--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015/04/17

プラモデルの作り方 制作講座その38.簡単フィニッシュの方法


前々回よりMGサザビーVer.Kaを
「素組みの簡単フィニッシュで、オサレにディスプレイ」
ということを目指して制作してます



1428814887_IMG_3013_292.jpg


前回はゲートの処理を
wave様の「ヤスリスティック フィニッシュ」で行いました
http://phantom12369.blog.fc2.com/blog-entry-170.html


で、今回はトップコートの
つや消しの検証をしてみたいと思ったんですが
その前に紹介しておきたい制作手順があるので
そちらをご紹介します



●ストレート組みでも、洗浄はやっとけ


制作の手順として、
ゲート処理が終わったんで
次に洗浄します

中性洗剤を数滴たらして、
普通に水洗いでいいんですけど
僕はメンドーくさがりなんで
「超音波洗浄機」を使いますw



1428978134_IMG_3019_293.jpg

この超音波洗浄機は、マジでオススメで、
「先に手に入れるなら乾燥器と洗浄機、あなたはどっち!?」
みたいなお題を前に見た記憶があるんですけど
僕は迷わず洗浄機の側に座りますねー

乾燥はね、ほっといても乾くじゃん?
でも洗浄は、ほっといてもできないんですよ? ←当たり前だ
でも、洗浄機があれば、ほっとけるんですよ
この差は僕にとって計り知れないほど大きいのだw

超音波洗浄機は、僕の中の
「無くてもいいけど、あると便利アイテム」
ランキングの中で、たぶん筆頭一位のアイテムですねw

使い心地は、この記事で紹介してます!→プラモ製作で「超音波洗浄機」は必須だぜー!






●デカールを貼るんなら先にやっとけ


次にデカールを貼っていきます
簡単フィニッシュって、
乾燥を待たずに作業に入れるんですねー
全塗装と比べて手順がすごくショートカットできて
ちょっと驚いてますw



1428982279_IMG_3020_294.jpg

あれー?今回のキット添付の水転写式デカール、
すげー貼りやすいなあ?
水に浸したらすぐに貼れるね
もしかして品質が上がってる?
ロールアウトして、そんなに時間が
経ってないからですかね?


ちなみに僕は、メーカーの指定通りに
デカールを貼ることは
あんまりしないんですけど
今回は「ストレート組み」という制作プランなので
あえてバンダイ様の指定通りに貼ってみます
もう、バンダイ様の下僕でございます
なんなりと申し付けくださいませぇ!
って気分ですw



1429247264_298.jpg

ちなみにデカールは
取説の指定通りに貼らなくても
全然いいんですよ
むしろ言いなりに貼りすぎないほうが
カッコいいんじゃね?
とか思ってますw ←どこが下僕なのだ

いろんなメーカー様からもデカール出てますしねー
ハイキューパーツの「NCデカール」シリーズとかいいですよね
ちなみにデカールは量が増えてきたので
100均のクリアケースに入れて保管してます


あ、水転写式デカールの貼り方は、この記事で紹介してます
プラモデルの作り方 制作講座その16.水転写式デカールの貼り方




1429083848_IMG_3026_296.jpg

全部貼ってやったw ←さっきの発言は何だったのか
150枚くらいw
僕、何気にデカール貼りが好きなんで
あと50枚くらいはイケるぞ?

しかしこれ、カッコいいですなー
F1とかのレーシングカーみたいです
シナンジュがそうだと思ってたんだけど
サザビーもイケますなぁ!
こうなりゃ、ウレタンクリアーでコートして・・・


い、いかん!
今回はオサレなインテリア風を目指したいんで、
そういうワケにはいかんのや!
トップコートは、つや消しでいくんや!! ←



1429084323_IMG_3027_297.jpg

このままでは「遊び」が無さすぎるんで、
強引に「くずす」ことにした
僕の秘蔵っ子の、マシーネンのデカール
「ウイングハート」を貼ってあげましょうね
これで「台無し」にできましたよかったです
本当にありがとうございました


しかし、このサザビーver.Kaは構造が充実してるんで
シンプルなストレート組みでも満足できていいですねー
まさに簡単フィニッシュに相応しいキットかもしれんな



1429029072_IMG_3021_295.jpg

ところでシンプルといえば
この記事を書いている今の季節は春でございます
春といえばタケノコでございます
私、タケノコご飯は今年でもう3回目でございます
炊き込みごはんは、ダシ・しょうゆ・みりんで
炊くのもよろしいかと思いますが
シンプルに「塩のみ」なんてのも、また美味しゅうございます
塩は土佐の(以下略)



はい、強引にねじこみました ←
では次回は、つや消しの検証に入りますー!


[関連記事]

「DIYでプラモデルをオサレに飾る計画」(仮名)がスタートしました

素直みのゲート処理をwave様の「ヤスリスティック フィニッシュ」で行ってみるのだ!

プラモデルの作り方 制作講座その16.水転写式デカールの貼り方

プラモ製作で「超音波洗浄機」は必須だぜー!

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。