--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014/12/27

プラモデルの電飾とか、いつかやってみたいかもー!(やるとは言ってない)


唐突だけど「機動戦士ガンダム ジ・オリジン」の予告2って
戦闘シーンがスゲーっすな!
こりゃ劇場で見る価値があるぜー!と思ったんだけど
広島じゃ、やらないみたい・・・orz




原作的にはガイア大尉は
あんなセリフは言わないと思うんだけど
カッコいいから全然オッケーですw




ということで、ちょいと雑記です

今のところプラモデル関係の雑誌って

・ホビージャパン
・電撃ホビーマガジン
・モデルグラフィックス

の3誌がありますけど(他にもあるけど)
内容の構成としては
ホビージャパンと電撃ホビーマガジンは
似てますよねー

基本的にホビー商品の新作紹介と
初心者向けの制作講座で
構成されてるって感じ?



モデルグラフィックスの方は
内容が2誌と比べて少し高度というか
上級者向けな感じかな?
とても参考になる内容が多いのと
平易な文章で構成されていて
僕はこの中ではモデグラがお気に入りです
最近はマシーネンコーナーが
無いのが気になるんだけど・・・


で、たまーに買ったりするんですが
「モデルグラフィックス」の2015年1月号は
電飾特集でしたね



011e47caf5830db51b425bd58d68bd3371bf06d2a5.jpg


僕は電飾には、まだほとんど
手を出したことはないんですが
いずれ挑戦するかもしれないので
資料として手に入れておきました

内容は、さすがモデグラ、
分かりやすくて参考になりますな!
いずれムックとして再編集されて
発売されそうな充実度ですた!








そいえば電飾といえば
こんな動画がありますね


「ガンプラ ゲルググを本気で作ってみた」





これ見たときは感動して鳥肌が立ったよ!
電飾には鳥肌効果があるねw




あ、ちなみに電飾に使うLEDなんですけど
青色のLEDって人体に害があるらしいです

メダカに青色LEDを浴びせたところ
背骨が曲がった、というネット記事を
見たことがあります
メダカの写真を見たときにはビビりましたwww


あと、目にも悪いらしんですよ
もし、いずれ使うときには気を付けたいなー
とか思ってます←使うんかい

スポンサーサイト
2014/12/19

プラモデルの作り方 制作講座その34.スジボリのやり方(暫定版)

今回はスジボリのやり方について
書いてみますです


DSCN0838.jpg

実は、僕はそもそもスジボリにあまり関心がなく
正直、技術的にもドヘタだし、センスもないんですwww

だから、あんまスジボリには触れないで
おきたかったんだけど
ebavoさんからリクエストを頂いたので
スジボリの方法を「暫定版」
ということで書いてみます


あんま参考にならないかもしれないし
どうでもいいことをダラダラと自信なさげに
書いてしまうかも・・・
しかも間違えている情報とか
あるかもしれませぬ
なんか頼りなくてスマンwww
まぁとにかく書いてみます




●スジボリの種類について

言い換えると「スジボリとは何か?」ってことですかね
これは大きく分けて
4種類あるんじゃないかと思います
他にもあるかもしれないけどね
それぞれ見てみましょうか



○その1.元々キットにあるモールドを彫り直すスジボリ

DSCN0842.jpg

キットに元々ついているモールドを
自分で彫り直すことで
よりラインをピシッと見せる、
というスジボリですね
このガンダムはHGのver.GFTなんですけど
モールドがRGみたいでカッコいいですよねー


これはモールドを彫り直してスミイレしたんですが
よりスジボリを強調させたくて
エアブラシでグラデーション塗装をしてます
スジボリとのコンボ技って感じですね


スミイレのやり方についてはコチラの記事を
参照してくださいまし→プラモデルの作り方 制作講座その25.スミイレのやり方

グラデーション塗装についてはコチラ
プラモデルの作り方 制作講座その9.グラデーション塗装の方法




○その2.マイナスエッジを彫るスジボリ

DSCN1935.jpg


「仮に実在するのであれば、別パーツであろう箇所」が
キットでは一体成型になっている部分、
という場合がよくありますよね?
たとえばHGのザクやグフの肩のトゲ部分など
一体成型のマイナスエッジですね(上のトゲは別パーツ)
マイナスエッジというのは
Lという形で説明すると「内角のカド部分」のことです


そういう箇所をスジボリすることで
元々1つであるパーツを、あたかも複数のパーツで
構成されているかのように表現することができます
パーツ数が増えたように見せることで
より工業製品らしさが増すというか
作品にメリハリを付けるのに効果的って感じです




○その3.パネルラインの新規作成のスジボリ

01c7d5c906258647f18d5362b0937742561e022171.jpg

一般的にスジボリというと、こちらを連想しますよね
写真は「ノモケン3 ガンプラ完全攻略ガイド」
から引用したHGジオングです

ガンプラでいうと、もしMSが実在するなら
たくさんのパーツで組み上げられているハズですが
1/100のMGマスターグレードにしても
1/144のHGハイグレードにしても、
プラモデルという模造品では
それら「たくさんのパーツ」の構成は
一枚の板として省略されて表現されているワケです
RGリアルグレードは初めから
実在の考え方でパーツが構成されていますけどね


そういう省略されたパーツの構成を
自分なりに解釈して、
パネルラインとして新規作成することで
精密感とか工業製品らしさを演出する、
そういうタイプのスジボリです




○その4.幾何学的な模様のスジボリ

DSCN0426.jpg

これは「その3」をさらに飛躍させた表現、
といえばいいんでしょうか?
プラモデルを実物の模造品ではなく
「一つの作品」として捉え
独創的なラインを描くことで
芸術性みたいなものを表現する方向です


あ、いっとくけど、このキュベレイの
スジボリのデザインは僕のオリジナルではありません
Maさんという方の作品を拝見してシビれまして
自分でマネっこしてみただけですww
このデザイン、超カッコいいね!
よく思いつくなぁーって感心しちゃいますよw
ちなみに尾の部分のスジボリだけで
6時間かかりました・・・




●スジボリのデザインについて

スジボリのデザインについて
もう少し考えてみます

新しく自分でスジボリを行う場合
何もないフラットな面を目の前にして
「さあ、スジボリしてみなさい!」
と言われても、どうすればいいのか
経験がないと分からないよね?
ハッキリ言って、僕も分からんwww


ただ、参考になる考え方を
プロモデラーがのユモトさんが紹介されていたので
それを紹介してみます


○「直角と並行を意識する」

suzibori001.jpg

たとえばよくある連邦系MSの腿の側面とか
こんな感じになってますよね?
ここに「直角」を意識してラインを新設してみます



suzibori002.jpg

はい、こんな感じですね
パネルラインが増えました
では、もう一つ例を見てみましょう



suzibori003.jpg

たとえば、ザクのシールドがあるとします
ここに「平行」を意識して
ラインを追加してみると・・・



suzibori004.jpg

たとえばこんな感じ?
んー、僕はセンスがないんですよ、スマンw


とにかく「直角と並行」
これがベースとなる考え方で
あとはその人のセンスですかねー?
なんか投げやりで、ほんとゴメンw



では、スジボリの種類の紹介が終わったところで
次はスジボリの道具について紹介します




●スジボリの道具について

「スジボリを何で行うか?」ということですが
いろんな道具があると思います
パッと思いつくのは


・デザインナイフ
・Pカッター
・針やニードルなど尖ったもの
・キサゲ
・ノコギリ
・エッチングソー
・ノギス
・目立てヤスリ(両刃ヤスリ)
・ノミ
・スジボリ堂のBMCタガネ
・クレオスのラインチゼル


って感じでしょうか
なんかいっぱいあるねw
まだ他にもありそうです


これらの道具を使って、
1種類で彫る場合もあるし
複数を組み合わせて彫る場合もあります


0123f986dec2d70b06b05677ff7a1a762f8e9d62c3.jpg

オススメなのは、彫ったミゾの形状が▼ではなく■となる
BMCタガネですね
あと、僕は使ったことないけど
クレオスのラインチゼルも同じ機能なんじゃないかな?
彫るミゾの幅に合わせて
いろんな種類が発売されています


ちなみにガンプラのHGだと0.15mm前後
MGだと0.3mm前後がスケール的に
良いミゾ幅である気がします
好みもあると思うので
一概には言えない気もしますけどね







●スジボリの力加減について

で、これらの道具を使って
スジボリするワケですが
この力加減っていうのが結構、難しいんですよねー

「軽く何度もなぞるように」

「決して“彫る”という強い意識で行わない」

とよく言われます
でも、ついつい力を入れて
彫ってしまうんだよねーw
僕はシャーペンで線を描くくらいの気持ちで
20回とか回数を決めて
頭の中で数えながらやってます




●失敗したときの処理について

で、実際にスジボリをやろうとするとね、
まぁ、失敗しますよw
ラインがはみ出たり、ラインが歪んだり・・・


でも、あるプロモデラーが
「ここのスジボリを5回やりなおした」
って言われてたんですけどね、
僕はそれを読んで

「はぁー、プロでも失敗するのかー?
しかも5回もやり直すのかー?
スジボリって、そういうものなのかー」

と思いました


なので、始めから何回か失敗する前提でいくと
精神的にいいのかもしれないですね
もしかすると、これがスジボリを行う上で
一番のポイントなのかも?とか思うなー


例えばラインが歪んだりしても
気にせずに他のラインもどんどん彫っていって
全部終わったら

「はい、まず1回目が完了ねー
失敗したけど、あと4機も残機があるから、
だいじょうぶいっ(`・ω・´)v!」

みたいなノリが良いのではないでせうか?
ってどう??
ダメですか?ww


ちなみに修正はラッカーパテや瞬着などで埋めて
再挑戦って感じです
だからスジボリは
「表面処理の前に行う」
のがベターだと思いますよ

修正については、この記事をご参照くださいましー→プラモデルの作り方 制作講座その5.合わせ目の消し方について




●失敗を防ぐ工夫

まぁそれでも、なるべく失敗は少ない方が
良いに越したことはないので
はみ出しやすい所に
マスキングテープなどを貼って保護しておくと
事故を防げる可能性が上がります


それからもう一つ、
失敗を防ぐ工夫として
スジボリする手順を考えると良いですね
これはちょっと詳しく紹介してみます





●スジボリの手順について

suzibori011.jpg

実際のスジボリの彫り方なんですが
さっきのモモの例をとると
AとBという2種類の方向が
考えられますよね?

どっちがベターかというと
これはAだと思います
なぜならラインを彫るときに
パーツの外に逃げられるからです
Bの彫り方だと、交点を飛び出してしまう
危険性があるんだよね


でも、逃げ道がない場合もあります


suzibori006.jpg

たとえば、こういうラインを彫りたいとします
これを一筆書きでやろうとすると
上手くいかないので
ラインを分割して考えるんですが・・・



suzibori007.jpg

重要なのはa点とb点ですね
ここが繋がってないと変だし
飛び出てもマズイ
そこで、まず針などで
「点を打つ」と良いとされています
その点がストッパーの役割となるわけですね



suzibori008.jpg

で、実際に彫るときは
こんな方向で彫るのがベターかもしれません
③と④に関しては別に分けなくてもいいんですけど
最初にa点からb点までのラインを彫った後に、
a点から中心付近まで、
b点から中心付近まで
というように深く彫っていくと
交点を飛び出してしまうミスを防げるかもしれない
という意味で紹介しました




●パーツの固定について

実際にスジボリをするときに、
パーツを彫りやすいように保持するのが
実はかなり重要だったりします
上手い人とそうでない人の差は、
実はこういうところで
ついているのかもしれないすなー

僕は上手い人がどうやってパーツを保持しているのか
よく知らないんですけどね、
こういうものを提案してみます


01d335878f2e4617e4eaa331cecf0bd3cc9d8746ca.jpg


これ「ブルタック」っていう
粘着力のある粘土みたいなものなんですけど
なんか使いやすい!

とにかく粘土でもクランプでも万力でもいいんですが
何かしら持ち手をつけることで
作業がしやすくなります
こういうのも失敗を防ぐための工夫ですね

ブルタックは粘土みたいにベタベタしなくて
何度でも再利用できるんで勝手がいいですよ
バーニアとか小さいパーツを塗装する時の
持ち手にも使えるし
フィギュアのポーズを
仮組みするときにも使えるみたいです

ブルタックはかなり潜在能力の高いアイテムで
いずれ「ブルタックのいろいろな使い方」
って記事を書けそうな予感がしてますw






●型紙を用意する

スジボリで重要な部分ですね
ここがおろそかでは
絶対に上手くいかないだろうなーって部分ですねw
メンドクサイかもしれないけど
これを用意しないとスジボリは不可能といってもいいので
準備をきちんとするのが
大切なんだと思うです、はい←過去の失敗を脳内再生中


ええと、型紙として使えるものとしては

・マスキングテープ
・厚めのクリアビニールテープ
・両面テープ
・スジボリ専用テープ
・ダイモテープ

などですかね
両面テープが使えるというのは
ebavoさんのアイデアで
これは思いつかなかった!


あとはプラ版ですね
0.2mmとか0.3mmのプラ版を
自分で彫りたい形にカットして
パーツに瞬着の点着け、またはテープなどで固定して
それをガイドに彫るわけです





●実際に彫ってみる

ここまで前置きが長くなっちゃったw
では実際にちょっとやってみます



1418269736_IMG_2155.jpg

まず、パーツを用意して
ラインを考えます
今回はジムⅡのウデの部分に彫ってみます
ラインはRGガンダムにならってみよう


あ、成型色の関係で線が見えにくい場合は
サフを一回吹いとくとやりやすいかもです
彫ったラインも確認しやすいからね



1418269830_IMG_2156.jpg

んじゃ、とりま鉛筆でラインを引いてみます
ここは多少歪んでいても構いません
イメージを確認するって感じですな



1418269921_IMG_2157.jpg

そしたらパーツにマスキングテープを貼って
上からペンなどでラインを転写します
あ、すでにブルタックでパーツを保持してますね



1418269999_IMG_2158.jpg

んで、ラインを転写したマスキングテープを
一回プラ版に貼ります
ガイドを制作するワケですな



1418270281_IMG_2159.jpg

プラ版を切り出しました
これがガイドになります
さっきの鉛筆下書きは
歪んでても大丈夫だったけど
プラ版の切り出しは直線・平行に
なるように注意します



1418270494_IMG_2160.jpg

そしたらガイドをパーツに貼ります
貼り付けは黒瞬着でもハイスピードでも
お好みの瞬着でどうぞ
これを「瞬着の点付け」っていうんですけど
ちょっと説明すると・・・



1418271224_IMG_2166.jpg

まず、なんでもいいので台座を用意します
僕はミンティアの空きケースにビニールテープを貼って
それを台座にしてます
ビニールテープを張り替えれば
再利用できるんでラクですよ!

で、つまようじなり、針金なりで
瞬着をチョンチョンとすくって
それからパーツにチョンと乗せます
瞬着はベタベタとつけないで大丈夫ですよ



1418270849_IMG_2161.jpg

それじゃBMCタガネの0.15mmで彫ってみます



1418270890_IMG_2162.jpg

はい、彫りました
そしたらガイドのプラ版を剥がします
剥がし方は、デザインナイフを差し込むと簡単にとれますよ
簡単に剥がすために「瞬着の点付け」をするワケですね
いま、プラの表面に瞬着がついてますが
これをペーパーで処理します



1418271044_IMG_2164.jpg

ペーパーをあてました
スジボリでラインが引けましたね
一応、これでスジボリ完成って感じです



1418271206_IMG_2165.jpg

ではガイドを反転させて
反対側も同様に彫ります
ガイドがあるから左右対称のラインを
引けるわけですね



1418271686_IMG_2167.jpg

次に正面の部分に彫ってみます
ここもRGにならって「H型」に彫ってみますね



1418271809_IMG_2168.jpg

今度はガイドテープを使ってみます
スジボリ専用のテープが発売されてます
色のついたダイモテープっていうのもありますけど
僕的には透明の方がやりやすいと思うです






suzibori009.jpg

それで、ここの手順なんですけど、
あなたならどう彫ります??
ちょっと考えてみて!




suzibori010.jpg


僕はこういう手順で彫ってみます
①と②、③と④、⑤と⑥は
あえて分ける必要はないんですけど
何回か彫っているうちに
そういう方向で彫ることもある、って意味です




1418271909_IMG_2169.jpg

では、まず縦ラインですね
写真じゃ見えにくいかもしれないけど
平行になるようにガイドテープを貼ります



1418272140_IMG_2170.jpg

縦ラインを2本彫りました
次に横ラインを引きますね
下辺から2㎜の位置にしてみようかな?
この位置決めをどうするか、ですが・・・



1418272208_IMG_2171.jpg

ここはマスキングテープを使って
下辺から2ミリの位置を
なるべく正確に測ってみます



1418272413_IMG_2172.jpg

マスキングテープを2㎜幅に切って
パーツに貼りました
このマスキングを2枚くらい重ねて
ガイドにしてもいいんですが・・・



1418272553_IMG_2173.jpg

今回はマスキングの位置に合わせて
スジボリ用のガイドテープを貼りました
そしたらマスキングテープは剥がします
これで2㎜の位置決めができました



1418273973_IMG_2175.jpg

はい、彫りました
横ラインは0.3㎜のタガネにして
ちょっと変化をつけてみました





ええと、こんな感じでスジボリの方法について
書いてみたんですが参考になりますかね???

もし不明点とかあったら質問してくださいましー
答えられる範囲でお答えしますよ
まぁ僕のレベルでは答えられないかもしれないけどwww


とりま以上、スジボリのやり方(暫定版)でしたー
参考になれば幸いでござる!
2014/12/10

「積みプラ」の別の表現を考えてみたい!(悪ノリ)


とりとめのない雑記です


僕のこの「プラモデルはじめました」というブログはね、
いわずもがな、プラモデルのブログですよ

このブログには自分で決めた
いくつかの、ゆるーいルールがあって
それを「ゆルール」と呼んでいるんですが
その中に


・プラモデル以外のことは、なるべく書かない

・時事ネタは、なるべく書かない


という「ゆルール」があるんですけどね、






1418185861_IMG_2152.jpg

hideの新曲、「子 ギャル」が発売された

これ、ボカロで声を再現してるんだけど
マジでhide(以下略)







てか寒い!!
今から、もっと寒くなったら、
僕はどーすればいいんだ!?



1417841264_IMG_2134.jpg

寒いから焼きミカンとマフィンを同時に焼いた

ちなみに、みかんは皮ごと食べます
実は、みかんの皮には凄い効能が(以下略)
マフィンとか、バターも卵も使わずに10分で(以下略)





ということで
なんか雑記をつらつらと書きますw
有益な情報は、何一つありませんw
なんかスマンw





それでね、プラモデルの
キットについてなんですけどね、
僕が初心者のころは
一個完成させたら、
「さて、次は何を作ろうかなー?」
とワクワクさせて
次のキットのことを考えてました



たとえばスケールでいうと、
最初はガンプラオンリーだったんで
大作としてMGを作るじゃん?
そしたら疲れるじゃん?w


だから気休めにHGを作るじゃん?
で、もう一回くらい遊びでHGを作るじゃん?
これは別に素組みでもいいんだよね
そしたら、そろそろ大作を作りたくなるじゃん?
だからMGを作るじゃん?
そんなローテーって感じだったなー


そういや制作するキットを
連邦→ジオン→連邦→ジオン
みたいなサイクルにしていた気もしますw


あと塗装方法でいうと
キャンディ塗装→パール塗装→ソリッドカラー塗装
みたいなローテーションにも
していた気がします


こーやっていろんな組み合わせをして
楽しんでいました
まぁとにかく作るのが楽しいんで
次々に作っていきました




それが、いつ頃からでせうか?
完成させる前に次のキットを買い、
さらに次のキットを買うという
いわゆる「積みプラ」が、
少ーし増えてきますた



1417720927_IMG_2117.jpg

制作が追い付かないっていうか
作りたいイメージだけ先行しちゃうというか・・・
あとコンテストの賞品のキットとかも
ちょびっとだけ頂けたりもしてきて・・・えへ←うざい




「積みプラ」っていうのは、まさに言葉通り、
箱のまま、放置プレー状態のキットが
山積みになることですな
完成させずに置いておく罪悪感から
「罪プラ」とも言われるようです



でもなー
なんか「積みプラ」って言葉、
僕はあんまり好きじゃないかも・・・
とりあえず罪悪感は、僕の中には無いかなあ?
いつか必ず作るつもりなんだけど
いろいろな理由で待機中なワケですよ



1417721007_IMG_2119.jpg

例えばさ、マシーネンのキットとか
今を逃すと次に手に入らない可能性があるんで
在庫があるうちに買っておきたいんですw
なんか一期一会に近いんですよ



ガンプラはバンダイの供給ラインが
しっかりしてると思うんで
あんまり感じないけど
プラモデルのキットって
「その時を逃すと、次にいつ出会えるかわからん」
というのが割と多い気がします
ていうか、こっちの方が本道な気もするんだよねー
むしろバンダイのガンプラの方が特殊って感じ?



まぁ、ともかく「積んでる」という表現は、
僕はあんま好きじゃないかも?
あくまでも待機中なワケですよ
「美味しくするために寝かしている」
という感じかな?








1418020766_IMG_2146.jpg

美味しく焼けますた
ビスコッティは浸して食べるとウマー
自家焙煎もどきの小豆茶に(以下略)




1417721066_IMG_2121.jpg

ということで、いろんなところに
まだ組んでないキットが置いてあるんですけどね、
なんか言い訳してるみたいだけど
いつか絶対に作るんですよw



それでね「積みプラ」の
別の表現を考えてみたいんだよねー
候補としては




・出撃待機中キット

・スタンバイキット

・ただいま熟成中!キット

・早めに買ってしまったフライングキット

・会いたかったキット←意味不明

・お寝んねキット(-.-)zzz・・・




この中では「スタンバイキット」が
一番いいかなー?
しかし「お寝んねキット」も捨てがたいなw



013c98fa159b984cb178c9c7707b085d5a2ac36ddb.jpg

ということで
また一つ、「スタンバイキット(仮名)」が
我がアトリエに到着しましたw
マシーネンのスノーマンです


ぬー、箱絵、カッチョええなー
もはや「ジャケ買いキット」と名付けるかwww




1418151402_IMG_2151.jpg

最後にレモンタルト
バター・卵・乳製品を使わず(以下略)





・・・今回、悪ノリしすぎました
ごめんなさいもうしませんw





2014/12/05

ちょっとだけ「第17回全日本オラザク選手権」の感想とかw


もう寒いよwww
冬だよwww

僕は冬が苦手っていうか
寒いのが超苦手っていうか
とにかくメチャ寒がりなので
冬になると、どうもプラモの制作時間が
減る傾向にあるみたいです
なんか今年もそんな感じになってますw



1417594084_IMG_2109.jpg

だから、チャイクッキーとか作ったw←意味不明

僕は食事については
それだけで一本ブログを立ち上げられるほど
大いに語れるんだが
まぁスレチなんでやめておこうw
てか、めんどくさいから、そんなブログはしませんw


まぁ考えていることは

プラモデル・・・40%
料理とお菓子作り・・・40%
その他・・・20%

って感じで、
僕の頭の中はプラモデル(と食べ物)のことで
常に満たされていますw


この時期は主に情報収集と構想に
力点がおかれているって感じで
春先になったら冬眠からさめて
いそいそと手を動かしていく、
そんな感じになりそうですw
ブログ記事のアップ回数も
減っていくかもしれないですw



でもたまにはブログ記事も書きたいよねー
って感じなんで
今日はオラザクのことでも書いてみよう



1417728462_IMG_2124.jpg

最近はホビー雑誌はあんま買わないんだけど
今月はオラザクだったんで、
ホビージャパンを買いました



第17回全日本オラザク選手権
大賞は・・・



1417728498_IMG_2125.jpg

なんかすげえw
僕ごときが、どうこう言えるレベルじゃないw
もう、プロですね




あと、目を引いた作品・・・


1417728511_IMG_2126.jpg

なにこれすごい

前に同じようなアプローチの作品を
オラザクかガンプラ王で見た気がするけど
同じ人なんかな?
とにかく面白いなーw
実物を見てみたいなー



1417728530_IMG_2127.jpg

あと、この作品、
すごく好きかも!
作るのが楽しそうでいいねー!
緑のさし色とか素晴らしいよ
いいなこれー
一般人投票のショップコンテストだと
むしろこういうのが大賞を取りそうな気もしますw
今回で一番すきだなw



1417728545_IMG_2128.jpg

あとこのキュベレイ
すげーカッコいい
昔の僕だったら劣化コピーして
楽しんでるかもしれないwww
シビれますな!




僕は最近はコンテストに
あんま感心がなくなって
今回はエントリーしてないんだけど
まぁ数年後に一次審査通過を目指して
挑戦するかもしれないです


そいえば
「松本州平のヒコーキ模型道楽」
という模型本をパラパラ読んだんですが
これ、すごい良い本だと思ったんですが、
その中で

「人にね、見せることを前提な模型作ってる人はね、やっぱり、それなりの緊張感を持って作らなきゃならないでしょ」

って言葉があって、
ほんとその通りだよなーって
僕は完全に同意なんですけどね

ほんとコンテストで一次審査通過を目指そうとすると
そんな感じで、すごく疲れるんで
いまはのんびりプラモを楽しんでいたい気分なのですw
ハイキング気分で来年のガン王にはエントリーしますけどw
ん?僕はなんか矛盾してますか?
まぁいいやw



ちなみに松本州兵先生には
「買うたやめた音頭」
という名言があって
これ面白すぎるよwww

僕もこの音頭、
何度も踊ったことありますwww


ということで、とりとめのない雑記ですたー!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。