--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/09/30

プラモデルの作り方 制作講座その2.お薦めの工具-ヤスリについて(1)─ どういう場面でヤスリが必要になるのか?

ヤスリについて書きますよ

ヤスリについては、

どういう場面でヤスリが必要になるのか



どういう種類のヤスリがあるか

と分けて紹介するほうが分かりやすいよね、たぶん



そして、

どういう場面でヤスリが必要になるのか?

については

どういう完成形を目指しているのか?

によって変わってくるね



ではまず、この4枚を紹介しよう
1.塗装しないで作ったRGガンダム
2.汚し塗装が入ったミリタリーテイストのティエレン
3.マットな仕上げのガンダムVer3.0
4.カーモデルのようなテカテカ表面加工のキュベレイ

1380490165.jpg

1.塗装しないで作ったRGガンダム

無塗装で、いわゆる「素組み」という完成形ですね
この場合、ヤスリはゲート部分にのみ必要ですね
「ゲートの後をなるべく目立たなくする加工」
をするためにヤスリをかけるわけです

写真を拡大して左手首あたりを見たらわかると思いますが
このガンダムは、まだゲート処理を行っていません
塗装する場合には「仮組み」と呼ばれる状態です


ちなみに無塗装はね、全塗装とくらべて
逆にテクニックが必要でね、
無塗装でキレイに作るのは、
全塗装でキレイに作るより難しいと思うんだよね


難しいこと言うと、
ゲート部分にのみヤスリをかけ
それ以外のパーツにはヤスリをあてない技術が必要ですね
ペーパーの番目でいうと
(400)→600→800→1000
という工程が必要になると思われます

または、カッターナイフとかデザインナイフで
ゲート後が白化しないように、
かつゲート以外のパーツを傷つけないように
削る技術が必要ですね


ひとつ言っておくとね、
こんなことに労力かけるなら

塗装したほうが楽しいよー!
塗装はじめるの簡単だよー!


と言っておきたいw
塗装については別の機会で書きますね

でもまぁ、組んで終わりでも、
楽しければオーケーですね
実際にぼくも、ゲート処理もぜずに
組んだだけで満足したキットがあるしねw





DSCN1335.jpg

2.汚し塗装が入ったミリタリーテイストのティエレン

これはゲート処理にのみ、ヤスリの工程が必要ですね
乱暴に言うと、それ以外の部分にはヤスリかけなくてもいいですw
こういう仕上がりを目指すなら、
いわゆるパーツの表面処理は必要ないんです

このティエレンはラッカーパテで
パーツ表面をザラザラにしています
そういうテクスチャーを入れることで
情報量を増やそう、という意図があります




DSCN1515.jpg

3のマットな仕上げのガンダムVer3.0

ガンプラでもっとも多いタイプの完成形ですね
この完成形を目指すなら
ゲート処理のほかに、
パーツ表面の可能な限りすべての面に対して
ヤスリをかけると完成度があがります
プラモデルのパーツは平面に見えても
実はへこんでたりするんで、
ヤスリで完全な平面にすると見栄えがよくなるんです

あとエッジの部分がキッチリ角になっていない場合も
ヤスリをかけることによってキッチリ角にできます
そうすると見栄えがよくなります

ペーパーの番目でいうと
(180)→(400)→600→(800)
という工程が必要です
800番以上は、今のところ僕には必要ないなぁ
まぁどこで止めるかは個人のスタイルですけどね、
僕は400→600で終わります
このガンダムもそうやって表面処理しました



DSCN0422.jpg

4.カーモデルのようなテカテカ表面加工のキュベレイ

こういうグロスっぽい仕上がりを目指すなら
ゲート後は目立たないようにするのはもちろん、
パーツ表面にへこみがなく、しかもスベスベにしとくと
完成度があがります
ここをおろそかにすると、きれいな光沢が
得られない可能性がありますからね
それをヤスリで処理するわけです

ペーパーの番目でいうと
(180)→(400)→600→800→(1000)→(2000)
という工程が必要です

さらに塗装後にも追加のヤスリの工程が必要になってきます
作るの大変ですけど、立派にできたら
「う、美しい!これはもはや美術品だぜー!」
と悦に入れるものになりますw




うーなんか長くなったので
記事をわけようかな
次はヤスリの種類について書きますよ



【次の記事】
■プラモデルの作り方 制作講座その2.お薦めの工具-ヤスリについて(2)─ いろいろなヤスリの種類


☆動画では簡単にヤスリの手の動かし方をご紹介しています

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。