--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016/10/18

AKインタラクティブの本を見ながらサビ塗装とかやってみる(ルナガンスその2)


前回に引き続き
海外の「AKインタラクティブ」という
模型メーカーの本を見ながら
いろんな塗装技法を試していますー!


・AKインタラクティブの塗料でサビ塗装とか、ヘアスプレー技法でリペイント中(ルナガンスその1)



あ、ところどころですね、
僕の思いつきのアレンジも
加えながらやってるんですよ
でね、するとお察しの通り
「いらんことやって失敗したー」
みたいな感じになっている今日このごろなんですが皆様はいかが(以下略)





1476143679_IMG_4852.jpg

では、前回からの続きです

識別帯を入れてみようと思い
マスキングしました
なんか雑でごめんなさいー

ここもチッピング表現を行ってみます
今度は気分を変えて
「シリコーンバリアー」を
筆で塗りました






1476144563_IMG_4853.jpg

次に、アクリル(ファレホ)を吹きました

そういえば前回の記事で
「水道水は吹きづらいから、こんど精製水を買おう」
とか言ってたんですが
よく考えたらファレホのシンナーを
持ってるのを忘れてました ←痴呆

で、使ってみると、
「やはり正規の商品は違いますなぁ」 ←知った風な口調で
って感じでした
いや、なんかほんと吹きやすかったですよ





1476146682_IMG_4854.jpg

あと、顔の部分も
マスキングして塗りました
ここはテープだとメンドクサイので
サークルカッターとノギスを使いました
一発でいけましたよー ←なぜウソをつくのか





1476147405_IMG_4855.jpg

で、ヘアスプレー技法と同じように
「塗料が乾いたら水で湿らせて剥がす」
という手順を行ったんですが、
どうもシリコーンバリアーとファレホの組み合わせだと
塗膜がデカールのようなシール状態(!)になりました
写真ではちょっとわかりづらいけど
右側の方を、よく見ると確認できます

これは初めての経験で
「あれ?こんな風になるんだー!?」
って驚きましたよー
これは何かに応用できそうな気がするよ?

まあ、とりあえずチッピング目的なら
水は無い方がやりやすいと思います





1476172889_IMG_4858.jpg

次に、フィルタリングに備えて
クリアーを吹きました
ここは「ツヤ消し」がいいです

にしても、剥がし方が雑だのう・・・ ←いいわけ





1476174142_IMG_4863.jpg

次にフィルタリングですね
ターペンタインと油絵の具を使ってみます

スペインのカリスマモデラーであり
AKインタラクティブの創始者である
ミゲル・ヒメネスさんの著書「FAQ2」によると
この場合の希釈率は
「塗料10%:シンナー90%」
くらいが良いとのことです
また、溶剤はターペンタインがいいそうです



ここで、ちょっと蛇足ですが
油彩の溶剤について書いておきますね

油彩の溶き油は、模型用のそれとくらべると
遥かに多くの種類がありまして
大別すると

・揮発性油(ペトロール・ターペンタインなど)
・乾性油(リンシードオイル・ポピーオイルなど)
・ワニス(ダンマルワニス・パンドルなど)

とあるんですが
ホルベイン「絵具の辞典」によると、
ペトロールとターペンタインの性能の違いは
蒸発率と溶解力だそうで
ターペンタインはペトロールの1.7倍の溶解力があり
蒸発率も、ターペンタインの方が倍くらい早いとのことです

だからミグさん的には
ターペンタインがオススメなんですかねー





1476173872_IMG_4861.jpg

と、覚えたてのウンチクをたれたところで
フィルタリングですね
たぶん、これぐらい薄くていいと思うの

薄くても、つや消しクリアーを吹いているから
色が入っていくんですねー
ミゲル・ヒメネスさんは
「表面はマットがベスト、全体を素早く均一に塗る」
と言ってます





1476177748_IMG_4864.jpg

で、これはちょっと蛇足なんですが
何回か塗り重ねると濃くなりすぎちゃって
筆で拭き取っていたら
面白い模様ができました
拭き取ることもできるんですが
せっかくの贈り物?なので残しておきますねー

って、まぁこれはどうでもいいですね、すいません





1476178562_IMG_4866.jpg

次に、ピンウォッシュなどを行うので
クリアーを吹いておきます
ここは「ツヤあり」です

こうやってツヤあり、つや消しを
使い分けてるんですねー





1476244331_IMG_4871.jpg

次にピンウォッシュの塗料を用意します
油彩&ターペンタインという組み合わせは
先程のフィルタリングと同じなんですが
塗料の濃度が違うんですよ
ミゲル・ヒメネスさんによると、この場合は
「塗料25~35%:溶剤75%~65%」
くらいが良いとのことです


ちなみに濃度の調整なんですが
パレットに油彩、
絵皿にターペンタイン、
をそれぞれ出しておいて
少しづつ筆で溶いていく方法が
やりやすいと思いました

また、パレットは木材にクッキングペーパーを
止めたものを使ってるんですけど
余分な油分を吸い取って
乾燥時間が早まる(と思う)ので
ペーパーパレットよりも、いいのではないかしら?
あ、海外の人はダンボールとかも使ってるみたいですー





1476244546_IMG_4873.jpg

んで、ピンウォッシュです
まぁスミイレですね

あと同時に、サビのエッジの部分に
色を置いていっています
その場合は、ちょっと濃度を濃くしています





1476248443_IMG_4875.jpg

んで、乾燥時間をとって(確か15分から30分くらいを推奨されていた気がする)
キレイな筆に持ち替えて
余分な部分をブレンドするように
拭き取るように、なじませていきます

ミゲル・ヒメネスさんによると
光沢表面が重要で、
除去には筆が良い、布はオススメしない、
ってことだそうです





1476260955_IMG_4880.jpg

次にサビにテクスチャーを入れてみます
マットメディウムとピグメントを混ぜました

これを筆で塗ってみたんですが
ちょっと思うように
コントロールできなかった感がありましして・・・





1476338212_IMG_4888.jpg

途中でアクリルに、テクスチャー剤として
画材屋さんで購入した「軽石」を混ぜて
スポンジによるタッピングに切り替えました

絵皿にラップを敷いておくのは
AFVモデラー吉岡和哉さんの
アイデアをマネっこしました
片付けが1秒ですむので超ラクです!
もう天才ですな!!

あ、軽石は気分で選択しただけで、
別に他のものでも、
例えば石膏でも、石灰でも、ベビーパウダーでも
ぜんぜん代用可能だと思います(たぶん)





1476338358_IMG_4891.jpg

で、こういう感じに入れました

んー、ちょっとやりすぎたかも・・・





1476339802_IMG_4892.jpg

次に、これもピンウォッシュです
今度は気分でタミヤのスミ入れ塗料を使いました
ビンに付属の筆はやりづらいので
別の筆でやってます

海外の作例を見ていると、
こんな感じで同じ技法で
何度も違う色を重ねていくことをやってますねー

ちょっと無責任に言うけど、
どうも3色(3回)というのが
基準になってそうな気がするんですよね
3という数字がポイントかもしれない





1476340892_IMG_4893.jpg

で、同じように拭き取っていきます
筆の他に化粧用のチップも
オススメだそうです





1476345940_IMG_4894.jpg

次に、日本では「退色表現」と言われている
油絵の具を使った技法を行います
いろんな色をチョンチョンと乗せて・・・





1476346695_IMG_4895.jpg

ターペンタインで伸ばしていきます
色によってホコリっぽい表現っていうか、
霞んだ感じになるっていうか、
なんかそんな感じになります
なんか、あいまいな言い方ですまんw





1476421676_IMG_4898.jpg

次に、サビの色に幅を持たせる感じで
ハルレッドで調子を入れました

なんか最近、ようやく、少しだけなんですが
絵画でよく使われる
「調子を入れる」という言葉の意味が
分かってきました・・・いや、気がします





1476425387_IMG_4899.jpg

次に、ストリーキングです
サビがたれてきた様子を
筆で描いていきます

ミゲル・ヒメネスさんによると
この場合の希釈率は
「塗料60%:溶剤40%」
とのことです





1476425494_IMG_4900.jpg

筆を変えて、ターペンタインで湿らせた筆で
エッジをなぞっていったり
上から下に伸ばすように拭き取ったりします





1476481824_IMG_4901.jpg

次に、オイルっぽい表現をします
乾性油(ペンチングオイル)を
少し揮発性油(ターペンタイン)で薄めて
ピグメントで色とテクスチャーを足してみます





1476481835_IMG_4902.jpg

ここ何ていうの?シリンダーっていうの?
なんかそれっぽいところとか、
オイルが垂れてきそうなところに塗りました
油を使ってるんで、本物のオイル表現ですね





1476483765_IMG_4903.jpg

次にグラファイト・ペンシルで
サビのテクスチャーを少し強調させました





んー、なんかいろいろ複雑に
やってるように見えるかもですが
だとするならば、
それは僕の記事の編集が悪いだけで
難しいことはなんもないですー
道具さえあれば誰でも
「簡単」にできる内容ですよね


ただ、簡単とは言ったものの、
色の選択、色の置き方、筆の使い方・・・
そういった部分は、
センスというか経験というか
同じ手法をとっても
劣化コピーになっちゃうですよー

パット見は、それっぽくマネッこできても
当然ですけどクオリティーは
簡単にはマネできないっすー


とにかく塗る回数を
どんどん増やしていくのが
大切だなーって思うです

てな感じで次回に続きますー

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。