--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014/10/31

名刺をつくったのだー!


スクリーンショット 2014-10-31 11.36.07


なんかね、素人モデラーさんでも
名刺を作って持っているんだ!?
ってことを最近知りました

僕はリアルコミュニケーションを
取りたくても取れない悲しい地方在住なので
展示会とか気軽に参加できないんですけどねー
でも、あさっての横山先生のサイン会に
参加するにあたって


「おー!おれも名刺をつくるぜぁー!」

「横山先生にお渡ししてみたいぜぁー!」

「いや、横山先生、迷惑だろうな・・・」

「んーどうしよう・・・」


とか思いながらも
イラストレーターとプリンターを手に入れたので
とりま作ってみよう!
ってことで作ってみたー



01a7130004033c954426c1bfb7e953bf79e0ac38aa.jpg

デザインはマシーネンのパクリというか
オマージュというか
まぁ、とにかくマネっこですwww


配置した写真は僕の代表作?の
「狂戦士風マラサイ」と
マシーネンからは「フリードリッヒ」にしてみた
これで僕がガンプラ&マシーネンを
主ジャンルにしていることが
どなたにでもわかってもらえるだろうw



ちなみに僕は部屋を勝手に
アトリエって呼んでますw
だって、そのほうがなんか雰囲気あって
かっこいいじゃん?ww

アトリエ名は「ピンク・スパイダー」
元ネタはもちろんhide!
僕はhideを愛しているからねw


01f37506dac8e600293d8036b7408effb5526efd94.jpg


アトリエ自体も結構、
名刺デザインのような色なんだよー



01ba3477a4254f2bef7b54b135ed7124f0136368ea.jpg

・・・って、んなこたぁどうでもいいですね
はよ次のプラモ記事を書けって感じですね
すいません・・・w
スポンサーサイト
2014/10/29

横山宏先生のモデリングブック2の出版記念サイン会があるんですと!


えとですね、実は僕には、
前々から思っていたことがありましてね、

1383154084s4.jpg

1年半くらい前のことだったかな?
横山先生のモデリングブックを読んで、
もうベラボー(←死語)に感動した僕は


「将棋の神様が羽生さんなら

模型の神様は横山先生だ!」


と鼻息をブーブー荒げていたんです



そんで、

「もし今度、横山先生の本が出たら
きっとその時にはサイン会があるだろう、
そしたら、おそらく未来の僕は
仕事だろうが首都圏だろうが関係なく
きっと行くだろう」


そんなことを、ずっと思ってきました



あれから1年半あまり・・・


横山先生の待望の新刊「モデリングブック2」が
2014年10月31日(金)に発売されるんですけどね、



P0114656.jpg




でね、今日、10月28日(火)、
出版記念のサイン会が
行われることを知ったんです
日付は11月1日(日)
場所は秋葉原・・・・・・・







マジすかーーー!!!!!!!!!!!!!!!!


キターーー!!!!!!!!!!!!!!


ていうか、もうスグじゃん!!!!!


5日後じゃん!!!!!!!!!


先生、ありがとうございます!!!!!


ていうか、もっと早く教えてよーーーwwwwwwwwwwww


僕は広島なんですからーー!!(←身勝手な発言)



つーことで、ソッコーでツアー会社を検索して
なんとか1件の空きを確認、
ソッコーでチケット購入!
約4万円の宿泊交通費!
これ「超音波カッター」が買える金額じゃん、とか
そんなの関係ねー!(←もはや死語)
「急用」ということで勝手ながら
仕事は急遽、連休を取りましたw
これでパーペキ!(←死語)



あの時、広島の本通りを歩きながら、
ふと思った未来予想図が
ついに実現する時を迎えたよ!!
僕の予想は正しかった、
僕は、あの時の僕が思い描いた
予想通りの行動をとっていた!w
あは!


ということで今週末
ほな、行ってきますー!
神様のサインを頂きにねー!!!!!!!!!!!!




2014/10/24

プラモデルの作り方 制作講座その33.プラ版を正確に切り出す方法(その2)


今日、たまたまネットで発見したテキスト
< 田村ゆかり 広島ライブの打ち上げ 「牡蠣がゴミみたい」 >
の一文に、超ウケておりましたwwwww

これは広島県民としては
怒るところなんだろうか??w
僕的には、これほどツボる一文は滅多にないぞ!?ww
あ、全然プラモデルに関係ないですね
すいません


01a7dffa77569feb088f0d57bfc838e86d4c40df1d.jpg

さて、前回の「プラ版を正確に切り出す方法(その1)」では

・「直線を歪まずに切り出す方法」

・「任意の幅を正確に切り出す方法」

をご紹介しますた!



今回は

・「任意の形状を切り出す方法」

についてご紹介します


っていうか、僕もド素人なんですよ!!
初心者講座なんて記事タイトルは
おこがましい限りなんですが
今からいろいろ紹介していくので
先輩諸兄のノウハウを
僕と一緒に学んでいきましょうね!!(←言い訳がましい輩)




●どうやらケチるとよくないらしい
「余白の取り方」

で、さっそくですが、
これ最近知ったことなんですけどね
まず「四角」をプラ版から
切り出したいとしますよね?


じゃ、どこを切りますか?
ってことなんですけどね、
これ「どこにアウトラインを設定しますか?」
と言い換えたほうが正確かもしれないな
まぁ写真をみてください



1414080253_IMG_1787.jpg

ん、線が歪んでいるのは気にしないでねw


でね、こんな風に
A、B、C、D、の4種類の
アウトラインの取り方があることを
知ったんですよ!
正直、僕は言われるまで
Aの取り方しか考えつかなかったです
なるほどなー!

説明すると・・・


○Aは、「プラ版の端をアウトラインにする方法」
プラ版に無駄がなく、切る回数が少ないですね
普通はこれしか思いつかないよw


○Bは、「プラ版の中にアウトラインを持ってくる方法」
Aと同じく、形状自体は一発で切り出す形ですが
4辺とも切り取る所がAとは異なりますね
まぁこれも、プラ版の端が歪んでいたりすれば
こうなるよね?ってのは思いつきます


○Cは、「欲しいアウトラインの外側を切る方法」
これが僕がナルホドーと思った方法です
これ「プラ版がもったいない」という
先入観があって思いつきませんでした!
敢えていったん外側を切って、余白を残すことで
ヤスリを用いて欲しい形状に成型していくんですね
知っている人には当たり前のことなんだろうけど
でも、気づかんかった!


○Dは、「欲しいアウトラインに余白をくっつける方法」
これもナルホド!!と思った部分です
Cの応用編といえばいいのかな?
余白を一か所残して持ち手にするんですね
で、成型後に持ち手部分を切り離す、ということです
これはホントに目からウロコというか
コロンブスの卵というか
言われるまで気づかないけど
言われてみると非常に納得!という知恵ですた!


この4種類の切り出し方を
場合に応じて使い分けるのが
プラ版の切り出しの基礎なんですねー
んー勉強になりますなーw




●欲しい形状のアウトライン化をどーする??
「アウトラインの描き方」

真っ白なプラ版を前にして
一発で欲しい形状を切り出すことは
限りなく不可能ですよね?
「そんなん、言われなくてもわかるわ!」
って感じですね、すいません・・・


ええと、切り出すライン、
つまりアウトラインの引き方ですね
方法としては


a.プラ版に定規とペンを使ってアウトラインを書き込む

b.プラ版にマス目ツールなどを使ってポイントを打ち
ポイントをつなげるようにアウトラインを書き込む

c.型紙を貼ってアウトラインを取る

などが考えられます
他にもあると思いますけどね



それでね、cについてなんですけどね・・・


illusutcs2.gif

実は最近知ったんですが
なんと、アドビ社のイラストレーターという
プロも使ってるDTPソフトがあるんですが
これ、無償でアドビからダウンロードできるんですよ


すごいよ、これ超朗報じゃん
もうね、これについては驚きすぎて
「!」を使えないですよ


これを知った僕はマジでたまげてテンション上がって
即ダウンロードしてプリンターを買いましたw
フォトショップもダウンロードできるんだよ
ほんとたまげた
ただし古いバージョンでサポート対象外とのことで
自己責任で使えよ?って感じみたいです
興味のある方は
「イラストレーターcs2 無料」
とかで検索してみてください



で、このイラストレーターで

1.製図して

2.それをプリントアウトして

3.「貼ってはがせるノリ」等でプラ版に貼り付ける

ことをすれば正確なアウトラインが
プラ版上に出現するわけです
便利な世の中になりましたなー
いや、ほんとマジでびっくりw


これで「カッティングプロッタ」があれば
マジでヤバイことになりますねw
というか実践されているモデラーさん、
結構いるみたいですよ?
詳しく知りたい方は
「カッティングプロッタ」とか「STIKA(ステカ) 」
とかで検索してみてみて!




●円を切り出してみる

では基礎知識を知ったところで
これらの知識を実践していきます!
まずは前回も紹介したプロモデラーの岬光彰さんの
動画を紹介します!


★プラ板を円形状に切り出して、マンドレールで微調整の動画です


円を切り出す方法ですね
小さい円ならポンチとかもアリだと思いますが
大きい円ならコンパスカッター(サークルカッター)を使うわけですね
これ、面白そうなので実践してみる!




1414035478_IMG_1777.jpg

まずサークルカッターと定規で
プラ版にアウトラインを描きました

余白の取り方は上で述べたCの方法
アウトラインの描き方はaの方法
ということになりますね
プラ版の厚さは1.0mm
円の直径は30mmとしました



1414036086_IMG_1778.jpg

まず大雑把にアウトラインの外側を
ナイフで10回くらいなぞって
そのあと手で切り折りしました



1414036214_IMG_1779.jpg

そのあとニッパーで角を切り取りました
岬さんの動画はサークルカッターで
円を直接切り出しているけど
1.0mmのプラ版だと厚さ的に
カッターだけでは無理だよね??
なのでこういう手順を踏んでみました



1414036677_IMG_1780.jpg

中心点に1.5mmの穴をあけました
ちなみに穴を空ける場合は

1.ニードルで点を打つ
2.細いピンバイスで穴を開ける
3.太いピンバイスで穴をだんだん太くしていく

という段階を踏むとよいですな!
これも常識なんでしょうけど
最初は知らないんだよねー




1414037526_IMG_1781.jpg

電動ドリルで旋盤加工してみます
金属ヤスリや180番ペーパーで周りを削ります




1414037567_IMG_1782.jpg

30.1mmになりました
でも実は・・・
ほかの角度から直径を計ると
30.4mmだったので正円になってないんです・・

これは、あれだ
ニッパーで切り出した後に
いったんヤスリで角を取った方がいいんかな?
さっき、それやらなかったからなー
と思い直して、再び挑戦します!



1414038353_IMG_1783.jpg

今度は30.0mm〜30.2mmまで誤差が減りました
カンペキではないけど
さっきより正円には近づいたです

いやーこれ、正円にするの難しいねー
ドリルとプラ版を完全に固定して
0.1ミリ単位で削っていけるような
工場のような設備がないと
難しいんじゃないかなぁ?
とか思いつつ、次の実践にいってみませう!




●しいたけに挑戦してみる

「しいたけ」というのはもちろん、
キノコのことじゃないです
n兄さんという超絶モデラーが制作されている
薄いプラ版を何層にも重ねたハイディテールです

ちょっと無断でブログから画像を頂戴いたします
(万が一まずければ、そっこー削除します)

IMG_1033-001.jpg


こ、こんなんできるわけねー!!
でも、ちょっとだけ挑戦してみるw


n兄さんのブログはこちら!→n兄さんのプルプル日記



しいたけ講座はこのあたりに!

http://nblood.blog67.fc2.com/blog-entry-167.html

http://nblood.blog67.fc2.com/blog-entry-119.html




1413775426_IMG_1758.jpg


まずイラストレーターで任意の図形を作成して
プリントしてプラ版に「貼ってはがせるノリ」で
貼り付けました
プラ版は0.5mmを使用してみます

この余白の取り方は
上で述べたdのやり方ですね

完成形の厚さを8.0mmにするつもりです
すると外板は8枚必要なんですが
いっぱいプリントされてますねw
まぁ気にしないでくださいw



1413775748_IMG_1759.jpg

アウトラインを切り出していきます

ここでちょっと黙考してしまった・・
台形の中の四角を切り取りたいんだけど
上辺は問題ない、
左辺と右辺も、まぁ上にナイフの逃げ場はある
しかし下辺を切り取るには
どうしたものか・・・
幅は2.0mmにしてあるので
少しナイフが行き過ぎると
必要な個所まで切り取ってしまう・・・




1413775874_IMG_1760.jpg

そういや先日、100均で買った精密ドライバーの
マイナスを砥石で研いでたので
これを使ってみよう



1413775969_IMG_1761.jpg

切り出す幅がちょうど2.0mmで
ドライバーの幅も2.0mmだったので
押し切った!

しかし、ほかの幅の場合は
どうやって底辺を切り取るんだろう?
一度△状態にして、ちょっとずつ
ヤスリで成型とかかなあ?
それかピンバイスで穴を空けてから成型とか?
って、ぶつぶついってないで次に行きますw




1413776059_IMG_1762.jpg

あ、ちなみに曲刃って結構使いやすいですねー
デザインナイフとか刃の角度が30度で使いやすいけど
丸いのも切り出す形状によっては使いやすいね
これはオルファのアートナイフプロです
ツールって適材適所、ケースバイケースですな




1413777168_IMG_1763.jpg

そんなこんなで8枚の板と
あと成型用の「外板2枚」を切り出しました

結構、余白部分のプラ版のロスが出ましたなー
でもある程度は仕方ないというか
「必要なロス」ということですね
もうすこし効率的にできるかもしれないけど
まぁ、初めてなものでww




1413777291_IMG_1764.jpg

次にまとめて成型してみるか
黒瞬着で点づけして・・・



1413778688_IMG_1765.jpg

重ねる・・
ていうか、ちょっとこのサイズのものを
重ねるのはかなり難しいぞ??



1413870057_IMG_1768.jpg

アウトラインを成型したあと、全部をはがして
両面テープで固定して表面をかるくならす
この作業、n兄さんによると重要とのことです



1413870326_IMG_1769.jpg

それでは、持ち手部分は切り取って
必要な板8枚と中にいれる8枚、
合計16枚を重ねていきます・・・




1413871387_IMG_1772.jpg


重ねましたー
ていうか、重ねるの、超ムズイんですけど!?w

あとで知ったんだけど
底板が必要みたいですね
他の人はこの失敗を反面教師としてくださいw



1413872464_IMG_1773.jpg

ええと、現在、ジムⅡを練習素材として
いじっているんですが
その背中に取り付けてみます
あ、ランドセルは取りましたw



1413874869_IMG_1775.jpg

取り付けたんですが・・・

これ、近くで見ると
吐き気がするほど不細工なデキですwww
マジで吐き気がするw
こんな小さいのビシッと作れちゃう
n兄さん、凄すぎだわーww





そんな感じで、以上、
プラ版の切り出し方(その2)なんですが
なんか、この記事、初心者講座というより
失敗制作記事と成り下がっているんですがw


初心者の方の少しでも参考になれば幸いでござる!

・・・って、おれも初心者じゃんwww


2014/10/19

プラモデルの作り方 制作講座その32.プラ版を正確に切り出す方法(その1)


最近、プラ版の加工に挑戦をはじめましてね
これが結構楽しいんですが
プラ版をちゃんと切り出すことって
なかなか難しいんですよ

01a7dffa77569feb088f0d57bfc838e86d4c40df1d.jpg



ていうか、僕がプラモデルはじめた頃は

「プラ版なんてあんな厚いものを、
ナイフで切り出すなんてホントにできんの??
すげー大変じゃね??」

って思ってたのねw
こう思っていた人、他にもいるんじゃない?
ん?僕だけですか??



いやね、プラ版って、
ナイフで全部を切り取るわけじゃなくて
何回かなぞって「手で折る」ようにして
切り出すんですねー
僕は始めはそんなことも知らない状態だったよw

で、やってみたらね、
パキッて簡単にできるじゃん!
僕みたいな初心者でも、できんじゃん!w

で、こういうのを経験するとね、
「やっぱ知識って必要だよなー」
と思う今日この頃なんですよ←誰?



そんなわけでね
僕なんか、プラ版の加工なんてほんとド素人で
とても講釈をたれるような
技量は持っていないんですけどね
でもここ数日、いろいろな本やネットで調べたり
ちょこっと実践をしたりして、
「おーこれは有益な知識だ!」
と感じたところとかあったので
とても厚かましいのですが

「プラ版を正確に切り出す方法(その1)」

と題して、その得た知識を
ご紹介したいと思うのであります!
くどいけど、僕はド素人なんで、
あんま詳しいことは聞かないでねw
ていうか、こんなエラソーな
記事タイトルをつけてスマン・・・




●素晴らしい動画を発見したのだ!

でね、いろいろネットとか見てたらね、
youtubeで素晴らしい動画を発見したんすよ!!


★「ノギスを使って等間隔のスジボリを彫ってみました。」




いやー、この動画、素晴らしいな!
上手い人ってこんな風に作業するんだね!
なんかお寺でお坊さんが掃き掃除をしているような
整然としたたたずまいっていうの?
そんな印象を受けましたよ
なんか見てて気持ちが良いの!
もうね、一日中、この動画を流していたい気分ですわw


でね、
「この動画をアップしたした人って誰だろー?」
って思って名前を見ると
ミサキミツアキって方らしい
「んー、どっかで聞いたことあるなー」
って思ったら・・・


1413424678_IMG_1745.jpg

おー!「ガンダム スクラッチビルド・マニュアル」を書かれた方でしたか!
プロモデラーの岬光彰さんだったんですね!
僕、この本は割と初期に購入したんですよ
で、中を見るといろいろ詳しく書いてあるんですが
「この本は、今のおれには、まだ早い、
しばし寝かせておこう・・・」
と思ってしまっておいたんですww




で、この本、2が発売されてたんだね!
動画を見て感動した僕は
すぐに注文しましたよw


1413424840_IMG_1747.jpg

「ガンダム スクラッチ ビルド マニュアル (2) 」!
で、これ、読んだんだけど、マジすげえ!!
知りたいことがいっぱい書いてあるし
いろんなアイデアがいっぱい書いてある!
岬さんってほんとアイデアが豊富なんだなー
これすごい本ですよ、
詳しい内容は別の記事でレビューしたいけど
これ、プラ版加工のバイブルといっても過言ではないよ
プラ版の加工に興味がある人は
ゼッタイ読んだ方がいいですよ!




でね、他にもこんな動画を
アップされていたんですよ


★スライド定規:構造と使用方法



★スライド定規使用実例1:簡単な形状の切り抜き



★スライド定規使用実例:2




このスライド定規っていうのはすごく便利そうだ!
これは欲しい!
僕は、そう思いました


さて、ここから本題に入りますね!←前置きがいつもにもまして長い





●プラ版を正確に切り出す方法

ここからはちょっと駆け足で書いていくけど
プラ版を切り出すためには

・プラ版
・ナイフ
・定規

が必要だよね?
まぁ当たり前なんだけどw

でね、プラ版を切ろうとすると
この3つがズレることがよくあるんですよ
「うわープラ版がズレてもうたー!」
って感じで、直線が歪んじゃうのね


で、それを防ぐためにはどうすればいいのか?

「固定する」

のが解決策の一つであることを知りました
こういうのは上手い人にとっては
なんでもない情報なんだろうけど
僕としては、すごく重要な知識だと思いました





1413424544_IMG_1742.jpg

そして100均で買って作ったのがこれ!
カッティングマットと定規をテープで固定した
「プラ版切り出し専用マット」
しめて200円!w
これだけで作業が格段にやりやすくなりました!

あと、



1413424622_IMG_1743.jpg

定規の裏にハンズで買った「滑り止めゴムマット」を
両面テープで貼り付けました
定規とプラ版がズレることもよく起こったんで
それを防ごうという工夫です


たったこれだけのことでプラ版を正確に切り出すことが
格段にやりやすくなりました!



そして上で紹介した岬さんのスライド定規、
これも自作してみることにしました!




●スライド定規の自作


1413174534_IMG_1719.jpg

岬さんのはステンレス製なんですが
僕はとりあえずプラ版で作ってみることにしました
1.0mmのプラ版で作ってみます



1413176000_IMG_1720.jpg

こんな感じでプラ版を切り出しました



1413176808_IMG_1721.jpg

ほいで、こんな感じで接着!
これでスライド構造ができた!



1413178094_IMG_1722.jpg

思い付きで、スライドしたところに
1mmのラインを9本けがいてスミイレして
目盛りを入れてみました



1413178332_IMG_1723.jpg

このパーツに3ミリの穴を
ピンバイスで空けて・・・



1413349192_IMG_1726.jpg

エポキシ系接着剤でナットをガッツリ固定!
念のため、接着面は180番のペーパーで荒らしてます



1413424487_IMG_1741.jpg

あ、ちなみに用意したネジ類はこんな感じです
ハンズで買いました




1413351614_IMG_1727.jpg

あと、「差し金」部分にアルミ板を張り付けて
ナイフで削れないように保護してみます
アルミ板は0.5mm厚
ナイフで切り折ることもできるんですが
幅5mmで切り折るとアルミ板が歪みそうだから
せっせとハイパーカットソーでノコノコしましたw



1413354951_IMG_1728.jpg

とりあえずスライド定規ができたー!
名前は「スラくん」に決定しましたw
スライムだから青色で塗ってあげようw



1413355032_IMG_1729.jpg

こんな風にスライドしてネジで固定できるんです



1413355566_IMG_1730.jpg


ついでにプロトラクターも自作しました
これも100均で買った分度器と定規を
ネジでつなげただけです
100円で自作できますぜ!
こういうの作るの、なんか楽しいですw



1413356886_IMG_1731.jpg

あと、思い付きで5mm角棒を貼り合わせて
こんなブロックを作ってみました



1413356912_IMG_1732.jpg

このブロックをさ、
こんな風にセットするじゃん?




1413357009_IMG_1733.jpg

すると一発で10mmの幅が切り出せる!

ん?9.8mmになってるな・・・
あーこれは、あれだ、
接着剤で幅が縮まったんだな
ま、0.2mmくらい、いいか・・・←あとで困る予感



1413357155_IMG_1734.jpg

20mmの方は、バッチリ!
一発で誤差なく切り出しができました!
うわ、なんか楽しいwww



1413357909_IMG_1736.jpg

この治具ブロック、無くしそうなので
「ブル・タック」で張り付けておくことにしますー

ちなみに「ブル・タック」は粘着力のある
ネリ消しみたいな不思議なゴム?粘土?
とにかく張ってはがせる便利アイテムで
最近その存在を知ったんですけど
これ、フィギュアの手足の角度の
位置合わせとかに使えるそうですよ
あと他にも、小さいパーツの
塗装の持ち手がわりに使えるねー
なんかいろいろ使えそうな予感の便利アイテム!







1413358138_IMG_1737.jpg

ちなみにこの治具ブロック、
組み合わせで5mm、10mm、15mm、20mm、25mmが
一発で切り出せます
まぁ、ノギスで計ってもいいんだけどねw



1413424150_IMG_1738.jpg

ついでに0.5mm厚のアルミ板でも
同じように作ってみました
名付けて「メタスラくん」w
「スラくん」は1mmプラ版切り出し用、
「メタスラくん」は0.5mm以下のプラ版切り出し用
そんな感じで使っていこうと思いますー



1413424224_IMG_1739.jpg

ほら、こんな感じでノギスのクチバシを
切り出したい長さにして、あてるじゃん?
3.0mmにしてみるよ?


1413424270_IMG_1740.jpg

ホラ!どうですか!?奥さん!
0.1mmの狂いもなく3.0mm!
こんな僕でも簡単にプラ版が切り出せるんですよ!
ていうか、これを考えた岬さん、すごいです!




1413526120_IMG_1751.jpg

2mmの角棒にペーパーを張り付けて
スライド定規を使って切り出しました
幅を固定できるんで、こんなメンドくさそうな作業も
ラクラクですよ!




1413530529_IMG_1752.jpg

なんか嬉しくて調子に乗って
いっぱい切り出したw
いままではこういう作業も
めんどくさいなーって思って
敬遠しがちだったんですよw




しかしプラ版加工の道のりはまだ始まったばかり
他にもいろんなテクニックが
あるんだと思うとワクテカしますな!
とりあえず今回はここまでにしますが
参考になれば幸いでござる!

というかスライド定規の考案者、岬光彰さんに拍手ですー!
パチパチパチパチ!

2014/10/12

電動ドリル「RYOBI ドライバドリルキット FDD-1010KT」を買ったのだー!(プラモデルの工作ツールのレビュー)


僕がプラモデルを始めた
割と初期の段階でね
「電動ツールがほしいぞー!」って思って
リューターを買ったんだけど
まぁこれが大正解で、現役バリバリ活躍中なんですが
電動ドリルについては
なかなか手を出せずにおりました

まぁタミヤの「電動ハンディドリル」は
サイズも価格も手ごろで
軸を打つには便利なんですけどね

タミヤの電動ハンディドリルの記事はこちら!→タミヤ 電動ハンディドリルを作ってみた !



1413084791_IMG_1716.jpg

ちなみに僕の持っているリューターは
waveの「ハンディルーターMk.1 AC」で
使いやすくて超オススメなんですが
軸径が2.35mmなので
それ以上の太さのものは
差すことができないんです(←当たり前だ)
だから旋盤加工がやりずらいことが多々ありました






ちなみに「旋盤加工」っていうのは何かというと
「プラモ工作法大全(実践作業編)」から転載すると
例えばね・・・



1413084224_IMG_1715.jpg

こういうバーニアのフチを薄くする作業とか
簡単に、しかも精度の高い加工を
短時間でできちゃうのだ!
めっちゃステキ!楽しそうやん!
もう、ハァハァしますな!(←うるさい)


しかし、さっき言ったように
リューターでは軸径の問題で
旋盤加工ができなかったこともあり
それで悔しい思いを
今まで何度かしてきたのだ


「これ以上、こんなことで
ストレスを抱えるワケにはいかん!
しかも今は制作の秋ではないか!(←ただのこじつけ)」

じゃあ、いつ買うの!?

今で(以下略)

ということで購入することにしますたw



●選び方のポイント

んで、電動ドリル購入にあたり
気を付けたことは・・・

・コードレスではなく電源がコンセント式であること!
→いちいち充電とかやってられませんw

・軸径が太いこと!
→てか、電動ドリルの軸径は、そもそも太いものだw

・スイッチON状態がキープできること!
→片手では作業できないからね

・チャックはキーレスであること!
→手で回してドリル刃とかの交換・締め付けができるということね


ということで・・・



1413008824_IMG_1707.jpg

じゃーん!
「RYOBI ドライバドリルキット FDD-1010KT」
にしました!
電動ドリルって意外と手頃なんだねー
マスターグレード1個分くらいじゃん、いや2個分か?
とにかく、もっと早く買っとけば、あんなストレスを
感じなくてよかったのになーw



●スペックについて

軸径は1.0mmから10mm、これで夜も安心!(←だまれ)
とにかくこれが嬉しいw
これからは、これでなんでもできるぜー!


付属品は
・ソケット(5mm/6mm/7mm/8mm/10mm/11mm)
・ビットホルダ
・ソケットアダプタ
・ドライバビット2本
・ドリル(2mm/3mm/4mm/5mm)
となってます


別にDIYやるワケじゃないから
付属品とかどうでもいいんだけど(←失礼な発言)
あ!これでカラーボックスの組み立てとか
超ラクにできたりするじゃん!
ラッキー!(←喜びどころがズレズレ)


回転は正転と逆転が切り替え可能!
これはリューターにはない機能ですな


あとスイッチのオンオフなんだけど
トリガーになっているから引くほど
スピードがアップするんだと思っていたら
完全なるオンオフ機能で
回転数がコントロールできないモデルでした


「ん?回転数を調整できないなら
プラモ工作に向いてないよね??」
と思われるかもしれませんが
ダイジョブです!
なぜなら・・・



1413009095_IMG_1708.jpg

変圧器っていうの?
「goot パワーコントローラー PC-11」
というアイテムで、スピードをダイヤルで
自在にコントロールできるからなのだー
トリガーで回転数を調整できる上位モデルもあると思うけど
たぶん、この方が使いやすいんじゃないかしら?







さて、では最近の恒例となりつつある
我が家にお越しくださったツールに
「歓迎の儀」を執り行うぞよ!



1413009628_IMG_1709.jpg

胡粉ジェッソで表面をザラザラに!
これやると手に持った時の質感が
なんかイイんですw
なんか手に馴染むのw
続いて・・・



1413011888_IMG_1710.jpg

貴様には三色迷彩をくれてやろうぞ!!
ていうか、スポンジ使って塗装できないか
実験したりしてますww
バックには同じような目にあっている
タミヤ電動ハンディドリルが・・・w


「さて、基本塗装が終わって次はウォッシングだなー」
と一瞬思ってしまった自分がコワイw
なんか塗装の流れが身についているのが
恐ろしいわww(←ホントは少し嬉しい)



1413014178_IMG_1711.jpg

そしてウチの秘蔵っ子だった
かぼちゃのデカールを貼ってあげようね
よし、今より君のコードネームは「パンプキン」だ!
これから末永くよろしく頼むぞ!


ん?これレビュー記事になっていない気がするな・・
単なる「嬉しかった報告」じゃないか・・・
なんかすいませんw



1413014259_IMG_1712.jpg

ええと、フリーハンドで作業できるように
土台を作りました
名付けて「ドダイくん ドリルver.」w

100均の発泡スチロールブロックを
削ってガムテープで覆いました
ダンボーの顔を書いて完成ですー!(←これは不要)
なんか陶芸家になった気分だねw



1413014403_IMG_1713.jpg

この「ドダイくん ドリルver.」だけど
ひっくり返せば塗装用の持ち手にもなるんだよ!



ということで電動ドリルのレビューでしたが
んー、やっぱ単なる「嬉しかった報告」で終わってるなw
まぁ今からいろいろ使っていきますですーw

2014/10/10

「HGUC ジムⅡ」の肩をスクラッチ、みたいなー(制作記その3)

「HGUC ジムⅡ」を制作してます
前回はシールドを作りました
今回はサイドアーマーを作ろうと思ったんだけど
なぜか手を動かし始めたら
肩の部分に取り掛かってました
自分でもワケワカメですw



1412857935_IMG_1696.jpg

肩のアーマーを取る方向で
いってみようと思うんだ
んで、こんな感じでプラ版を切り出してみますた
で、それを元のパーツに貼り付けて
ポリキャップを埋めて黒瞬着で固定!


1412860952_IMG_1697.jpg

そのあと
クレオスの瞬間接着パテで
念のため裏打ちをして・・・



1412861918_IMG_1698.jpg

1.2ミリのプラ版を積層に貼り付け!
ついでに二の腕も1.2ミリ延長させてみるぞな!



1412869659_IMG_1700.jpg

●最近気づいたこと、その1

形状を出すためにヤスるときに
クランプでパーツを固定すると楽かも!?
形状によっては有効な気がしますです!






1412870204_IMG_1701.jpg

●最近気づいたこと、その2

100均で筆ペンを買ったんだけど
これスミイレに使えるほかに
簡易サフチェックもできるねー
スジボリが入ってるように見えるじゃん?
これ、合わせ目が埋まってないんです
ということがサフを吹かなくても分かる!
筆ペン、使えるかも!



1412871628_IMG_1702.jpg

肩と胴体の取り付けは
元パーツを使うことにしよっと
ハイパーカットソーで切り取ります
ナイフでやってたら夜が明けるような作業ですが
ハイパーカットソーならスグですな!w






1412875922_IMG_1703.jpg

●最近気づいたこと、その3

最近ていうか、実はずっと前から、
もうプラモデル始めた初期の頃から思ってたんだけど
「型想い」とか「おゆまる」みたいな
プラスチック粘土っていうの?
お湯で柔らかくなる型取りアイテムがあるじゃん?
これ、パーツを複製するためのものなんだけど
この「型想い」を使ってリベットを作れるんじゃない??
って、ずっと思ってたのね


前に他のモデラーの方がリベットたくさん使った
カッコいい作品を作ってるのを
見たことがあるんですよ
でね、「こんな大量のリベット、どうやって用意したんだろ??」
って疑問に思ったんですけど
そのモデラーさんは
「お店のものを買い占めた」
そうなんですw


「うわー太っ腹だなー、でもそれ、自作できないのかなー??」
と考えてプラ棒を切って貼ったり
したこともあるんですが
「型想い」とパテを使えばできるんじゃね?
と考えてね、
で、この機会に「光硬化パテ」で
複製してみることにチャレンジしてみた!
(もしかして、こういうのブログでいわないほうがいいんかな?とか
ちょっと思ってるんだけど、どうなんだろ??w)






1412887601_IMG_1704.jpg

最終的に肩はこんな感じになりました
ハッキリ言って、歪んでますwww
でも、練習だからいいのだー!
いやースクラッチって難しいねw

あと複製のリベットは
写真では見えにくいと思うけど
一応、貼り付けることができました
これ、塗装してみないと仕上がりがわからんねw
プラ用接着剤が使えないのが難点だなー

あとちなみにシールドのエッジを
n兄さんのアドバイスで少しだけ削りました
n兄さんっていうのは例えるなら
エベレストに何度も登頂してる超絶モデラーです
この人はすごいよ、マジで次元が違う!
そのうち成層圏を超えて宇宙に行っちゃうんじゃない?w
こんなブログ見るよりn兄さんのブログ見たほうがいいよw

n兄さんのブログはコチラ!→n兄さんのプルプル日記



1412218451_IMG_1632.jpg1412887641_IMG_1705.jpg
(左・巣組み/右・今回までの改造後)


そんなこんなで今回はここまでー!
おお!なんかビフォア&アフターを見るのが楽しいぞ!
たぶん、作業した自分だけの特権だな!これはw
他の方は見てもたいして面白くないでしょう
ごめんねw



今回のジムⅡは、
他キットのパーツとか流用するんじゃなくて
「プラ版でスクラッチやってみたいー」
って感じで、なるべくパーツを
自作する方向で進めてるんだけど
今回の肩とかね、
「これがカッコいいんじゃー!」
というワケじゃなくて
こういう作業がしてみたかっただけなのだw
ダサい造形で精度もなくてスマンww



しかし、プラ版加工でカッコよくて
しかも精度の高い工作ができるのって
スゲーんだな!ということを
身をもって実感してきてますよwww
僕、今回の作業だけで6時間くらいかかりましたww
匠には程遠いわーw

2014/10/06

プラモデルの作り方 制作講座その31.固まった塗料を復活させる方法



さあ、塗装するぜーっ!
と思って塗料のビンを空けてみたら・・・


1412249481_IMG_1636.jpg

ぎゃー、塗料が無いー!
いや、違う
そうじゃなくて、塗料が固まっとるー!


そんなことが起こってきます
今回は塗料が固まってしまった時の
復活のやり方の話です
まぁ簡単なんですけどねw



●なんで塗料が固まるの?

ここからは僕の想像も入ってるので
間違ったところがあったらごめんなさいです


まず、なんで塗料が固まるのか?
についてですが、
それは「シンナーが揮発するから」ですね

じゃ、なんでシンナーが揮発するのかというと
「ビンのフタを開けたから」
です
フタを開けた時から揮発が始まるのだ!


それを防ぐために店頭では
塗料のビンのフタを空けちゃ
いけないことになってます

ていうかフタを空けても
撹拌しないと本当の塗料の色の確認は
できないんですけどねw
だからフタを開けたくても開けちゃダメです
っていうか、それは意味のない行為なのですな


ちなみにクレオスとタミヤの塗料は
フタがサンプル色になってるんだけど
ガイアノーツとかフィニッシャーズの塗料は
色味が分からなくて残念なんだよねー
全ての色のサンプルを用意してくれている
店頭ならいいんだけどなー・・・



●塗料の固まる速度について

一回、フタを開けたら
そこから揮発が始まります
その速度についてなんですが
どうも塗料をビンの半分以上使ったら
スピードアップしている気がします

これたぶん、ビンの中の塗料と空気の
比率で決まるんだよね
あんま塗料を使ってなければ
ビンの中の空気が少ないから揮発のスピードが遅くて
たくさん塗料を使えば空気が多くなるから
揮発が早まるんじゃないか?と思います

でも揮発しているのはシンナーであって
色の元となる顔料は揮発しません
だからこそ「塗装」できるのであって
また「復活」もできるんですな

まぁ期間については
そんな心配しなくてダイジョブです
フタを開けっぱなしにしない限り
そうそう簡単には固まりません



●「復活」できる塗料の種類

塗料には

・水性塗料
・ラッカー塗料
・アクリル塗料
・エナメル塗料

ってあるんですが
とりあえず復活できるのは「ラッカー」です
他の塗料については、わからん!w
できる気もするし、できないかもしれないですw



●塗料を復活させる方法

前置きが長くなりました
つーか、やり方はカンタンで

クレオスの「真・溶媒液」を入れるだけ!

それだけです!
なんか、もったいぶってスマンw


1412249492_IMG_1637.jpg

普通のうすめ液でも一応復活させることはできるんだけど
あまりにドロドロになってしまった塗料は
「真・溶媒液」を使った方がラクですね
入れて放置しておけばいいんだからw

ちょっと説明文を引用してみると・・

●溶剤が揮発した塗料は、樹脂分が固まりはじめており、希釈用の薄め液では、固まった樹脂分を溶解することはできません
●本製品は、溶剤分が揮発して粘度が増したり、ボトルの中で固まってしまったMr.カラーに混ぜることで、もとの状態に復活させる溶解補充液です
●うすめ液ではありません

とあります
これ、ガイアノーツのラッカーには絶対使えますよ
説明文に書いてないけどねw(←当たり前だ)

あとアクリルとエナメルにも使えるんじゃないかなあ?
もしかして中身はツールクリーナーと一緒だったりして?
んー、それはないかなあ??
そんな予想をして楽しんでますw





使い方ですけど
塗料ビンに「真・溶媒液」を入れて
一日放置するだけです

説明文には
・水あめ状の場合は塗料2に対して「真・溶媒液」を1
・固まっている場合は塗料1に対して「真・溶媒液」を1
・塗装に適した濃度にするにはうすめ液を加える
・溶解には時間がかかるので少しづつ「真・溶媒液」を添加する
と書いてあります

まぁ希釈率は説明文を参考に
テキトーで大丈夫ですw
「真・溶媒液」を入れて放置しとけば・・・



1412355417_IMG_1662.jpg

じゃーん!復活しますたー!
この状態から普通のシンナーを使って
筆塗装なりエアブラシ塗装なりの濃度に
希釈をすればいいのですな


と、そんな感じで
固まった塗料を復活させる方法、
参考になれば幸いでござる!




最後に塗料の小ネタを一つ・・・


僕は塗料が好きで、ついつい店頭で

「あーこれはええ色やでー」

と思ったら、何に使うのかも決めずに買って
家に帰ったら同じ塗料がすでにあった!
ということを何度か経験して(←何度か?)
スマホのメモ帳に
塗料のナンバーを記録することにしました


016e5ce405518036b6f147370db821ffc2afb252c1.jpg


こんな感じw
これで家に帰らなくても
手持ちの塗料を店頭で確認できるんで
二重買いをストップすることが
できるようになりましたwww


始めの頃は持っている塗料が少ないだろうから
記憶しておけると思うけど
増えてきたらこんな感じで
自分のやりやすいように
管理しとくのもいいと思うですー

→次の記事 プラモデルの作り方 制作講座その32.プラ版を正確に切り出す方法(その1)
2014/10/05

このブログについて 2014ver.


ブログをはじめて一年がたちました

僕がブログでやろうと思ったことは


「プラモデルを始めた初心者である僕が

分からなくて、調べて、実践していったことを

今からプラモデルを始める初心者の

参考になるような記事としてまとめたい」


ということでした

それは少しづつ形になり

今でもその思いは変わってないです



プラモデルの制作を山登りに例えると

遥かな高みを目指して

エベレストに挑戦しているワケじゃなくて

僕はその辺の山で遊んでるだけなんです

そこでいろいろと学んだことを

いまから山登りを始める人に



「こんな道具があると登りやすかったよー」

「ここに足をかけると登りやすかったよー」

「でも自分の好なように登ってもいいと思うよー」



って声をかけているような感じなんです

ハイキングのガイドのおっちゃんっていうか

ボーイスカウトのお兄さんって感じかと

自分では思ってますw



「これ、どうやるんだろ?」

「あ、こうやるんだー!」

そんな感じで、これからも

自分が分からなかったことと

自分が分かったことを

自分が分かりやすいと思う記事にしていきたいなー

そう思っていますよ

このブログが少しでも初心者の方の参考になれば幸いです


2014.10.05
2014/10/05

「HGUC ジムⅡ」をチマチマ改造してます!(制作記その2)



なんか秋ですねー
制作の秋って感じですなー
なんかプラモデル触ってるの楽しいです
冬は寒いから手が止まるんだよなー
やっぱ秋が一番好きだなー


って、んなことはどうでもいいですね
「HGUC ジムⅡ」をチマチマ改造してます
チマチマ制作記ですw



●シールドの自作

1412316363_IMG_1653.jpg

こんな感じでプラ版を切り出しました



1412317250_IMG_1654.jpg

接着剤で張り付けて
両面テープを貼って・・・



1412317334_IMG_1655.jpg

空き瓶に接着!っとな
使ったのはガイアノーツの空き瓶ですな



1412317547_IMG_1656.jpg

そしてビニールテープで
グルグルの簀巻きじゃあ!



1412317801_IMG_1657.jpg

さらに沸騰したお湯に入れて
熱湯攻めじゃあ!



1412322698_IMG_1661.jpg

いろんな仕打ちを受けて
すっかり丸くなりましたwww




1412399973_IMG_1664.jpg

ボルトとプラ版を張り付けて
こんなシールドを自作してみましたー



1412400033_IMG_1666.jpg

「黒い瞬間接着剤」で強力磁石を
シールド裏とウデの接合パーツに取り付けてみたです



1412400154_IMG_1668.jpg

取り付けてみました
んー、なんかシールド歪んでるなー
まぁ練習素材ですから細かいことはいいやw




1412400785_IMG_1669.jpg

あと前回、フロントアーマーを自作しましたが
股間が大きくて気に入らないので



1412401819_IMG_1670.jpg

こんくらい削ってみます




1412402205_IMG_1671.jpg

「黒い瞬間接着剤」で裏打ちしておこう・・
このアイテム、もう大活躍です
これがないと作れないよw
もちろん瞬着硬化スプレーとコンボです






1412404232_IMG_1672.jpg

金属ヤスリでガシガシいって
こんな感じになりました
金属ヤスリはプロモデラーも愛用している
「神戸スキヤキヤスリ」がオススメです!
切削性はもちろん抜群だし、切削面もキレイだよ!



1412407714_IMG_1673.jpg

前回、ずれていたフロントアーマーの
左右の取り付け位置を調整して
今回の制作はここまで!



なんか、その日にやりたくなった部分を
割と気ままにいじっているので
明日はどこの部分を改造するか?
自分でもわかりませんww


2014/10/03

「HGUC ジムⅡ」を制作しますよ!(制作記その1)


いやープラモデルって、ガッと組んで
ザッと塗るのも楽しいんだけど
チマチマ工作するのも
秋の夜長にはいいもんですねー
って何を言ってるんでしょうか?
なんかチマチマ工作をやっていきたい気分なので
今回もガンプラのハイグレードを制作していきます



1411886291_IMG_1628.jpg

さて、キットは何にしようかなー?
なんかジム系を作りたいなー
よし、ジムにしよう!


・・・と思ったんですが
ジムはハイグレードの№020で
相当昔のキットです

僕ごときが気軽にチマチマ改造するには
ハードルが高すぎる!
なのでジムⅡにしましたw(←ヘタレ)



1412218451_IMG_1632.jpg

でね、このジムⅡなんだけど
組んでみたら、すごく組みやすいのね!
ビックリしました、
っていうのは言い過ぎかもしれないけど
これ、関節とかマスキングしなくていいんだねー
よくよくハイグレードの№を見てみたら131でした
結構、新しかったんですね
なんか良くできてるなーって感心しちゃいました
組んでて気分が良かったなあー



1412218471_IMG_1633.jpg

さて、これをどういう風に
いじっていこうかと考えているんですが
今回はいろいろと実験をしてみながら
進めようと思います
ジムⅡには僕の練習素材になってもらいますw



●フロントアーマーのスクラッチ

プラ版を用いた加工とか
今まであんまりやってこなかったんで
今回は練習をしながら進めてみたいと思います
パーツを自作とかもちしゃおうかな、と思ってます
スクラッチってやつですね
いろいろ失敗もしていくと思いますが
練習だから別にいいんですww



1412269721_IMG_1639.jpg

ということで0.5ミリのプラ版と
プラ材2ミリ角棒を切り出しました



1412269924_IMG_1640.jpg

んで、プラ材2ミリ角棒を
こんな風に張り付けました



1412271694_IMG_1641.jpg

さらにプラ角棒をプラ版でサンドして
フロントアーマーの元ができました



1412271708_IMG_1642.jpg

今回は前から気になっていた
タミヤの「光硬化パテ」を使ってみます
あと100均でLEDライト、
ハンズでポリプロピレンの板を買いました
どうでもいいけどポリプロピレンって
なんか発音するの気持ちいいねw



1412271908_IMG_1643.jpg


光硬化パテをアーマーのサイドに盛り付けて
ポリプロピレン板を押し付けて
ライトを照射!
これで数分で固まるんだから面白いねー
なんか近未来的だよなー



1412272126_IMG_1644.jpg

ポリプロピレン板を取り外してみました
おお、キレイに側面ができましたな!

この「光硬化パテ」は
・ポリパテほど気泡が入らず
・エポキシパテほど時間がかからない
というメリットが多いパテなんですが
食いつきはあまりよくないので注意です
「黒い瞬間接着剤」や「瞬間接着パテ」などと
気分で使い分けるのが良さげですなw






1412272266_IMG_1645.jpg

ポリプロピレン板からペリッと剥がれるのはもちろん、
プラ板からもペリッと剥がれるんで
今回のような成型には光硬化パテはラクですね
食いつきをよくするには
粗目のペーパーを事前に当てるといいと思うです




1412273732_IMG_1646.jpg


うわ、急遽、思い付きでフロントアーマーに
スラスターを仕込んでみたくなった!
失敗を覚悟で、まずコトブキヤの
ディテールアップパーツを削りこもう!

1.2ミリのプラ版でサイドを固定して
全体を金属ヤスリでツライチにします

こうすることでパーツの厚みを一定にできるんだね
マジックで線を描いたのは
「これが消え始めるとヤスリは止めろよ!」
のサインですw



1412280987_IMG_1649.jpg

むりやりスラスターを仕込んで成型してみたw
追加装甲となるプラ版とリベットを張り付けて
基部は真鍮線を仕込んだあとに
元キットのパーツを張り付けました

上がスクラッチしたアーマー、
下がキットのアーマーです
別にカッコよくなったとかじゃなくて
僕が単にやってみたかっただけなのだww



1412281197_IMG_1650.jpg

取り付けてみた
あれ??
なんか向かって右の方が大きい気がする・・・



1412281332_IMG_1651.jpg

ノギスで計測したら0.5ミリ大きいぞ?
ああ、側面の削りこみの角度とかの関係なんだなー
いや、なんかパーツを自作するのって難しいねー
でもなんか楽しいw



1412282041_IMG_1652.jpg

再び取り付けてみた
んーなんか向かって右のほうが
下に位置してる気がするが・・・

っていうか基部が左と比べて
0.5ミリくらいズレていたことが判明・・
あとで気が向いたら調整しようw



こんな感じで失敗を気にせず(←気にしろよ)
チマチマと進めていきますーw

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。