2015/12/06

プラ板カットの道具「チョッパー2型」を使ってみますた!


ずっと前からずっと気になっていた
プラ板などを正確にカットできる道具、
「チョッパー2型」を導入してみました!




1449374576_IMG_4136_1191.jpg

今までプラ材の切り出しには
デザインナイフ or NTカッター&T字定規とか
プロモデラーの岬光彰さんが考案された
「スライド定規」などを使っていました

(スライド定規については、この記事で紹介してますー)
・プラモデルの作り方 制作講座その32.プラ版を正確に切り出す方法(その1)




ただ「60度や30度などの角度があるものを
正確に切るのって意外と難しいなー」
って先日感じたということと
大量に同じ形のものを生産する場合に
作業的にも時間的にも効率がよさそうだったので
「チョッパー2型って、どんなもんなんー!?試したい!」
って気分で購入してみましたー




■「チョッパー2型」って何?


まずチョッパー2型ってどんなモノなの?
っていうのを紹介してみます



1449375305_IMG_4138_1183.jpg

ええと、紙を断裁するための
「ペーパーカッター(裁断機)」ってのが
あるじゃないですか?
あれのプラスチック用って感じですかね


台座にはメモリが付いてます
海外製なのでこれインチ表示なんですよね
でもココのメモリは
多分使わないんじゃないかなー?
実際に使用する場合は、もっとキッチリと
計測してから裁断しそうな気がします


それから治具として角度を出すための
30度、45度、60度、90度のガイドがついてますね
上側には、その治具を固定できる
ストッパーが2コついてます
これでプラ材を均一な幅でカットできて
しかもお手軽に量産できるワケですなー





■「チョッパー2型」で切断できる大きさと厚みについて


1449376226_IMG_4139_1184.jpg

構造としてはハンドルに刃がついていて
それを手で押し下げて断ち切る形になってます
この刃の長さが40mmってことなので
切断可能な大きさは40mmまでなんですねー


次に何ミリのプラまで裁断できるのか?
ってことですけど
刃の露出が6mmとのことで
6ミリまでの厚さなら一回で裁断が可能とのことです
切りたいものがそれ以上の厚さの場合は、
素材をクルクル回転させて刃を入れていって
折る形になるみたいです


ちなみにカッティングマットは正方形です
使っていくうちにマットが消耗していくみたいですけど
マットを回転させれば4面が使えるとのことです
さらに裏返しても使えるそうなので
全部で8面使えるみたいです、効率的じゃんー
いやー、これ作った人、天才ですね




1449383755_IMG_4149_1192.jpg

ちなみに「チョッパー2型」という名前から分かる通り
チョッパーには「1型」と「3型」もあるんですよ
これは必要なら自作してみようかな?
って気になりますね
自作している方も結構いらっしゃるみたいです


僕は今回は替刃(8枚)と交換マットがついた
3点セットを購入しました
これで暫くの間は夜も安心ですな







■実際に使ってみる


1449378315_IMG_4140_1185.jpg

ほいじゃ、使ってみませう!

まず0.3mm、0.5mm、1.0mmのプラ板を
幅30mmで用意しました
これを1mm幅で、それぞれカットしてみます

切り出す1mm幅については
1mmのプラ棒を刃と治具の間にはさんで
それを上部のストッパーで固定しました
これで正確に1mm幅でカットできるハズです




1449379382_IMG_4143_1186.jpg

0.3mmプラ板を切ってみました
パチンって感じで切れますね
ちゃんと均一な幅で切れていると思います
あと作業時間がめちゃ早いですね
当たり前だけどナイフで切るより全然ラクです
これもうエバーグリーンのプラ材とか必要ねぇな!? ←ほんとか?




1449379492_IMG_4144_1193.jpg

続いて0.5mmプラ板を切ってみました
切る感触は0.3mmプラ板と
そんなに変わらないですね
別に問題とか感じないです

あれ、今気づいたけど
切り出したプラ材の幅を測ってみたら
1.1mmでした
1.0mmで設定したつもりだったんだけど
さっきの方法で行うと
サイズが0.1mmプラスされるみたいです
調整が結構シビアかもしれないですなー




1449380306_IMG_4145_1187.jpg

次に1.0mmプラ板を切ってみます
1ミリのプラ板を幅1.0mmで切るのは
手作業では困難なので、これはどうなるか楽しみ!
上手くいけば1ミリ角棒を量産できちゃうかな!?
とか思いながら切りました
1.0mmプラ板は切るのに少し力が入りますね
でもバチン!って感じでちゃんと切れました

で、正確に切り出せたか?についてですけど
並べてみると写真じゃわかりづらいけど
1本は割と正確に四角形の角棒として切り出せました
でも他の4本は正方形とは言いがたい?

これ原因がわかりました
断ち切る時の衝撃で治具がズレて行ってるんだね
1ミリ厚のプラ板だとソコ注意ってことですねー




1449381270_IMG_4146_1188.jpg

次に角棒を切ってみます
1mm、2mm、3mm、5mmの角棒を
10ミリ幅で切ってみました

5mm角棒はかなり力が入りますが切れました
断面ですが、やっぱちょっと歪んでますねー
手で切り折るよりはキレイだと思うけど
やっぱり断面の処理は必要な感じです




1449381533_IMG_4148_1190.jpg

あと丸棒を切ってみます
ころころ転がるんで手前を治具で
抑えて置いたほうがいいですね
断面は角棒と同じで処理が必要な感じです





■ちょいと制作してみる


1448523515_IMG_4127_1177.jpg

ではちょっとチョッパー2型を使って
制作をしてみます

ちょっと脇道っぽくなるけど
ペーパークラフト用紙ってのがあって、
この用紙の裁断にも使えますね
カッターとかで切った時の「かえり」が全くなくて
パチって感じで気持よく切れますな




1448857885_IMG_4130_1178.jpg

三角形を印刷したものを裁断のアタリにして
ひたすら切って・・・




1448903677_IMG_4131_1179.jpg

で、自作のトレース台(笑)を使って
台紙のウラに印刷したアタリを元に
先ほどのチップを貼り付け・・・




1448996588_IMG_4132_1180.jpg

こんな感じで、虹色三角形をつくってみた
先日なんとなく作ったこのデザイン、
やたら自分で気に入ってしまったんですw
精度に関しては、まずまずだと思いました
チョッパー2型のお陰ですほんとうにありがとうございました ←




1449372839_IMG_4135_1181.jpg

で、壁のミニperfumeコーナーに貼り付けてみた
んー、、、
写真で見ると変な宗教に入信してるみたいで
ちょっとキモいな・・・w
実際に見ると結構いい感じなんですけどねーw

てか、僕ほんとperfume大好きなんです
ニワカですけど本当に大好きで(以下略)



まぁそんな感じで
チョッパー2型のレビュー?でしたー
スポンサーサイト