッチメントをつければ窓を開け閉めせずに
排気ホースを設置できますよ
詳しくはこちらのページに書いてますー!

プラモデルの作り方 制作講座その6.塗装について─エアブラシの導入について




Q.塗料はどうやって揃えていけばいいの?
A.実はね、塗料って、混ぜて使えるんですよ!
これを調色っていうんですけどね、
先に言っておくと「塗料の種類」は
「ラッカー」がオススメです
メーカーは「クレオス」「ガイアノーツ」の2社がメジャーで、
同じラッカーならメーカーが違っても混ぜて使えます

「水性(アクリル)」「ラッカー」「エナメル」
と種類があるんですけど、
まずはラッカーを中心に揃えるといいですよ!
他の種類は、最初はいらないです(断言)
水性とラッカーを混ぜて調色とかできないから
ラッカーに統一が〇です


1428203642_IMG_2957_239.jpg

で、色についてなんですけど
「白」「黒」は、ぜひ持っといてくださいなー!
何でかというとね、
「調色で色を変えられるから」なんですよ
これがねー、難しいけど、楽しいんですよw


難しいことを言うとですね、
「白は明度を上げて、彩度を下げる」
「黒は明度を下げて、彩度を下げる」
ことができるんです
両方とも「彩度を下げる」って書きましたけど
入力ミスではないですよ?w

ついでにいうとガイアノーツの「純色シリーズ」または、
クレオスの「色の源シリーズ」を使えば
彩度を下げずに色相を変えられます
色相・明度・彩度の違いは、いずれ分かってくると思います
今はそういう単語があるとだけ覚えておくとよいです


まぁ、とりま最初は
「キットに使いたい色」+「白」+「黒」
でいいと思います
調色を楽しみたいなら
上で述べた彩度を下げないシリーズの
「シアン」「マゼンタ」「イエロー」の三原色を追加です


あと、ついでに言うと「調色スティック」は、
ぜひ最初から使ってください!
僕は最初「節約じゃー」とか言って
竹串とかでやってたんですけどねw
やはり純正・正規のものは使い勝手が違いますから!
欲を言えば2本セットを
最低2つは揃えておきたいですねー
つまり計4本、ってことですね
なぜ2本では不足なのかは、
実際にやってみれば、お分かりになると思いますw








Q.近くに模型店が無いんだけど資材調達のオススメの通販サイトってある?
A.ごめん、しらない ←おい


あ、あまぞん・・・ ←言われんでも知っとるわ

よ、よどばしかめら・・・ ←それも知っとるわ

ら、←その先は言わなくていい

じ、Gパーツ・・・ ←そんなん初心者にオススメすんな

ちがうわい、ジョーシンって言おうとしたんだい! ←言い訳すんな


ということで100均にお出かけくださいませw

プラモデルの作り方 制作講座その15.プラモデル始めたら100均でこれ買っとけ




Q.もしphantomさんが講座のエアブラシ導入の内容以外に現時点でオススメするものがあれば教えて
A.はい、この質問を待っておりましたw
前フリしておいた「補足説明」をいたしますw



1428203709_IMG_2958_240.jpg

「防毒マスク」
これを注文してください

ちょっと今から、僕の考えを述べさせていただきます
ここから、超マジモードに入ります
もしかすると気分を害されるかもしれません
それでも言わせて頂きます


最初は、防毒マスクの重要性に気づかずに塗装しておりました
ですから、あの記事の中では、触れていませんでした
最近になって、防毒マスクを入手しました
使ってみて分かりました
これは、エアブラシ塗装時に
絶対に必要だったのです


塗装ブースを発売しているメーカーは、
防毒マスクを販売していません
wave様が簡易マスクを販売してはいますが、
あれではダメです
実際に使ったので分かります
あれではダメです
風邪用のマスクなんてもっと意味がないです

屋内で塗装するなら、防毒マスクは絶対に必要です
各種メーカー様は、このことをもっと真剣に考えて
大々的に告知する必要があります
現状では足りません、全然足りてません
だからユーザーの認識が、ものすごく甘いです
それは申し訳ないけど、各種メーカー様の責任でもあります


僕は横山宏先生を模型の神様だと確信してますが、
その僕でさえ、横山先生が
「したほうがいい」と言われていたにも関わらず
すぐに重要性を理解しなかったくらい甘かったです

「ちょっと高いし、ものものしいし、簡易マスクがあるし」

と言い訳をしていたんです
しかし実際に使ってみて、重要性が分かりました
軽視していたんです
認識が、甘かったんです
「部屋の換気を十分に」では足りませんよ
でも水性塗料、ファレホあたりなら、いいのかなぁ?


ついでに言うと既にエアブラシを持っていて、
防毒マスクを持っていない方は
今すぐに注文してください
明日ではダメです、今すぐに注文してください
今すぐの注文がどうしても無理なら、
後日注文して手元に届くまで
エアブラシ塗装は控えてください
あなたの身体のことです
僕は長く健康に模型を楽しんで欲しいのです



(超マジモード解除)



ふぅ、僕がこれだけ言っても、
たぶん、全ての方に全てが伝わらないことが
自分で分かってしまうのが
切ないというか、残念というか・・・
まぁ、それも自由ですからねー
無くてもエアブラシ塗装自体はできるからなぁ
でも使った方がいいよ?
シンナー臭を完全にシャットダウンできるよ


ごめんね、最後にヘンな語りになってしまって
これをすごく言いたかったし、
今まで記事にしてなかったのは
怠慢だったと思ってるんですよ
この機会に言えてよかった、
ありがとう、って感じですw


ちなみに僕は「3M 防毒マスク面体 6500QL」を使ってます
本体にカートリッジ「3M 吸収缶 デュアルタイプ 有機ガス用 6001」を付けて使います

クイックラッチで口元をすぐに出せるので
塗装中でも一息つけて飲み物とか飲めて便利ですよ




(追記)
Pak43さんより情報を頂きました
http://www.trans-style.jp/html/page8.html
より画像を転載しますが問題があれば削除します(2015/4/11)

boudokumaskinfo-1.gif
mask3mdoku-1.jpg

boudokumaskinfo-2.gif







今回の質問以外にも質問があったら
ぜひお待ちしてます!
何でもお答えしますよ!



(追加のご質問)

Q.リューターやヤスリ等で粉塵がすごそうですが、これもブースでやってるの?
A.僕の場合はですね、使ってないなぁw
ヤスリの粉塵ってのは、そんなに気にならないけど
マスクをつけてやることはありますね
この場合は簡易マスクなんですけどねw

あと粉塵が気になる場合、
水をつけてヤスると軽減できますね
これを「水研ぎ」っていいます
僕、100均の項目で、トレイって言ってるでしょ?
トレイに水を少し入れて、それで水研ぎするんですよ
あと水もね、100均のソース入れに入れて
作業台に常備してますね
これで思い立ったらソッコーで作業に入れるんですよ
わざわざ洗面器とか用意しなくていいからオススメですよw


で、リューターの場合なんですが、
僕はプラモの空き箱を立てて、そこで作業してますw
これについては、そんなオススメってワケではないなぁw
もっと良い方法があるような気もしてますけど
そんなパテを削る作業って、
今のところは出てこないんで
こんなヘタレな対策で終わらせてますw

ハンズに行けばリューター粉塵対策用のブースも売ってるし
卓上の掃除機みたいなのもありますね
あと普通に掃除機を使っている方もいらっしゃいますね
フットスイッチを組み込んでたりしてましたよ?
いいアイデアですねぇー!
いずれも僕は使ったことがないので紹介できないけど
詳しいレポとかあったら逆に読みたいなーw





Q.塗装ブースが高めに置いてあるけど塗装時は立って塗装をしてるの?
A.いい着眼点だなぁ!!
それは鋭いよ!!
引き出すのが上手ですねぇ!www

僕の場合、座ってでも立ってでも
塗装できる位置に塗装ブースを設置してますね
普通は座って塗装するんだけど、
ノッてくると立って塗装したりしますよ! ←絵描きかっ!

これはね、「プラモつくろう」という動画で
「ヤマザキ軍曹」というモデラーさんが実演されていて、
おおーって思ったんですよ
ヤマザキ軍曹さん曰く、
立って塗装すると集中できるそうで
僕も実際にやってみたら、
確かに、集中できる感じなんですよ!

なので、塗装ブースの設置場所って、
窓との距離に問題がありそうなら
作業台の上じゃなくて、思い切って別の場所に
高めに設置するのもアリだと思いますよ?

んで、「いいねーいいねー!」とか
パーツに声をかけながら塗装してみるとかw ←カメラマンかっ!
2015/04/02

本日は4月2日ですよw


いやー昨日は公式系、非公式系と
短い時間ながら大変ワロタさせて頂きましたw


とりまテンプレを元に戻したいのと
昨日の記事がブログの一番上にあるのはヤなんで
強引に記事をアップしますw
本当はこういうことも書かないほうが
イキでイナセなエイプリルフールって気もしますけどねw



面白かったのがたくさんあって
たくさん紹介したいんだけど
ここは公式系、非公式系と
1個だけ紹介することにして
また来年、楽しませていただきたいと
思う次第でございます!



■公式系

「書籍『ジョナサン・アイブ』公式!広島弁CM」



公式系は広島県民としてコレにします!w
特に0:52秒あたりのしゃべり方で爆笑したwwww
出オチ系だと思うんで、
全部見なくていいと思いますけどねw
これクッソワロタwww




■非公式系

雨音さんのブログ

キャプチャ0401

これはツボった!!w
ストライクゾーン超小さいので
分かる人にしか分かりません!w
しかし完成度が非常に高くて、
思わず画像をキャプっちゃいましたw
出だしの口調が、ほんとソックリだったw
ぜひ来年は100%自演で乗り切っていただきたい!w
しかし二年連続でやって、
ネタとして成立するものなのか!?
とにかく来年も期待してますww




あ、いちおーココは、
プラモデルのブログですからねw
最後に本気系を一つご紹介させてくださいー!



■本気系

キャプチャ040102

情景師アラーキーさんの、ガンダム×ホンダのコラボ!
こういう本気系は
拝見していて気持ちが良いですんー!w


ではでは、来年も楽しませてくらはいー!!

2015/04/01

芽吹き生い茂る春ですね^^




もう春ですね^^
春の野菜といえば、いろいろありますね
私はやっぱり旬のものを食べたいという気持ちがございまして
たとえば冬なんかはミカンを頂いておりましたね



01a239889299258f92aea3cf98591c80d096a7d343_234.jpg

ミカンにはいろいろな効能がありますよね
例えば風邪の予防ですね
風邪をひきやすい冬に旬のみかんを食べることで
風邪の予防になるんですよね
つまり旬のものを食べるということは
健康に良いということなんですね
つまりミカンはえらい!ということなんですね^^
だから今の時期ですと春のお野菜をいただくのが
健康にいいんですよね



さてさて、春の野菜というと
何が思い浮かびますかね?
春という漢字から春菊とか思い浮かびますが
春菊って冬が旬だった気がしますね

ええ、いまグーグル先生で調べたらやっぱり冬でしたね
冬菊に改名すると分かりやすいかもしれませんね^^
そういえば春菊といえば定番の食べ方以外だと
春菊のジェノベーゼなんて美味しいですね



0188e79436de09ab51674ad769aa2a3a89cfe7b2ac_235.jpg

生の春菊をクルミ、レモン、塩、オリーブオイル、ニンニクと一緒に
フープロでガーしてパスタと和えるんですよね
これはクルミがポイントですね
ああ、カシューナッツとかでもいいかもしれませんね
それにしても、なんかこの口調は少し自分でもイラッとしてきますね^^



あらら、旬の野菜の話をしようとしたら
春菊の話になってしまいましたね
私は昨日は菜の花のテンプラをいただきましたね
これなら春の話題に戻れますね
それで衣は、米粉と重曹と塩だけで作るんですよね
私はなるべく添加物や化学調味料を使わない食生活なんですけど
乳製品や卵、あと肉も魚もあまり食べないんですよね
たまには食べますけどね
あと小麦粉ってあまり身体によくないという話もあって
私は最近は米粉を使うようになってきましたね
おやつを作るときも最近は米粉をよく使いますね


あれれ、どうして旬の野菜の話をしようとしてるのに
違う方向にいってしまうのでしょう
それにしてもこの口調は少しイラッとしますね^^


なんかキャラ設定がうまくいってない気もしますけど
それでは、あしたこそ旬のお野菜の話をしてみますね^^