--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/11/01

プラモデルの作り方 制作講座その16.水転写式デカールの貼り方

今回はデカールについて書いてみます

僕がプラモデルをはじめた頃は
デカールを貼るという作業は
なんかオトナな気分っていうか、
敷居が一段高い気がしてましたねー



失敗したらどうしよう???ドキドキ。。。
って感じです
ていうか、そもそもデカールにいろんな種類があって
どれがどういう特徴なの??
ってことがよーわからんかったのですよ


とゆーことで、まずは種類から
紹介してみようかしらね
こっから毒舌も入ってくるんで、
気に障ってしまったらゴメンナサイです



1383300402.jpg

1.シール
ただ貼るだけ!でもこれだめ!
こんなん使ったことない!
これを使ったら負けだ!みたいな感覚が
ぼくは当初からありました
なんでなのか?
見栄えが悪いからですよ!!
これから先も絶対に使わん!
却下!!!
こんなん、塗装でいこうぜ!!
なぁみんな!そうだろ!?←誰?



1383300429.jpg

2.マーキングシール
これもただのシールと同じで貼るだけ!
何回か使ったことあるけど、
プラモデルにシール貼るとダサい!
段差もでかい!
よって却下!!!
でもアタリを取るときに使えそうだなーとか思って
捨てられないという。。。www



1383300527.jpg

3.ガンダムデカール
これはシールではないです
ガンプラのマスターグレードの大半には付属してると思います
使い方ですが、上からこすってプラモデルに転写するタイプです
これね、位置決めが難しいのと、
しっかりこすったつもりでも一部が転写されない事件が
多発しまして、使うのをやめました
もう使いません、却下!!!
でも余白が出ないのは◎です



1383300590.jpg

4.リアリスティックデカール
これはガンプラのRGについてるタイプです
ガンダム3.0にもついてましたね
これ実はシールタイプなので、
使用法は、はがして貼るだけです
つまり上記の1,2と同じなんですが、
段差が少しはマシなのとデザイン的に結構よいので
RGゼータに使いました

DSCN1241.jpgFSCN1224.jpg


位置決めのコツなんですが、
一回、水に浸すとプラ上でスイスイ動きます
でも余白が目立つのよねー
貼った後にカッターで切る方法を
川口名人が推奨されてましたね
でもそんな努力をするなら次のデカールを使いたい



1383300612.jpg

5.水転写式デカール
出ました!これですよ、これ!
これが一番使いやすいです
使い方ですが、
水を使って台紙からペロリとデカールを剥がして
プラの上にデカールを乗せるんです
なんか高度な気がするでしょ?オトナだよね??
はじめからキットに付属しといて欲しいよねー!




じゃあ本題の、
水転写式デカールの貼り方について
紹介してみます
やってみると簡単ですよん!



1383102495.jpg

マシーネンクリーガーのキットに登場してもらいました
マシーネンのキットには
最初から水転写デカールが付属してます
ガンダムとは違うのだよ、ガンダムとは!!
はい、すいません、、言ってみたかっただけですw

ではまず最初に、デカールを番号順に切り出します
って、もう切り出しちゃってますねw
これ、番号順というのがポイントです
滅茶苦茶に切ってバラバラにすると
欲しいデカールを見つけるのに苦労するし、
使うたびに切り出すのはめんどくさいんです
だから、最初に切り出して番号順に並べます

あと、ちょっとしたコツなんですが、
カッティングシートを2段にして、
斜めに立てかけるようにして乗せてますよね?
これ、ワザとこうやって並べてます
なんでかというと、デカールが取りやすいからですね



1383102593.jpg

では次に用意するものです
・キッチンペーパー
・ピンセット
・水入れ用の器
・マークセッター
・マークソフター
・水

とりあえず言っておきたいのは、
「ピンセットは精度のよいものが使いやすいぞ!」
ということと
「マークセッターは買っとけ!」
ということです

マークソフターはすぐには必要ないと思うけど
マークセッターはあったほうがいいです
青いキャップのビンですね
別にマークセッターがなくても貼れるんですけど、
これ一本でデカールがずっと貼りやすくなるのです
大した金額ではないので
悪いことは言わないから、買っときましょう
一本で一生分あると思いますw






1383102662.jpg

まずマークセッターを振りましょう
シェイク、シェイク!



1383102704.jpg

じゃあ貼りましょうか
まずパーツとデカールを用意



1383102727.jpg

そしたら、番号の部分は切って捨てましょう
ここがあると良くないことが起こります
なにが起こるのか?については考えてみてくださいw
答えは言いませんw



1383102760.jpg

はい、水に浸します
水は大量にいりません
こんくらいで十分です



1383102778.jpg

デカールが水に濡れたら、
もう引き上げてオッケーです
そんな何秒も浸ける必要はないです
すぐにキッチンペーパーに置きます



1383102797.jpg

そしたらマークセッターをパーツに塗ります
マークセッターの利点は次の3点です

1.接着力を高める
2.位置決めがしやすい
3.どこに貼るのかを、手で認識できる

まぁ2と3は水でも代用できるんですけどねw
しかし経験上、位置決めは水よりも
マークセッターの方が使いやすいよ
ほんの少しだけ水よりも粘度があるからだと思われます

あと、この3が意外と重要で、はじめに「塗る」という作業を行うことで、
実際にデカールを乗せる場所を頭と手で認識できるんです
どうしてもマークセッターを買うお金をケチるなら
この作業は筆と水で行うといいですよ!



1383102860.jpg

そうこうしてるうちにデカールが台紙と分離できてるハズ
そしたら台紙をパーツの上にもっていって、
指や竹串などで滑らせてパーツの上にデカールを乗せます
なんか難しそうな感じだけど、小さいデカールなら簡単ですよ
むしろ難しいのはここからです
位置決めなんですが、
マークセッターのおかげでデカールがスルスル滑ります
そこで細かい位置を竹串などで調整します



1383102878.jpg

はい、位置を決めました
指でさわったりすると、また位置がズレる状態です
ここから慎重に。。。



1383102914.jpg

綿棒を使って水分を取り除きます
綿棒はこすったりせずに、転がすように、
または押し付けるように使います
とにかくデカールを動かさないように注意するのが大切!
あと空気が入ってたら、それを押し出すように
中心部から転がしたりします
ここで位置がズレて何度も失敗しますw
その時は再びマークセッターを流して再調整します
こんな感じで貼っていきます
慣れたら数箇所分を一気に水に浸して
貼っていきますです



1383106603.jpg

余ったデカールはいつか使えると思って
ストックしてます
でも、もったいなくてなかなか使えないんだよねwww




ということでデカールを全部貼って
塗装していったスネークアイです

IMG_0750.jpg

IMG_0751.jpg

あとデカールについては、
説明書通りに貼らなくても全然構わないよねー

これ個人的見解なんですけどね、
カトキバーションのユニコーンガンダムでね
デカールをそのまま全部貼っている展示見本を
店頭で見たんですが。。。



なんてセンスが悪いんだろう


と思いましたwwwww
(キット完成の店頭見本なんだからそこに文句つけるなよ)


イラストと模型は
また別だろう、とか思うんだよねー

毒吐いてごめんなさいですw


プラモデルの作り方 制作講座その17.エポキシパテの使い方

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。