2016/01/23

プラ板のハコ組についての忘備録&モノリス制作


前回の記事ではプラモと
全然かんけーない制作記事を書きました

・透明レジンで「オルゴナイト」っていうピラミッド型のオブジェを作ってみましたー

で、今回は・・・
んー少しは関係あるかもですw



で、唐突なんですが
「モノリス」を作ってみたくなりました

モノリスっていうとアレですよ
「2001年宇宙の旅」っていう映画に出てくるアレです




Monolith.jpg

まぁ映画の話は置いておいて(てか内容わすれた)
これは各辺の比率が
1:4:9で構成されているそうで
この数字はウィキ先生によると
「1、2、3という自然数の二乗となっている」
という何やら意味深な配列なのであります



で、そんな比率の話も置いておいて
このモノリスなんですけど、
プラ板で簡単に作れそうじゃないですか?
てか、ただのハコ組ですからねー
そりゃ作れますよ、なめんなよ!! ←なぜか荒ぶる



で、モノリスを作るにあたって
「ハコ組」というものについて
もう一度向き合ってみまして
気づいたことがあったので
忘備録として記しておきたいと思います


以前もそんな感じの記事を
上げたことがあるんですけど
それの改訂版です


・「箱組み祭り」開催中だよー!(プラ版を正確に切り出す方法 その6)



あ、今回の記事、
ベテランの方には「今さらなにを?」の内容です!!
すいません!許して! ←懇願




■直方体におけるプラ版の組み方


ハコ組001

まず、はじめに、これは90度で組み合わさる
「直方体」限定での考え方です
他の角度が出る多面体では、応用できないかもです

まず、こういう立方体を想定するじゃん?


赤を「前後板」
青を「左右板」
黄を「天地板」


と名づけてみます


この3種類の板を
どのように組み合わせて
立方体を作るのか?
についてですけど
いろんな組み方があると思うんですけど
「n兄さんのかざぐるまの法則」
で組むのが一番わかりやすいのではないかと思います
もちろん、状況によっては他の組み方が
いいケースもあると思います


n兄さんのブログの「かざぐるまの法則」の記事です →「新・選手権への道!SDボトムズ」




ハコ組002

プラ板には厚みがありますよね
それを「かざぐるま法則」で組んで
図で表してみるとこうなります

ちなみに「下の板」は外してます
下の板は不要になる場合が
多いと思うから




ハコ組006

この図形を、天板を取って
真上から見るとこうなります



で、これを実際にプラ板で
作ろうとするとですね、
「90度でプラ板を貼り合わせる」
っていうことが
結構難しいんですよ


でね、こういう中が空洞の立体を作る時には
「中板」
っていう支えがあるといいんですよね
でね、今まではこの中板を
「中間(真ん中らへん)に挟む」という発想だったんですが・・・




ハコ組003

このように中板(緑)を間ではなく、
「左右板」に貼り付けてみると
やりやすいかも?
というのが発見だったのです




ハコ組004

制作の手順についてですが

1.前後板・左右板・中板、
それを組み合わせた同じものを
まず2組作ります




ハコ組005

2.これを組み合わせます
ここで緑の中板が活躍して
カッチリ90度で組み合わせることができます

3.最後に天板を貼り付けて余分な部分をカット

それで完成です




次にそれぞれのプラ板を切り出す
縦横の長さについてです


●赤「前後板」&青「左右板」
横幅 目的の数値 マイナス プラ厚み×1
縦幅 目的の数値 マイナス プラ厚み×1(下板をつけるときは×2)
枚数 各2枚


●緑「中板」
横幅 目的の数値 マイナス プラ厚み×2
縦幅 目的の数値 マイナス プラ厚み×1(下板をつけるときは×2)
枚数 2枚


●黄「天地板」
縦・横とも目的の数値 プラス 0.5mmから1mm 程度
※貼り付けた後に
はみ出た箇所をヤスリで処理




要は、切り出す幅は
周囲はマイナス1、中はマイナス2って感じです


例えば

縦90mm 横40mm 厚さ10mm

のモノリスを「1mm厚」のプラ板で作る場合、
切り出すプラ板のサイズは以下となります


赤「前後板」 89×39 2枚
青「左右板」 89×9 2枚
緑「中板」  89×38 2枚
黄「天板」  11×41 1枚




1453523642_IMG_4244_1244.jpg

ちょっとサイズは違うけれど
実物はこういう構成です

なるべく90度を出すために
写真のように角棒を使うのもアリだと思います
その場合、中板のサイズは
当然、角棒分をマイナスします




1453523670_IMG_4245_1245.jpg

これ、カチャッって組めるんですよ
これが今までと違ってなんか気持ちいいんですw
プラ板がはみ出さないので、
そのまま狙ったサイズの直方体で組めました
あとは天板を貼ったら終わりです




1453523769_IMG_4246_1246.jpg

この方法で何度かハコ組を試してみたところ
大きめにプラ板をカットして
貼り付けた後に、はみ出した部分を表面処理する、
という工程を天板のみで済ませることができるため
「前後板と左右板の接着がラク」
「90度で組みやすく強度もある」
というメリットがあると思いました


・・・って、なんか文字ばかりで意味不明だな


とにかく、中板を側面に貼るとラクだった、という
ただそれだけの話ですw

あ、天板以外のプラ板を切り出すサイズは
誤差がないように慎重に行います
それでも誤差は出ますけどw



でもいちおう精度的にも作業的にも
納得の行くハコ組が
以前よりストレスなくできるように
僕はなりましたー
直方体のみですが! ←




1453524564_IMG_4247_1247.jpg

ちなみにプラ板を切り出す際には
T字定規はぜったい必須です
waveからは2種類でているんですけど
「HG ステンレスT定規【L】」(横3cm縦15cm)の方が
幅があるので定規を指で押さえやすくて
切り出し作業がやりやすいです
もっと安く上げたければ100均でも自作できると思いますー





で、ハコ組み忘備録の内容としては
これで終わりなんですが
モノリスの方は透明エポキシレジンで
作ってみたいと思いました


よって次回は、
今回作ったモノリスを原型として
それをシリコーンで型取りしますー
スポンサーサイト
2015/02/03

「箱組み祭り」開催中だよー!(プラ版を正確に切り出す方法 その6)


n兄さんのブログ
「n兄さんのプルプル日記」の記事

「新・選手権への道!SDボトムズ」

で箱組みの解説がでますたー!!



ぬおおー!!
この発想はなかった!!
L字のプラ版を二枚合わせれば・・・
そして「T字定規」がメガ必須!とのこと!


兄さんの「キットの百倍重要!」
という言葉にウソ偽りのないことは
すぐに感じましたねー!

こういう道具のあるなしで
楽しくラクに作業できるか否かが
大きく変わることは
僕も多少は経験済みですよ
ということで、そっこーでポチりまして・・・



届いたにゃーん!

1422846592_IMG_2361.jpg

ウェーブの「HGステンレスT定規」!
これでおれに死角はない!
四角を存分に作ってやるぜぁ!←無理やり







1422857497_IMG_2362.jpg

つーことで、なまらプラ版に切込みをいれて・・・



1422857539_IMG_2363.jpg

ペキペキ折る!!



1422857761_IMG_2364.jpg

さらに折る!!



1422858143_IMG_2365.jpg


んで、ちょいとアレンジさせてもらって
自作の治具「スコヤくん」と
ポリプロピレンの板の上で作業してみるです
どうでもいいけど
ポリプロピレンって発音するの
なんか楽しいww←どうでもいい

L字を二枚つくりーの・・・



1422858281_IMG_2366.jpg

合わせまして・・・
じゃーん、かざぐるまー!



1422891946_IMG_2370.jpg

あ、T字定規、すげーいいです!!
直角に切り出しができるんで
これは確かに必須です!
使い勝手がすげーいい!



1422897780_IMG_2371.jpg

ずらずらと箱組み練習・・・
6個目くらいから要領が
少しだけ分かってきた感じです



1422943214_IMG_2373.jpg

ちょっと中板入れてみたりとか
これステップ2かな?
とかも試してみたりー



1422947724_IMG_2375.jpg

そんな感じで何個だ?
12個か、作りました
せっかくなんでこのサイコロ、
何かに使いたいw
ピラミッド的なものにしてみるか?
んー、なんか収まりがイマイチだな・・・



1422950542_IMG_2376.jpg

イス的なものを作ってさしあげた
さあ、おすわりください!



1422950899_IMG_2378.jpg

「うむ、なかなかいいぞー」
とか言ってるように感じましたw

こうして、フルスクラッチ
「ミニミニダンボー&玉座(みたいな何か)」
のできあがりー!みたいなw



まさか、この箱組み祭りで
ダンボーとか自作するとは
夢にも思いませんでしたw


これ、楽しみながらプラ版加工を学べる
非常に良い機会だったと思います!
あらためてこの祭りの
主催者と実行委員長である
n兄さんとebavoさんに感謝!
かさばる兄さんや、ぷらっちっくさん、
あと僕は知らないけど、まだ他にもいるかもしれない
参加者の方にも感謝ですー!

ありがとー!
2015/01/29

これが・・・「フル・スクラッチ」・・・なの・・・か?w(プラ版を正確に切り出す方法 その5)



いやね、昨日ダンボーミニのミニ、
つまりミニミニダンボーを
箱組みの練習として作ったんですけどね



1422412415_IMG_2340.jpg

コイツが早速

「てあしをつくれー」

と言うのですよw
嘘みたいな話ですけど、本当なんです
ていうかウソです



いや、でも
「てあしをつくれー」
といってる気がしたので
「んー、たしかにこのままでは可愛そうだ」
って思ったのです
しかたねー、手足を作ってやんよ!!



1422499802_IMG_2342.jpg

あ、これ、ぷらっちっくさんにお褒め頂いた
「スコヤくん」です
いちおう書いておくと
30ミリの立方体ブロックに
厚さ0.5ミリのアルミ板30×40を
貼り付けてるだけですw

流し込み接着剤を使うと
プラがアルミにも溶け出すんですが
ツールウォッシュで掃除が可能ですー!



1422499811_IMG_2343.jpg

僕は接着剤の空きビンに
入れてるんですけど
そのフデでチョイと垂らせば・・・



1422499906_IMG_2344.jpg

キレイになりますよーってことでw



1422513368_IMG_2346.jpg

イキナリだけど各パーツを作ったw
今回はプラ角材を芯に使ったので
けっこうサックリできましたw
足はめんどいので固定w
手はハリガネで可動式という
テキトーすぎる仕様ですw



1422500990_IMG_2345_01.jpg

あ、前記事で「直角・水平にヤスるのがムズイなー」
って書いたんですけど
僕、よく考えたらウェーブの
「ヤスリほう台2」を持ってるんだったw
もう頭がボケてるなw


これ「ヤスリほう台」と「ヤスリほう台2」という
似た名前で製品が二つあって
非常にまぎらわしいんですけど・・・

「ヤスリほう台」はタイラーみたいな
ペーパーの当て木のようなサポートアイテム

「ヤスリほう台2」はスライサーみたいな構造で
パーツをヤスリに対して水平に
往復運動ができるサポートアイテム

となっている中々に
スグレモノのアイテムなんですよ!

一時期、生産中止になってたんですけど
最近になって再販されました!







1422514024_IMG_2348.jpg

てゆーことで組んだった




1422517428_IMG_2350.jpg

んで、色をてきとーに塗ったった
どうだ、てあしを作ったぞ?うれしかろー?
そっこーで用意してあげた僕に感謝しろよ?w



1422517617_IMG_2351.jpg

む!僕のアーモンドじゃないかー!

このミニミニダンボーは
つまみぐいが好きというか
どうやら手癖が悪い性格みたいだ
とゆーことが僕にはわかる、
作った僕がいうんだから間違いない←意味不明



1422517787_IMG_2352.jpg

とゆーことで
親ダンボー・子ダンボー・孫ダンボーが
勢ぞろいー!
実は、ひ孫ダンボーもいるんですけどねw



なんか初めてなんですけど
これ、「フルスクラッチ」って
ことでいいんでしょうか?w


まぁ、これは簡単でオススメの
練習台かもしれないすなー!
2015/01/28

プラ版の箱組みの忘備録みたいなもの、ていうか忘備録w(プラ版を正確に切り出す方法 その4)


昨日、ドンキホーテにいったらね
毛布型のポンチョを発見したのだー!
こ、これはスグレモノやんー!
超・寒がりの僕はソッコーでゲットですよ



1422367733_IMG_2317.jpg

これ、いい!あったかいー!
しかもなんかマントみたいで
羽織ると気分がまことにいい!!
なんか調査兵団になった気分ですよw
イェーガーー!!



てか、そんなこと、どうでもいいですね
ジムⅡの制作が一息ついて
プラ版の箱組みがアチコチで盛り上がっているので
僕も練習するのです
以下は、ほとんど僕の忘備録なので
真剣に読まないでねw




まずn兄さんのコメント(ebavoさんブログ・ジム・2015・1・22より)

-------------------------------------------

兄さんから、簡単練習法をいくつか、、、、

まず、最初は上手いこと切り出せません、、、、プラ板を、、、
なので、およそ適当で大丈夫!
ちなみに、プラ板は「切る」のではなく、「折る」が正解です!笑
1.2mmプラ板なら、Pカッターで2回なぞれば、板チョコのように折れますので、綺麗に切る概念は、最初は捨てて、折りましょう!

次に、ハコ組みですが、、、、、、
最初は、小型のダイヤブロック(もどきでいいよ)を手に入れます!
現在だと、相当細かいものまででてるので、パーツでネット購入または、大型量販店で入手すべし!
最初は、1cm×2cmくらいから始めましょう~!!
購入したら、6面ある、どこでもいい面に1枚張る、、、
(だいぶはみ出ててOKだよ!)
乾いたら、それをニッパーで綺麗にはみ出しを掃除、そこで、鉄ヤスリで整える、次に、2個目の面に貼り、同様に繰り返す、、、、

これを6回やりますと、ほぼ形になります、、、
無論「練習」なので、その中に、ポリキャップを仕込むとか、、、
間接を入れるとかではなく、、、

「まず、形を出せるよう、手に覚えさせて感覚をやしなう」

が、目的です、、、、
だって、いくら練習しても、縦横比が出てない、でたらめなモノでは、やるだけ落ち込むし、気分がどんどん悪くなるでしょ?!
なので、最初は、「正方形」や「長方形」を、<頭>や<数字>じゃなく、<手>や<指>で覚えるといいですよ!!
そうして、小さな成功を重ねながら、本格的な「ハコ組」に挑戦する下準備をします、、、
そう、トラスも同じ原理で、練習できます、、、
最初は、ハコの周りの「面」に合わせて張り合わせていく練習をしていくと、最終的には、たどり着きます、、、、
つまり、物体の形状を指で覚え、かつ、定規となる元ゲージ(ブロック)の使い方も、同時に学習していく方法です、、、、、

たぶん、EBAVOさんは、僕たちが、何のゲージも無く?
さらっとプラ板工作してるように、記事をご覧になると思いますが?
僕らプロでも皆さんとやり方は一緒で、、、
ゲージや、補助を多様してます!
(それでも全然、正確なものは出来ませんが、、、汗)

あとね、、、、
頭の中に置いといて、、、、
「重力の在る、地上で、右利きの人間がやる作業です」
当然、シンメが誤差0.01とかは不可能です、、、
(やれる人も、中には10億人に1人ぐらいいますが、、、汗)
だから、あまり気にせず、気楽に練習していきましょう~!
だって、かっこいいでしょ?
製作の合間に、飽きたから「他キットを素組する、、、」より、、、
飽きたから「箱組練習したよ!」の方が、、、何かクリエイティブに感じますが・いかがでしょうか?!!
(頑張ってね!)


-------------------------------------------


兄さん、超親切だ!!
このコメ、僕そっこーで保存したよw
マジありがとうって感じです!
いや、僕あてのコメじゃないんだけどねw
n兄さんにもebavoさんにも
ここに無許可で転載させてもらったけど、
大丈夫だよねっ?ねっ?←懇願



1422334529_IMG_2295.jpg

んで、こっからほんとに忘備録
ナノブロックを用意した



1422337740_IMG_2297.jpg

てきとーに組んだw
まぁそれはいい



1422362128_IMG_2303.jpg

スライド定規の「スラくん」とか使いながら
切り出し・・



1422360276_IMG_2300.jpg

箱組みしていく
中のブロックは人柱になってもらうので
ガッツリ接着したw
完成写真を撮るの忘れたけど
ここまでは大丈夫



次に、この立方体を
ダンボーの胴体に見立てて
頭部を自作してみたい


組んだ胴体を基準に
比率を計算したところ
実物は約150%拡大、
逆に言えば自作パーツは
実物の約70%縮小であることがわかった

この比率をもとに
自作する頭部の数値を割り出すと
縦18×横29×幅20であることが判明


次に用意するプラ版の数値を考える
便宜上、以下のように呼ぶ


正面(縦×横)2枚を①
側面(縦×幅)2枚を②
天地(横×幅)2枚を③
中板(縦×横)1枚を④


組み方によって用意するプラ版サイズは変わる
とりま①を基準板(底板)として考える
使用するプラ版の厚みによって
マイナス2枚分を補正する必要がある


■切り出しのフォーマット
①のサイズ・・・縦そのまま×横そのまま
②のサイズ・・・縦そのまま×幅マイナス2枚分
③のサイズ・・・横マイナス2枚分×幅マイナス2枚分
④のサイズ・・・縦マイナス2枚分×横マイナス2枚分




これに目的の数値を当てはめると
必要なプラ版のサイズは以下となる

①のサイズ・・・縦20×横31
②のサイズ・・・縦18×幅18
③のサイズ・・・横27×幅18
④のサイズ・・・縦12×横27

※①は本来縦18×横29だが、底辺のため余白プラス2をとる ←常にこれで
※④は本来縦16だが、今回は地面を4ミリ凹ませたいので12にする ←今回のみ



1422401956_IMG_2331.jpg

プラ版に目的の数値を書き込んだ



1422402570_IMG_2332.jpg

切り出した



1422403216_IMG_2334.jpg

自作の治具「スコヤくん」で
直角になるように張り付けていく



1422404313_IMG_2335.jpg

底板の余白分を最後に切り飛ばし
ヤスリで成型
いちおうできた




1422404920_IMG_2336.jpg

最初に作った胴体と頭部を組み合わせて
顔を書いた
なんか白いと呪怨のトシオくんみたいで怖い
僕は怖いのがくっそ苦手だ
このままではイヤン



1422406172_IMG_2337.jpg

ピンバイスで穴を空け
基部は2ミリのアルミ棒で
持ち手は真鍮線で仮固定



1422409859_IMG_2338.jpg

メンドーなので洗浄せずに
てきとーに筆塗りw
スジボリもついでにやっといた
顔を書いた
なんか歪んでるけど、まっいいかーw

いぇーい、自作のミニミニダンボーくんだー!
気が向いたら手足も作ろう
気が向いたらねw←くどい



012c46755f9977578e68123a3fdec7c0133e46a9f7.jpg

乾燥を待ってる間に
チョコスコーンが食べたくなって作ったよ
って、ちょおま、食べてんじゃんー!
しかもミニミニダンボーまでー!
それ、僕のだぞー!w





・・ん、・最後のは余計だったねw


今回やってみて感じたけど、
ていうか前々から思ってるんだけど
平行、水平にヤスリをかけるのがムズいねー
なんかちょっと歪んじゃうんだよなー


あともう一つ、中板を直角・水平に貼るのが
なかなかムズいなー
解決法は、やっぱ慣れなんかなー?



とりまn兄さんの週末?の記事に超・期待してますー!!

2014/11/24

プラモデルの作り方 制作講座その32.プラ版を正確に切り出す方法(その3)


プラ版加工の話、その3です!
前回は「任意の形状を切り出す方法」として
プラ版の切り出し方をご紹介しました

今回も試行錯誤しながらやってますけど
やっていくうちにいろいろと発見もあるのでして
まぁいくつか書いてみたいと思います
ほとんど個人の忘備録と化してますけどねwwww



●型取りゲージを使う

1412667356_IMG_1682.jpg

これは横山宏先生の
「マシーネンクリーガー・プロファイル1 ファルケ」
で知ったんですけど、
「型取りゲージ」という道具が
この世の中にはあるんですよw
押し付けてその物の形を取れるという、
断面を計測することができる便利ツール!





1412667389_IMG_1683.jpg

こんな風に押し付けるじゃん?



1412667400_IMG_1684.jpg

するとこんな風に断面を見れちゃう!
面白いですなー




1412667770_IMG_1689.jpg

いきなりプラ版だとアレなんで、
とりま一回、厚紙にトレースしてみます
「へこんでいる方からやると、一回り線が小さくなってしまうので
出ている方のデータからトレースする」
とのことですよ




1412667906_IMG_1690.jpg

切り取ってみますた
これを・・・



1412667933_IMG_1691.jpg

パーツにあててみた
む、やや隙間が空いたが、まぁヨシとしようw
この形でプラ版に切り出したいので
次の工程にいきます



1414341951_IMG_1791.jpg

トレースには、いろんな方法があると思うけど
マスキングテープでトレースしてみます
厚紙の上にマスキングテープを貼ります
マスキングテープは薄いので
下が透けるから簡単にトレースできます




1414342224_IMG_1792.jpg

そのマスキングテープをプラ版に貼って
上からナイフで線を入れるように切ります
そのあとマスキングテープをはがし、
見やすいように筆ペンでスミイレしました

んで、もっと簡単にトレースするには・・・


1414343601_IMG_1793.jpg

トレースしたいプラ版を下に置いて
ガイドとなるプラ版の周りをペンでなぞります
これで形状を量産できます

って、当たり前ですねwww
線に沿ってピッタリ切るんじゃなくて
余白を残してみました



1414344645_IMG_1794.jpg

これを「道具のお話」記事で紹介した
「卓上万力」に挟んでまとめてヤスリで成型すれば
同じ形状のパーツが量産できます

しかし、立方体のものを
直角水平にヤスるって結構難しいんですよね
これの対処法は現在検討中で、
いずれ記事にするかもです
とりま先に行きます



1414349953_IMG_1795.jpg

ぐへぇ、途中写真がないーwww

ええと、切り出したプラ版を箱組みして
ふくらはぎの部分にスラスターを追加してみたのw

こんな風に断面を計測して
プラ版を張り付けることができるんだねー
ってコトでした
なんか尻切れトンボでスマンwww




●ディテールアップ用のプラ版の制作

1414466889_IMG_1800.jpg

ええと、よくディテールアップに
細い短冊のプラ版を張り付ける手法とか
ありますよね?
あのプラ版の量産方法を考えました


まず「プラ版を切り出す方法その1」の記事で紹介した
岬さんのノギス方法で、スジボリラインをプラ版に引きます
任意の幅でいいんですが、とりあえず3ミリで引いてみた


で、それを1ミリ幅で切り出します
あとは手でポキポキ折れば、
3ミリ幅の短冊プラ版が量産できます

なんか駆け足で紹介したけど分かるかなぁ???
エバグリとかの1ミリプラ板を切り出す以外にも
こんな方法が可能ですね、ってことでw



1414481226_IMG_1801.jpg

これはかなり応用ができると思うので
1ミリ、2ミリ、3ミリと用意してみますた



1414482223_IMG_1802.jpg

2ミリ幅の板をカットして
さっきのふくらはぎのスラスター部分の
底面に置いてみた
なんか使いどころを間違っている気もするけど
ピューってスルーしてくださいw
僕、こういうセンスないんですw




●しいたけに挑戦 その2

1414556909_IMG_1803.jpg

前回の記事で「しいたけ」に挑戦したけど
もう一度挑戦してみます

まず2種類の幅のプラ版を用意します



1414557561_IMG_1804.jpg

ここで自作の新兵器、「スコヤくん」の登場!
アルミブロックにアルミ板を張り付けたものです
これを何に使うかというと・・・



1414557575_IMG_1805.jpg

このように小さいパーツを
キッチリ並べて接着するために使います

これができなくて前回は
吐き気がするほど不細工なモノに
なってしまったんで対処法を考えたんですw
今回はバッチリ・・・かな?



1414557783_IMG_1806.jpg

前よりはキレイに並べることができた!



1414560824_IMG_1811.jpg

これを腰のサイドアーマーの裏に
貼ってみようと思う
別にそれがカッコいいとか考えたワケじゃなくて
ただの練習ですw
何度も言うが僕はディテールのセンスが皆無なのですw



1414560926_IMG_1812.jpg

成型のために、またまた「卓上万力」に挟みます
「卓上万力が便利」って道具紹介の記事で書いたけど
それって、こういう意味だったんですよ



1414561690_IMG_1813.jpg

タガネで挟み込んだ方のプラ版を削り
高さを調整中・・・
いや、こんなアクロバットな使い方をしてるワケじゃなくて
片手だから写真が撮れないだけですw



1414562627_IMG_1814.jpg

まぁ、前回よりはキレイかな?



1414563947_IMG_1815.jpg

精密ヤスリで形状に変化を与えてみよう
なんか実験してるみたいですけど
ほんとに実験してますw
こうすると、どうなるんだろう?みたいなw



1414564617_IMG_1816.jpg

最後に、パーツの高さというか厚みを調整します
プラ版において高さを合わせるための
プラ某ガイドで挟み込み
ヤスリをかければ精度を出せますね



1414566041_IMG_1818.jpg

できたー
何度も言うが、これがカッコいい、とかではないぞ?w
やってみたかっただけなんですw

こんな精密な成型でも、やり方を知れば
僕みたいなヘタレ初心者でも、それなりにできたよーっ!
ってことでしたw
今回は0.5ミリ厚プラ版を使ったけど
慣れれば0.3ミリ厚とかに挑戦だね



1414560725_IMG_1810.jpg

しいたけって、どの大きさのプラ版が
何枚必要なのか?ってことが
慣れてなくて分かりづらかったんで
必要なプラ版の切り出しというのを
フォーマットにしてみた
まぁ誰も興味ないだろうけどw

む、これでは見づらいな・・・



siitake001.jpg

siitake003.jpg

なんかただの自己満足w

これで数値を調整すれば、
次回から、どんなしいたけ形状でも
必要なプラ板の数と形が割り出せるハズだ
たぶんw



以上、ほとんど個人の忘備録と化してますけど
何かの参考になれば幸いでござるー!