2014/09/27

「HGBF グフR35」制作&塗装完成!ギャラリーです!

「HGBF グフR35」を制作しましたー

塗装については
グラデーション塗装したんですが
ウェザリングしたくなったので
そのまま汚してベースを作って完成としました



DSCN1919.jpg

ウェザリング前の写真を一枚だけ撮ったw

うお!なんかまぶしい!
目が、目がぁー!(ムスカ大佐)

というわけでギャラリーですw




DSCN1929.jpg

(主な改修・改造箇所)
・アンテナをシャープ化
・パテで目つきを悪く変更
・パイプはチューブに変更
・口を延長
・モノアイはHアイズとメタルパーツに変更
・肩スパイクを延長
・肩アーマーはウスウス攻撃
・上半身をやや前傾姿勢に変更
・両足の取り付け角を変更
・太もも上部を2.4mm延長



DSCN1938.jpg

・ランドセル下部のパイプを差し替え
・その他、プラ版で各所ディテールアップ



DSCN1930.jpg

ベースは重曹で制作しました
中東の砂漠のイメージです



DSCN1931.jpg

結構、派手にドライブラシしてみました
あれ?フィンガーバルカンが左右逆な気がするw



DSCN1936.jpg

デカールは主にハイキューパーツと
マシーネンクリーガーのものを使用



DSCN1939.jpg

足元の小バーニアは切り取って
メッシュを張り付けて
排気口ぽく変更しました



DSCN1940.jpg

シールド裏にボルトを張り付けました




今回、久し振りにガンプラの
ハイグレードを制作したんですが
テキトーに気ままに作ったので
なんか楽しかったー!

ちょっと次回もハイグレード作ろうかなーって気分ですw
スポンサーサイト
2014/09/27

「HGBF グフR35」のウェザリングとベースの制作!(制作記その5)

「HGBF グフR35」を制作しています
前回までで塗装が終わりました
今からウェザリングして
あと簡単にベースを制作します


1411184915_IMG_1602.jpg

まずはタミヤのアクリル塗料の「バフ」と
燃料用アルコールで
自然でお手軽なホコリの表現
「アルコール落とし」を行います!




1411189501_IMG_1603.jpg

こんな感じになりました
このウェザリング方法はカンタンなので
オススメですよ!

やり方について詳しくはコチラ!→プラモデルの作り方 制作講座その19.自然なウェザリング「アルコール落とし」のやり方



1411273679_IMG_1604.jpg

あとベースを制作してみます
今回は「中東の砂漠」ってイメージなのだ
セメダインのカベパテを
デコパージュに盛ってみようかな



1411274118_IMG_1605.jpg

カベパテを盛って
固めのスポンジを押し付けて
地面を作りました
パテを盛る前に念のため木工用ボンドを塗ってます
あとリキテックスの「マットメディウム」を
用意しました



1411274283_IMG_1606.jpg

続いては砂の表現をしてみます
まずかべパテの表面に
「マットメディウム」を筆塗りします
そして・・・



1411274583_IMG_1607.jpg

その上に「重曹」を振りかけました
さらに木工用ボンドを水で溶いたものを
スポイトを使って重曹に垂らし
さらにその上から再び重曹をふりかけました
こうやってサンドしてくと
重曹がちゃんと固定してくれます



1411277150_IMG_1608.jpg

カベパテが柔らかいうちに足を押し付けて
足跡をつけておこう
このあと足を外して1日くらい乾燥させときます

こう見ると足と砂の接地面がちょっと寂しいねー



1411277710_IMG_1609.jpg

ちょいと足回りに砂ぼこりの表現を追加してみよう
ベビーパウダーとアクリル塗料を使ってみようかなー
ドライブラシ風にこすりつけてみます



1411278300_IMG_1612.jpg

右がベビーパウダー前
左がベビーパウダー後です
うむ、なかなかいい感じじゃないかw



1411278877_IMG_1613.jpg

再びベースにセットすると
こんな感じになりましたー

このあと写真は撮ってないけど
油彩でドライブラシして
コピックで油汚れを追加しました



1411715254_IMG_1620.jpg

というわけでグフR35が完成しましたー

続きはギャラリー記事にて!

2014/09/17

「HGBF グフR35」を塗装しますた!(制作記その4)


「HGBF グフR35」を制作しています
前回までで工作が終わりました
今から塗装に入るとですー


1410506453_IMG_1576.jpg

ということでサーフェイサーを吹きました



で、グフの塗装を考えていたんですが
グフといえば基本色はブルーなんだけど
今回はもっとマゼンタを強めにして
パープルでいってみようと思います
彩度、明度は高めでいきたいなー



1410580610_IMG_1578.jpg

メインカラーはガイアノーツの
「マイザーパープル」にしました
バーチャロンカラーですね
「いい色だなー」って思って
何に使うか考えずに買ってましたw
これに「ウルトラマリンブルー」を
調色して塗装してみます




1410757298_IMG_1585.jpg

こんな感じになりましたー
濃いブルーも薄いブルー(ていうかパープル)も
同じ塗料で、濃度を変えて調色しています
あ、あとホワイトを混ぜました

いちおう、グラデーション塗装をしてます
続いてデカールを貼ります!貼ります!



1410849532_IMG_1592.jpg

デカールを貼りました
仕上げに半ツヤクリアーを吹いてます

んー、シールドの枠のイエローは
うるさすぎたかなー
濃いブルーで良かったかもしれないですなー
こういうの、塗装して組んでみないと
わからんのよねーあははー(←塗り直す気はないらしい)



1410849559_IMG_1593.jpg

ノズルの色はグレーだと面白くないなー
と思って「カーキグリーン+ホワイト」で
塗装してみました
まぁ悪くはないかな




これで完成ー!
としてもいいんだけど・・・

というか、ガンプラでこの配色ならむしろ
ここで止めておくべきな気もするんですが
ちょっとウェザリングしてみようかな?
という気分になってるんだよねー


「ここでやめといた方が良かった・・・」
なんてことにならなきゃいいけどねーwww
まぁどんな風になるのか、自分でも楽しみですわ
ほんとテキトーな制作スタイルですw

2014/09/12

「HGBF グフR35」を制作しとりますよー(その3)


前回に引き続き
チマチマと気ままに工作してる
「HGBF グフR35」の制作その3ですー


1409981334_IMG_1531.jpg

ちょいと肩回りをば・・
先端を切り飛ばして
ブラ棒を接着します
先端を少し伸ばして尖らせよう計画ですw



1410073917_IMG_1540.jpg

肩のスパイクは別パーツの表現として
BMCタガネの0.15mmでスジボリしとこー



1410143927_IMG_1541.jpg

肩アーマーのフチは
リューターでウスウス攻撃
こんなん手でやってられませんw
まぁ仕上げは手動だけどね



1410143968_IMG_1542.jpg

ちなみにリューターは
ウェーブの「ハンディルーターMk.1 AC」を使ってます
これ、工作には欠かせない電動ツールです!





1410435591_IMG_1565.jpg

延長したトゲトゲを成型しました
サーフェイサー吹いてみないと
上手くできたか分からないねw



1410418930_IMG_1560.jpg

これは腕回りだな
手首にカバーをつけてみた
コトブキヤの四角バーニアパーツを
ぶった切って使いましたー


1410421578_IMG_1561_01.jpg

これはヒートロッドを
先端だけ切り飛ばして
収納するところに張り付けたの図です
てか収納できるスペースは
一体どこにあるんだ??w(←それは言わないお約束)



1410458659_IMG_1573.jpg

肘のモールドにディティールアップのつもりで
ピンバイスで穴を空けてみたんだけど
これは失敗だったかもしれんwww
塗装して変だったら、またその時に考えようwww



1410433813_IMG_1564.jpg

腰回りですな
腰のパイプは今回は
チューブのような表現にしてみるのだ
前にザクのパイプをこんな感じで
表現した作品を拝見して
カッコいいなーって思ってたんですよ
完全なる模倣ですねw


1410433801_IMG_1563.jpg

このチューブはハンズで買った「自由自在」という
ハリガネを使用しました
腰回りに使ったのは直径3.2mmです
実は、ハリガネが固くて形を作るのが難しかったんで
中のハリガネを引っこ抜いて
細いのに差し替えてます



1410435758_IMG_1566.jpg

基部にはテキトーに
コトブキヤのデコパーツを張り付け
胴体パーツのヘソの下部分を
少しヤスリで削りました
やや前傾姿勢が取れるようになりますたー



1409982063_IMG_1532.jpg

続いて頭部の工作ですな
何も考えずに口にプラ版を貼ってみたw
これで口を延長できるんですが
べつに「元の形がワシのイメージと違うんじゃー!」
とかじゃなくて、単に
「こういう工作をするとどうなるんだろ?」
という好奇心でやってみただけw



1410437636_IMG_1569.jpg

ほいで、穴を空けて成型しました
ちなみに、こういう箇所のヤスリは
三角ヤスリがやりやすいね

僕は「プラモ工作法大全」という本に紹介されていた
上野文盛堂の「超極細 プロ使用最高級ヤスリ(三角)」
を使ってるんだけど、これ非常に良いヤスリですよ
「超極細」が360番相当、
「超精密」が500番相当
と本書には書いてあります

四角や半丸、平ヤスリよりも
三角一本を持っていた方が
汎用性が高いと本書に書いてあるけど
確かにそうだと思います
そういやこれ、ヤスリのレビューに入れ忘れてたなー
オススメです!



1409984012_IMG_1534.jpg

なんとなく目つきを悪くしてみようと思って
瞬間接着パテを盛ってみた
しかし、いつ見てもこのパッケージには
一言いいたくなるんだよなーww
まぁ使いやすいからいいですw



1410439494_IMG_1570.jpg

あとモノアイは基部を
ハイキューパーツの「SPプレート1.5mm」を使ってみよう
レンズはウェ-ブの「Hアイズ3ミニ」を使います
モノアイのディティールアップの
王道コンボって感じですねw





1410439797_IMG_1571.jpg

目つき部分を成型して
SPプレートを入れたけど
予想通り見えんがなww
口回りのパイプは「自由自在」の
2ミリでチューブにしました
アンテナは、もちろんチャープ化しとります



1410457915_IMG_1572.jpg

あと最後に普段なら気にならないと思うんだけど
シールド裏の押しピン跡がやたら気になったんで
ペーパーで処理しました
こんな狭い所を手動でやるのはイヤなので
電動ツール「ペンサンダー」でサクッと処理w

今回あらためて思ったけど、このペンサンダーって
「電動」が凄いのではなくて
「狭い所を」電動で処理できるのが凄いねー

※「ペンサンダー」について詳しくはコチラ!→プラモデルの作り方 制作講座その2.お薦めの工具-ヤスリについて(2)─ いろいろなヤスリのレビュー




1410459618_IMG_1575.jpg

そんな感じで工作がおわーりー
てか、そろそろ飽きてきたので
終わらせたww

この次は塗装に入りますよ!

2014/09/09

ぐふふw「HG グフR35」を制作してますー(その2)


「HG グフR35」の制作をしています
前回に続きチマチマと気の向くままに
工作をやっとります
いま、足回りをやってる最中です



1410150871_IMG_1544.jpg

いきなりジャンクパーツの箱を漁ってみる・・・
戦車の余りパーツとかで
何かいいのないかなー?



1410152774_IMG_1545.jpg

足を2ミリ延長したんだけど
基部がスカートからチラチラ見えそうな気配なんで
てきとーにジャンクパーツで
ディティールアップしてみたです
「なんかメカしてますよー」的なアピールw



1410149427_IMG_1543.jpg

シールドの裏の穴あきピンは
ボルトで塞いでみた
人の頭くらいはありそうな
大きいボルトだなーとか思いつつも
スケール感は完全無視ですww



1410154196_IMG_1550.jpg

この辺もなんかテキトーにジャンクパーツとか
プラ版とかでディティールアップしてみた
僕、あんまこういうセンスないですw
センスがある人がうらやましいねw



1410152787_IMG_1546.jpg

ええと、これは腰のパーツですね
んー、この股関節なんだけど
なんか少し向きを変えてみたい気分
ハの字にしたいんだよなー



1410153114_IMG_1547.jpg

ハイパーカットソーで
根本をナナメに切り欠いてみます
続いて・・・



1410153709_IMG_1548.jpg

いったんへし折って
ピンバイスで穴を空けて
2ミリの真鍮線をぶっ差して
角度を曲げてみた
どうなるかなー?仮組みでチェック!



1410154182_IMG_1549.jpg

うむ、これぐらいでよかろう
足が少し外側に向いたんですな
なんか変更前よりいい感じ!
やってよかったー♪ルンルン(←死語)



1410154463_IMG_1551.jpg


角度が決まったんで
黒い瞬間接着剤と硬化スプレーで
ガチガチに固めます
こういうのはガッチガチにしないと
後で泣きをみますw(←過去に経験あり)



1410157410_IMG_1552.jpg

続いて、この腰のパーツ・・・



1410159617_IMG_1553.jpg

まぁこうなるわなw
ここは見て一瞬で処理が決まったw
元々のプラパイプは切り飛ばして
2.5ミリのパイプに変更
基部に4ミリのパイプを追加です
使ったのはコトブキヤのディティールアップパーツですな




1410160256_IMG_1554.jpg

裏側にストッパーとして
プラ棒を入れ込んどいて
パイプの中に針金を通して接着!
針金はパイプの形状出しのために入れてます
先に片側を接着しとくのが
こういう形状出しの時のコツですな



1410235833_IMG_1556.jpg

とりまパイプはこんな感じで
腰回りのパイプはどうしようかなー?
ま、それは後で考えようw



という感じで、気の向くままに
てきとーに制作してますですw