--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/10/15

プラモデルの作り方 制作講座その14.ツールウォッシュ(ツールクリーナー)の再利用法

今回の内容は、エコで省エネで
経済的な内容ですよ!(エコ?)


ツールウォッシュ(ツールクリーナー)の
再利用法についてです!


これは僕のオリジナルの方法ではなく、
昔、どこかのブログで見た情報を
実際に自分で試したところ、
とても使える内容であったので、
こちらで二次配布ということになりますw


まずは最初にこの方法を
編み出した方に拍手ー!!!


ツールウォッシュ(ツールクリーナー)というのは
エアブラシや筆洗い用のシンナーのことですね
メーカーによって少し名前が違うけど
用途は一緒です
ガイアノーツが「ツールウォッシュ」
クレオスが「ツールクリーナー」
という名前ですね
まぁ中身はどっちも似たようなもの(だと思うw)

塗料は乾燥したら、ちょっとやそっとじゃ剥がれませんから
塗装するならゼッタイ持っといた方がいいですね
普通の薄め液でも洗浄できないことはないんですが、
やはり専用のものの方が遥かに強力だよ!

たとえるなら、ナッパとベジータぐらい戦闘力が違う!
パテでカチカチに固まった筆も
マジで元通りになるぐらいの戦闘力だ!
どうだ、見たか!カカロットー!!
これがサイヤ人の、、、


え?早く紹介に移れ?
すみません。。。



1380944089.jpg

前も紹介したけど、
僕は100均のソース入れに
溶剤をいれて常備しています
このソース入れが、なんとも使い勝手がいいんですよ!
ちなみに黄色が塗装用、白色が洗浄用です
ボトルキャップの色で区別してますから
間違えたことはありません
ちまちませずに黙って「特大」がオススメです



1380748836.jpg

で、洗浄するときに、
ツールウォッシュをカップにいれて「うがい」しますよね?
そのあと、これを塗装ブースに向かってブーブー吹くのは
もったいないわけです
そこで、こんなやり方で再利用します



1381287932.jpg

3つの空きビンを用意します
僕のはガイアのEXシリーズの塗料の空きビンですね
それぞれの用途を説明します

左、洗浄したあとのシンナーを吹くための「使用後ビン」
中央、使用後のシンナーをキレイにする「との粉ビン」
右、との粉で抽出したシンナーを再利用するための「洗いビン」

です
では実際に手順を見ていきましょー!



1380746629.jpg

まず、洗浄したあとのツールウォッシュを
「使用後ビン」に吹きます
パールが入ってもシルバーが入ってもいいです
ラッカーが入っても、アクリルでも、エナメルが入ってもいいです
とにかく洗浄に使ったツールウォッシュは
全部ここに吹きます



1381287977.jpg

ある程度、たまってきたら次に移ります
いろんな色が混ざってグレーになってますが
気にしなくていいです



1381288030.jpg

「使用後ビン」の中身を
「との粉ビン」に移します



1381288135.jpg

ここで秘密兵器登場!
との粉です
木材の表面の気泡?を消すための粉なんですが
これを「との粉ビン」に入れます
量はテキトーです
いちいち量ってませんw



1381288161.jpg

「との粉ビン」をシェイクします
ふります!ふります!



1381288184.jpg

使用後のツールウォッシュと「との粉」が
ようく撹拌されました
そしたら、しばらく放置しといてください
数時間くらいかな?
夜にやれば翌朝には分離できてるぐらいです



1381468209.jpg

はい、ツールウォッシュの中に含まれた
塗料の顔料を「との粉」が吸い取り、
上澄みができましたー!
すこし黄色がかっていますが、仕様ですw
気にしなくていいです



1381344284.jpg

上澄みだけをスポイトで吸い取って、、、
あ、この時、下に溜まっている「との粉」まで
吸い取らないようにw


1381344313.jpg

「洗いビン」に移しますよーっと




1381468298.jpg

はい、「洗いビン」の中に移しましたー!
洗浄力はオリジナルと同じです
厳密にいうと違うのかもしれませんが、
体感的には変わりません



1381719132.jpg

これを今度は筆洗い用に使います
こうやって筆にツールウォッシュを含ませて、、、



1381719155.jpg

キッチンペーパーでふき取ることを何回か行って
筆を洗います
どうですかお客さん!
再利用いいでしょ!?エコでしょ!?(エコ?)



1381468464.jpg

あと、余った「との粉」は
乾燥させると粉に戻るんですが、
実はこれ、ハイスピードと混ぜると
アルテコの瞬間接着パテのような使い方ができますよ!

ちょっと匂いはするけど、切削性が非常に良好です!
これを発見した僕、エラいでしょ?てへ←
(でも、もしかすると「仕様前の、との粉」でも、
同じことができるかも?。。。)



とこんな感じですー


僕はガイアノーツのツールウォッシュでしか、
この再利用法を試したことがないんですが
まぁたぶんクレオスのツールクリーナーでも大丈夫ですw




プラモデルの作り方 制作講座その15.プラモデル始めたら100均でこれ買っとけ

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。