--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/10/23

「ハンブロール」は魔法の塗料なのか!?

マシーネンクリーガーの生みの親、
横山宏先生は、造形センスも、工作技術も
そりゃもう、ベラボーに優れていらっしゃると
僕は思っているのですが
ことに塗装については、
もう神がかり的に素晴らしい!!!と思っているんです
ていうか、神様だと思ってますよ


ちなみに、マシーネンクリーガー大好き 3という本があって、
これMax渡辺プロのマシーネンの作例集なんですが、
その中に1体だけ横山先生が塗られた作品があるんですけど、
解説を読まなくても、パッと見て
「この一体だけ違う」というのが、
すぐにわかりましたよ
まぁ、んなこたぁ、どうでもいいですねw



で、横山先生の塗装をマネしたくて
いろいろやっているんですが
僕みたいな凡人では、
なかなかうまくいかんのです
ラッカー、アクリル、エナメル、油彩、コピック、パステル、
いろいろやってるんですけど、
なんか近づいてくれないのよねー


と、いろいろネットやら本やら見てるうちに
「ハンブロール」
が鍵を握っているのではないか?
と思い始めたのです


ハンブロールのことはモデリングブックで知ったんですが、
その辺に売ってないし、タミヤのエナメルもあるんで、
そっちを使おう、ということで、
その時点ではスルーしてたんです


まぁ僕なんか絵も描けないし、
プラモ歴は小学2年生くらいなんで、
ハンブロール使うだけで横山先生のように
カッチョよく塗れるとは思ってませんよ、、、

うん、思ってないんだが、
使ったらどうなるんだろ!?
スゲーかっこよくなったりしてー!?
うおー期待しちゃうぜー!!←調子に乗る小2



1382412674.jpg

とゆーことで、ハンブロールが届いたぜー!
意外とビン、というか缶、小さいのね
もっと大きいのかと思ってました

ネットの画像では色が
いまいちよくわからないし
在庫切れとかもあって、
しかも自分が何色を買えばいいのかわからなくて←
テキトーに10色をネット通販で買いました

上の段:左から
1 Primer マットプライマー
19 Gloss Bright Red 明るい赤
21 Gloss Black 黒
24 Matt Trainer Yellow トレーナーイエロー
28 Matt Camouflage Grey カモフラージュグレー

下の段:左から
63 Matt Sand 砂色
84 Matt Mid Stone ミッドストーン
106 Matt Ocean Grey オーシャングレー
130 Satin White 白
155 Matt Olive Drab オリーブドラブ


1番のプライマーって何なんだろ?
塗料と違うんかな?
サテンって、半ツヤのことだったんですね
知りませんでした



1382489625.jpg

なんかフタを空けるのが大変みたいです
手でやってみよう、
はい、無理です、空きませんw



1382489687.jpg

次はダンボーくんに
チャレンジしてもらいましょうってか、
お前、その手でどーやって空けんだよ!!
はい、すいません、次にいきます



1382490035.jpg

マイナスドライバーに登場してもらいました
右下の大きさでは、まだ太かったです
なんか一か所でグイってやると
フタが歪むかもしれないので
東西南北の4か所で3周くらいしながら
慎重にあけていきました、正直、舶来品にビビってますw



1382490111.jpg

空きましたよーん
イギリスの空気が部屋に拡がるぜー!
なんかフタについてる塗料は、
すぐに吹きとったほうがいいみたいです



1382490128.jpg

撹拌前
んじゃ、混ぜていきましょう
撹拌が足りないといろいろ問題があるらしいので
しっかり撹拌します



1382490438.jpg

ドロドロの粘土みたいな感触が
次第にサラサラに変わっていくまで
3分くらいかな?混ぜました
最初は3分も混ぜるのめんどくせーって思ってたんですが
やってみたらそんなに長く感じなかったです
むしろ混ぜるの楽しいw



1382490531.jpg

なんかコワいんで
缶のフチについた塗料はふき取ります
すげー慎重に扱っている理由なんですが、
しっかりフタが閉まってないと中身が劣化して
半年で使い物にならなくなるかもしれない、
とのことなんです
でもちゃんとやれば10年は持つらしいよ


ここのサイトに詳しい解説がありました
http://homepage3.nifty.com/AFV_model/enamel_color/enamel_color_1.html



1382490581.jpg

フタは手で閉まるね
しっかり閉めます



1382490655.jpg

さて、ちょいと実験してみます
ファイアボールに登場してもらいます
これ僕の中では未完成なんで、
色を重ねることができますw

塗装は薄め薄めでいくのがいいみたいです
そして希釈は純正のものではなく、
ラッカーシンナーで薄める!
これが横山先生の塗装術=ヨ式塗装法の奥義!アチョー!



1382490752.jpg

これ塗装前ね
大事件を割けるために白っぽい色にしますw
28カモフラージュグレーです



1382491892.jpg

ウォッシングするぐらいの気分で薄めて全体に塗りました
塗るというか薄く濡らすという感じ?
このカラーはマットなんだけど、
こんな薄いのにすごくマットになりました、
ハンブロールのマットはすげーマットになると聞いてましたけど、
ほんとにマットになりますね、こりゃマットデイモンですね


まだよくわからないけど、
こりゃ使うとかっこよく仕上がる魔法の塗料、
ということでどうでしょう?

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。