2014/09/05

冬季迷彩の冬景色「MK44 アンモナイツ」完成しますたー!

ガッと組んで、ざっくり塗って終わりー!
てな感じで楽しめました
今回のロボットバトルVの「MK44 アンモナイツ」です
冬季迷彩して雪のヴィネットにしました


音のない静寂の中、
一体だけで孤独に雪原の中を進んでいる
そんなイメージです


ああ、久し振りにスキーにいきたいww
んじゃギャラリーです


1409892411_IMG_1498.jpg


1409892426_IMG_1499.jpg


1409892460_IMG_1501.jpg


1409892486_IMG_1502.jpg


1409892511_IMG_1503.jpg


1409893052_IMG_1518.jpg

なんか今日は気持ちの良い秋空だったので
晴れの写真も撮ってみたw


1409893099_IMG_1521.jpg


冬の極寒の中というイメージで制作したけど
青空の写真の方が気に入ってしまったwww


ああ、スキーにいきたいw


(追記)
横山宏先生から
コメントを頂けました!うれしい!

「寒そうで羨ましいです。」

スポンサーサイト
2014/09/04

汚し塗装して、とりま本体の塗装は完成ー!(ロボットバトルV「MK44 アンモナイツ」制作)


ロボットバトルVの「MK44 アンモナイツ」を
制作しています


前回は「冬季迷彩の装備?」の制作を行いました
今回は汚しです
さらりといきますw


1409723823_IMG_1464.jpg

エナメルのダークイエローで
フィルタリングしてみよう



1409724576_IMG_1465.jpg

次はなんか絵皿に残っていた
レッドブラウンでスミイレしてみよう



1409726563_IMG_1466.jpg

次は油彩でドライブラシしてみよう



1409767201_IMG_1468.jpg

次はコピックで影となる部分を描き入れたり
油汚れを描いたりしてみよう



1409769821_IMG_1477.jpg

まぁそんな感じでこうなりました

んー・・・
あんま「キター」な感じでもないが
ヴィネットと合体させるから
本体はこんなもんでいいやw(←てきとう)


1409769763_IMG_1476.jpg

汚しって、どこで止めていいのか
わからなくなるんだよねw
「止めどころ」を見極めるのが
汚し塗装のポイントだったりするんかなー?



1409769839_IMG_1478.jpg

あんまガツガツ汚さない方向で
いきましたが、どうだろう?


今回はアッサリ風味の
ライトな感じのヴィネットを目指してるんで
基本塗装の時から
明度はあんま下げないで
コントラスト弱めな仕上がりを目指してみましたー


とりま本体はこれで完成ー!
次は雪のヴィネットを制作します!

2014/09/02

冬季迷彩の「装備」をしますよ!(ロボットバトルV「MK44 アンモナイツ」制作)

ロボットバトルVの「MK44 アンモナイツ」を
制作しています


1409470148_IMG_1441.jpg

前回は「冬季迷彩」を行いました
今回は汚しをしようと思ったんですが
その前にやりたいことがありました

なんていえばいいのかな?
冬季迷彩の装備っていえばいいんかな?
とある動画の冬季迷彩を拝見して
面白そうなので模倣させて
いただくことにしましたw

ちなみに「とある動画」とは
あんま大きな声で言えないけど
「プラモつくろう」ですw



1409542782_IMG_1442.jpg

まず「キムワイプ」を用意しました
これ繊維が出ないんでエアブラシの掃除とかに
オススメなんですけど
これを一枚使います



1409543338_IMG_1443.jpg

まず、このキムワイプをアクリル塗料で筆塗りします
前に使った絵皿の色が混ざりましたが
まぁあんま細かいことは気にしませんw
これは塗装と同時に補強も兼ねてます



1409543514_IMG_1444.jpg

続きまして取り出したるは
マスキングテープの10ミリー
こいつをどうするかというと・・・



1409543721_IMG_1446.jpg

5ミリ幅にカットして竹串にまいて
クルクルと「こより」にしていきます
さぁ一体、何をしているのでしょーか?



1409544047_IMG_1447.jpg

とりまマホガニーで塗ってみます
実はこれ、ヒモっていうかロープの制作だったんですー
マスキングテープでやるなんて凄い発想ですな!
そしてキムワイプの方は「布」の制作でした!



1409544300_IMG_1448.jpg

しばし乾燥中・・・
しかし、よく見るとこのロープ
ちょっと太い気がするな・・・



1409544756_IMG_1449.jpg

思い直して2.5ミリ幅で
もう一度制作しなおす!



1409544858_IMG_1451.jpg

2度目の制作にして
カッティングシートに引っ付けたままの方が
筆塗りしやすいことを発見
いやー何事も経験が大切ですなー



1409545388_IMG_1453.jpg

ちょいとフィギュアを置いて大きさの確認・・・
上が5ミリ幅で下が2.5ミリ幅
やっぱ2.5ミリ幅にしよう!



1409546626_IMG_1456.jpg

じゃ、装備品であるスマートガンに
先ほどの「布」を巻いていきます



1409548529_IMG_1458.jpg

なんとかうまくヒモを結ぶことができた!
外れたらイヤンなので瞬着で接着しますw
なんか戦車とか砲身に布を巻いてあるんだけど
そんなイメージですね

しかし、マガジン?カートリッジ?
に巻き付けたのは失敗かもしれんなwww
これ、交換できないじゃないかww

「これが原因で、この後、この機体は破壊されたのであった・・・完」



1409545867_IMG_1454.jpg

あと足の動力パイプ?
ここにも巻き付けてみます
流し込み接着剤を筆塗りしながら巻き付けます



1409546194_IMG_1455.jpg

こんな感じになりました
パイプがちょっとチラリズムで
見えてるのがセクシーみたいなw



1409549021_IMG_1459.jpg

できたー!
うむ、なかなか雰囲気が出てるじゃないか(←自己満悦)



1409550118_IMG_1460.jpg

あと、汚しに入る前に
冬季迷彩を少し剥がしてみよう
基本塗装の後に「Mr.シリコーンバリアー」を
塗っていた効果がここで発揮される!

剥がしには100均で売っていた
小さいスポンジを使ってみます
まぁペーパーでもいいとは思うけど
こっちの方がなんか良さげw



1409550834_IMG_1461.jpg

「ここは剥がれそうだなー」ってところを
イメージしながらスポンジで擦りました
「Mr.シリコーンバリアー」のお陰でラクに塗装を剥がせます

うん、なかなか自然な感じで
塗装の剥がれが表現できたー
チッピングよりリアルですな!
てか、僕はチッピングがヘタなのだw




1409593246_IMG_1463.jpg

そんな感じで「冬季迷彩の装備」が
かんりょー!

さて、次こそ汚しだー!


2014/09/01

冬季迷彩してみるのだー!(ロボットバトルV「MK44 アンモナイツ」制作)




ロボットバトルVの「MK44 アンモナイツ」を
制作しています


1409382105_IMG_1427.jpg

前回は基本塗装を行いました
今回は「冬季迷彩」を行ってみます


冬季迷彩というのはつまり


「君、来週から極寒地区に転勤ね!」

「まじすかー!!冬服用意せにゃー!!」


ということで雪国でお仕事するために
白い作業着を着ることですね
ん?この例え、あってるのか??

とにかく準備期間とか色々な理由で
現地で兵士が石灰を塗りたくってた
こともあるらしいよ


nashorn.jpg

で、冬季迷彩のやり方には
いろいろあると思います
実は、僕は冬季迷彩は初めての挑戦なのだー
なので、どういう方法で行うか
すこし考えてみた!



・ラッカーを使う
これは「平田ガンス」で平田さんが
されていたやり方ですな
でも下地をうまく利用できる
自信がないんで止めようw


・アクリルを使う
ラッカー下地は侵さないけど
僕、アクリルはニガテなので止めようw


・エナメルを使う
これはアリだけど、あとでエナメルで
ウォッシングする時に冬季迷彩も
一緒に溶け出しそうなので止めよう


・ハンブロールを使う
うん、これなら乾いたら
ラッカーでもエナメルでも
なんでも上塗りオーケーやね!



ということで今回は
ハンブロールを使うことにしました

そういや技法としてはヘアスプレーを
使ったりとかもありますね
僕はまだやったことないけど
これ楽しそうですねw
いずれやるかもー?



1409457386_IMG_1429.jpg

まずはじめに「Mr.シリコンバリアー」を塗っとこう
これを塗っておくと
その上から塗った塗料の食いつきが弱くなって
こすると剥がすことができるんです

普通はチッピングとかで
塗装の剥がれを表現するんですが
Mr.シリコンバリアーを塗れば
ホンモノの剥がれの表現ができるよ!

あとで冬季迷彩を少し剥がすかもしれないんで
保険で塗っときました





1409457759_IMG_1430.jpg

ほいじゃハンブロールで冬季迷彩してみよう
希釈はぺトロールじゃなかったターペンタインを使ってみます
これは絵画用ていうか油絵用の希釈剤ですね
ぺトロールとターペンタインの違いはよく知りませんw


そういや冬季迷彩の注意点は
「純白で塗らない」
ということなんで白にグレーを足して
明度を落とします



1409457863_IMG_1431.jpg

さらに冬季迷彩の注意点として
「つや消しマットで塗る」
のがいいみたいです

僕の持っているハンブロールの白はツヤありなんで
ここで秘密兵器「タバコライオン」登場!
これ、歯みがき粉なんですが
塗料に混ぜるとツヤ消しにできるのね!
しかも、さわやかな香りがするんですw



1409458554_IMG_1432.jpg

「タバコライオン」を入れる分量はテキトーですw
調色スティックで5杯くらいかな?
いれてみました



1409458713_IMG_1433.jpg

ほい「タバコライオン」を混ぜました
注意点ですが筆が痛みやすいので
これやる時はボロ筆を使いましょうー



1409458915_IMG_1436_01.jpg

いきなりキットに塗るのが怖かったので
試し塗り用のマゼラトップに塗ってみたw
んーもうちょい明度を落としたいなー
ということでグレーをさらに追加!




1409459005_IMG_1437_01.jpg

ん、これならよかろう
結構グレーになりましたけど
塗ると白に見えるんだから面白いよね



1409460619_IMG_1438.jpg


横山宏先生いわく
「ていねいに塗り進めるより、早いペースで塗り進めていったほうがうまくいきます」
(マシーネンクリーガーグラフィックスVol.2 171p)とのこと!

現地で「石灰をぶちまけてハケで塗っている」
そんなところをイメージしながら
ザッと塗っていきました

うむ、なかなかいい感じじゃないか(←自己満悦)



1409466271_IMG_1439.jpg

「あ!デカール貼るの忘れてた」
ということでデカール貼りました

たぶん、冬季迷彩する前に
デカールを貼っといた方がいい気がします
まぁ、これはこれでいいやw

しかし細かいこと気にせずに
進めていけるのラクだなーw
楽しいですw



1409466376_IMG_1440.jpg

この後いろいろ汚していくんで
デカールを保護しときましょーか
エアブラシ使うのメンドいんで
筆でつや消しクリアーを
デカールの上に塗りましたw



1409470148_IMG_1441.jpg

「冬季迷彩おわったら、冬用の識別帯、入れとけよー!」

「アイアイサー! ペンキで塗るであります!」

みたいなやり取りを想定して(←ほんまかいなw)
識別帯を青色に変更しました

(青色/キャラクターブルー+ホワイト+蛍光ピンク+マホガニー)




なんかあっという間に終わったけど
冬季迷彩、楽しかったなー

さて、次は「汚し」に入りますよ!


2014/08/30

ロボットバトルV「MK44 アンモナイツ」を制作しとります(下地塗装)


マシーネン・・・じゃなかった
ロボットバトルV「MK44 アンモナイツ」を
制作しています



1409287181_IMG_1412.jpg

仮組みと洗浄が終わりましたの図
「ガッと組んで」といった割には
意外と時間がかかってしまったw
もう一体の方は、しばらく眠らせますw



1409287197_IMG_1413.jpg

いやーコックピットの構造とか
凝っていてカッコいいすなー!
組んだら見えない部分に
ここまで注力するなんて
なんか戦車モデルみたいだなー
とか思いました



1409287303_IMG_1414.jpg

今回は改造やパイピングも
すっ飛ばしていくつもりだったけど
一か所だけ開口しました
目の部分?です
流石にここは開けてみたかったw

なんか穴が歪んでてスマンw
気持ちがはやって雑になってしまったんだよぅ(←完全なる言い訳)



1409287392_IMG_1416.jpg

MK44アンモナイツ、
意外とでかいんだよねー
SAFSと並んで記念撮影w
どっちも1:20スケールです



1409294529_IMG_1417.jpg

じゃ、塗装に入ります
まずは胡粉ジェッソを全体に塗ります、塗ります



1409298847_IMG_1418.jpg

次に
「ここは厚い装甲にしたいなー」
ってところを
筆と溶きパテで鋳造表現ね、これやっとこう



1409364648_IMG_1420.jpg

お次はマホガニーを全体くまなくペタペタ
胡粉ジェッソ→マホガニーのコンボは
僕の定番ですw



1409365575_IMG_1421.jpg

マホガニーまではバラして塗ってましたが
ここからは組んで塗っていきます
その方が楽しいし、全体のバランスとか見やすいよねー

パーツで塗っていると「作業」になりがちで
組んで塗っていると「絵を描いている」ような
気持ちになりますね
まぁ僕は絵を描いたことないですがw

タミヤのハンディドリルで
穴をあけて2ミリの真鍮線を
足の裏にブッ刺しましたw



1409368053_IMG_1422.jpg

基本塗装に入りますー
まず「336 ヘンプ」で
てきとーに塗ってみました



1409371624_IMG_1423.jpg

「60 RML02グレー」に「21 ミドルストーン」を
少し加えてテキトーに塗ってみました
全体的に「彩度は抑え気味、明度はあんま落とさない」
そんな方向でいってます



1409374271_IMG_1425.jpg

ちょっと気持ちイエロー系を指してみたくなったので
「39 ダークイエロー」に先ほどの「336 ヘンプ」を混ぜて
チョイチョイと置いてみた
だんだん雰囲気が出てきたかなー?



1409379969_IMG_1426.jpg

次に「12 オリーブドラブ(1)」で
影となる部分に色を入れてみたー



1409382105_IMG_1427.jpg

そんで「109 キャラクターイエロー」に「55 カーキ」を
少し足して彩度を落として
識別帯を塗ったです




まぁ、こんな感じでいいかなー?
このあと「冬季迷彩」するつもりでいるので
実は、今までのは全部下塗りでしたーw

だから、あんま丁寧に塗ってません
まぁ丁寧に塗ることができない、とも言えるが・・・ww


さて、どういう方法で冬季迷彩しようかなー