2013/09/28

プラモデルの作り方 制作講座その0.はじめに



僕がプラモデルの制作を趣味で始めて、
まだまだ知らないことがたくさんありますが、
知っていることもたくさん増えました


ぼくは右も左もわからない状態で
勢いで始めたものですから、
最初の一作目は、そりゃひどいデキでした



なんせ、100均のまな板の上で、
でかくて切れ味の悪いカッターで
ゲートをごりごり押し切ったり、
金属用の分厚いニッパーでパーツを切り取ったり・・・



色を塗りたくて、そりゃもう、たまらんかったので、
ランナーに缶スプレーを吹いて、
その上から希釈しないで水性カラーを筆で塗りたくり、
「もう乾いたかなー?」
って指でさわって、指紋の後をつけたり・・・



一回、筆塗りしたところで発色しないので
「(下地色よ)消えろ、消えろ!」
とロクに乾燥を待たずに、ベタベタと塗り重ねて
塗膜の厚みでパーツが収まらなくなったり・・・



それでまぁ、塗装後にゲートをゴリゴリやったもんだから
当然、完成した姿の至る所にゲート後が散乱し、
塗膜はベトベトで、
「油絵かっ!」
とツッコミ入れずにはいられない様のガンダムが
出来上がったのでありました
(この一作目を、ぼくは「油絵ガンダム」と呼んでますw)




ええと、なんの話でしたっけ?w

とにかくね、失敗してもよくてですね、
その失敗を次に活かせばいいんだけれど、
(ちなみに、僕が勝手に「模型の神様」とリスペクトしている横山宏先生は、
「模型に関してはすべて、覆水盆にかえるぞ。どんな失敗も回復できる。」
とおっしゃっています。)
事前に知らないよりは、知っておいた方がいいこともあるわけで、
でも初心者って、わからないことがわからない状態なわけで・・・


そんな初心者の気持ちは、
ぼくは分かっているので、
いろいろと、制作方法やおすすめの工具を
紹介していきたいのです



でも、僕のやり方が完全というわけではないです
もし良いと思った部分があれば取り入れて
あとは自分なりの工夫を組み込んで
自分なりの方法を確立させていければ
一番いいんじゃないでしょうかね


「それがプラモデルの楽しみ方の一つ」
なんてこと、
どなたかか言われていた気もしますしね



ということで、
工具やら制作方法やら、
いろいろと紹介していくぞよー!!




■プラモデルの作り方(初心者向け制作講座)もくじ


※ページの上部右側にある「メニュー」からも各ページにジャンプできます



■制作の方法・テクニックについて


■制作講座その4.キットの組み立て方のポイント

■制作講座その5.合わせ目の消し方について

■制作講座その16.水転写式デカールの貼り方

■制作講座その37.効率よくガンプラを仮組みする方法

■制作講座その38.簡単フィニッシュの方法

■制作講座その39.パーツのメッキをはがす方法

■Ma.K.の「SAFS系キット」をカッチョ良くする基本工作





■筆を用いた塗装テクニックについて


■制作講座その10.ウォッシングのやり方

■制作講座その19.自然なウェザリング「アルコール落とし」のやり方

■制作講座その21.筆塗りにお薦めの筆

■制作講座その22.筆塗りの塗料の希釈の方法について

■制作講座その23.ガンプラを筆で塗装する方法

■制作講座その25.スミイレのやり方

■ウェザリング塗装のやり方(フィルタリング・ピンウォッシュ・ストリーキング・アルコール落とし・泥・砂・金属感の表現)

■ウェザリング塗装のやり方(ドリッピング・泥ハネ・オイル汚れ・チッピング・シャドーイング・スス汚れ・サビ・ドライブラシ)

■マシーネンクリーガーの基本塗装のやり方(筆塗装)

■サビ塗装のやり方(筆塗装&エアブラシ)






■エアブラシの塗装テクニックについて


■制作講座その6.塗装について─エアブラシの導入について

■制作講座その7.サーフェイサーって何?

■制作講座その8.サーフェイサーの吹き方

■制作講座その9.グラデーション塗装の方法

■制作講座その11.マスキング塗装のやり方

■制作講座その24.ガンプラをエアブラシ塗装する時のコツ

■制作講座その27.鏡面塗装のやり方(下処理編)

■制作講座その28.鏡面仕上げのやり方(塗装編)

■制作講座その29.鏡面仕上げの方法(研ぎ出し編)

■制作講座その39.つや消しクリアーの種類と使い方について

■ステンシル塗装について





■ジオラマ・ヴィネットなどの制作について


■制作講座その12.ヴィネットの制作の方法

■制作講座その18.プラモを置く木の台の制作方法

■制作講座その20.ジオラマ「砂漠」の作り方

■制作講座その30.ジオラマ「雪」の制作方法

■ジオラマのベースの制作

■ジオラマのツタの制作

■ジオラマの地面と樹木の制作





■改造のテクニックについて


■制作講座その17.エポキシパテの使い方

■制作講座その26.肉抜き穴の埋め方

■制作講座その32.プラ版を正確に切り出す方法

■制作講座その34.スジボリのやり方(暫定版)

■制作講座その36.プラモデルのLED電飾のやり方(序章)

■しいたけディテールについて





■道具(工具・用具)について


■制作講座その1.ニッパーについて

制作講座その2.ヤスリについて(1)─ どういう場面でヤスリが必要になるのか?

■制作講座その2.ヤスリについて(2)─ いろいろなヤスリの種類

■制作講座その2.ヤスリについて(3)─ お薦めのヤスリ「タイラー」の準備の仕方 

■制作講座その3.接着剤について

■制作講座その33.道具のお話 その1
 作業机 / ニッパー

■制作講座その33.道具のお話 その2
 セメント関係 / ナイフ関係 / ドリル&ピンバイス関係

■制作講座その33.道具のお話 その3
 スキヤキヤスリ / BMCタガネ / ハイパーカットソー

■制作講座その33.道具のお話 その4
 超音波洗浄機 / HG金属線用ニッパー / 黒い瞬間接着剤関係 / 卓上万力 / 防毒マスク

■制作講座その33.道具のお話 その5
 ハンディルーターMk.1 AC / 精密ヤスリ / スーパースティック砥石 / Mr.SSP (瞬間接着パテ)  / デジタルノギス

■waveのヤスリスティックについて

■電動ドリルについて

■スポンジヤスリについて

■ペイントミキサーについて

■タミヤ 電動ハンディドリルについて

■タミヤ ベーシックエアブラシについて

■胡粉ジェッソについて

■ガンブルーペン(真鍮の黒染め剤)について

■ファレホ(水性アクリル塗料)について

■アクアリンカー(クリアパーツの接着剤)について

■チョッパー2型について

■マジックヤスリについて





■プラモデル制作のおすすめ情報


■制作講座その14.ツールウォッシュ(ツールクリーナー)の再利用法

■制作講座その15.プラモデル始めたら100均でこれ買っとけ

■制作講座その31.固まった塗料を復活させる方法

■制作講座その35.コンテストについて(ガンプラ王・オラザク選手権)

■プラモデル系でおすすめのアプリ

■「Zライト」&「色評価用蛍光灯」がヤバイ!!





■撮影について


■制作講座その13.プラモデルの撮影の方法

■カメラについて(一眼レフ)


スポンサーサイト