--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016/02/04

「Mr.シリコーン」で原型の型取りに挑戦してみます!



1453523769_IMG_4246_1246.jpg

前回の記事では
モノリスの原型を作りました

・プラ板のハコ組についての忘備録&モノリス制作


で、これをレジンに置き換えてみたいので
今回はシリコーンで
「原型の型取り」に挑戦してみますー




■参考になったシリコーン関係の資料


で、シリコーンを使った
複製の制作については
僕は何にも分からないので
まず知識を得るところから入ったんですが
インターネット上だと

アメージング


こちらのページが大変参考になりました
すごく丁寧に解説されててありがたい!
拍手です、パチパチ!



1454564808_IMG_4258_1262.jpg 1454564849_IMG_4259_1263.jpg

あと書籍があって
「モデル・テクニクス2 私立出戻りモケイ学園副読本 型取複製編」
という本を見つけたんですけど
これ、いいですよ!!

1998年の古い本なんですけど
レジンとシリコーンの複製について
初心者向けに分かりやすく解説されてて
めちゃくちゃ参考になりました
この本はねー、タイトルを変えて
再販したらいいと思うよ?w
ほんとに詳しく載ってます








■シリコーンを使った複製に挑戦


1453094608_IMG_4225_1248.jpg


では、上記の2つから得た情報を
ハイブリッドして制作していきます!

それで、ある程度は制作内容を
書いていきますけど・・・
たぶん分かりずらいと思います!
ごめんなさい!!


てことで、まず「工作用紙」と
「透明プラ版」を用意しますた
これは代わりに
型取り専用のブロックとかでもオッケーです





1453094959_IMG_4226_1249.jpg

で、これを原型の大きさに
あわせてカットしました
必要になるのは


・原型の下に置く厚紙
・原型の下に置く透明プラ版
・原型の周囲を囲む厚紙
・原型の上に置く透明プラ版

以上の4種類ですー
もうすでに分かりづらいと思います
ごめんw




1453095668_IMG_4227_1250.jpg

切り出したものをセットしていきます
置く順番と、その役割は以下となります


1.原型の下に置く厚紙=台座になる

2.原型の下に置く透明プラ版=シリコーンの離型用になる

3.原型

4.原型の周囲を囲む厚紙=シリコーンの外型になる

5.原型の上に置く透明プラ版=シリコーンの上面をフラットにする用



で、この写真では分かりづらいですけど
一つ説明しますと
「原型の周囲を囲む厚紙」の大きさについては
原型から各7mmから10mmくらい幅を取るのが
望ましいみたいです
これがシリコーン型の「厚み」になるのです


この型の厚みが
あまり薄いと歪む可能性があり
あまり厚いとシリコーンが無駄になります


例えば原型が10mmの立方体であれば
24mmから30mmの正方形になるように
原型を囲む型枠を作るということです
あと上端は、10mmくらい幅を
取るのが望ましいようです





1453099459_IMG_4229_1251.jpg

続きまして

・「2」と「3」は両面テープで貼りつけました
・「1&2」と「4」はマスキングテープで貼りつけました
・これをステンレスの板の上に置きました
・シリコーンバリアーはこの段階では使っていません


これでシリコーンを流す準備かんりょーです



で、シリコーンはいろんなメーカーから出ているんですが
どれがいいのか分からないので
今回はクレオスのMr.シリコーンを選んでみました
これを選んだ理由は、一番安かったから!w


あと必要なものは

・ポリプロピレンのカップ
・ゴムヘラ
・キッチンスケール
・防毒マスク

って感じですー








1453099812_IMG_4230_1252.jpg

ほいじゃ、まずシリコーンを撹拌します
今回はあんまり分離はしてなかったけど
分離してることもあるそうですよ
初めて触ったけど
なんかトロトロしててクリームみたいですな




1453100088_IMG_4231_1253.jpg

必要な量をカップに移して
そこに硬化剤を入れて
静かに混ぜていきますー

硬化剤に色がついてないんで
撹拌具合を視認できないけど
しっかり混ぜます!
ただし気泡ができないように静かにグルグルー





1453101049_IMG_4233_1254.jpg

ではシリコーンを流していきますー
この時、一気にドボッて流すんじゃなくて
細く流すといいみたいです

ここに至るまでで
他にも注意点はいろいろあるんですけど
詳しく書いてるとキリがないので
やめます、すいませんw





1453106020_IMG_4236_1255.jpg

ここでちょっと失敗をしてもうたー

マスキングテープの目止めがあまくて
シリコーンが下から漏れてしまったー
ふぎゃー


あと厚紙が外側に膨らんでしもたー
膨らんだこと自体は問題ないんですけど
シリコーンが余分に必要になってしまうので
周囲はプラ版で補強するといいかもですねー

(追記)
ハンスシーバ-さんより
2ミリ以上のプラ版を使うと良いと教えていただきました
ありがとうございます!





1453129728_IMG_4239_1256.jpg

型が膨らんだのは
もうどうしようもないんですけど
はみ出たのは何とかしよう!
もったいない!


てことで
一度、シリコーンの硬化を待ってから
ハサミでカットして上に補充しました
下にステンレスを敷いておいて良かったw
ちなみにこのテクニックは
不要になったシリコーン型でも使えるそうです
シリコーン、高いからね、節約せんとねw




1453130848_IMG_4240_1257.jpg

で、再びシリコーンを注入しました
表面張力でシリコーンがタプタプです
あとコインを一枚いれたらホーリーシットです ←だまれ

このあと・・・





1453130951_IMG_4241_1258.jpg

ちょっと写真じゃわかりづらいけど
「5」の透明プラ版をそっとおいて
上面をフラットにします

気泡がちょっと入ってますけど
実際に型を使うときには
ここは底面になるので
ぜんぜん問題ないです、たぶん





1453197640_IMG_4242_1259.jpg

で、硬化を待って厚紙を外しまして
型ができましたー!
やったー!はじめてできたー!
まぁ原型が単純ですからねw


シリコーンの固さは
例えるとどうだろー?
消しゴムくらいなんかなー?





1453437120_IMG_4243_1260.jpg

このあと、シリコーン型の内側にシリコーンバリアーを
筆塗りしてレジンを注入しました


(追記)
ハンスシーバーさんより
「シリコーンバリアーは割型製作時に
その名の通りシリコーン同士がくっつかないようにする為のモノ」で
レジンを流し込む際には必要は無く、
逆に塗らない方がキレイに複製できると教えていただきました
どうもありがとうございます!!



あ、写真の針金は気にしないでくださいw
急遽、ブロ友のなおさんのアイデアで
LEDを強引にぶっこんだだけですw





1454564889_IMG_4260_1264.jpg

で、レジンの硬化を待って取り出したら
こんな感じになりました
ごめん、写真を撮るの忘れてて
これすでに600番のペーパーをかけてる状態です

てか、モノリス取り出して
自分でビックリしたよ!w
なんなんだ、この何の感動もない
意味不明の「モノ」は!w
こんどやり直しますw



あ、モノリスの方は
きちんと型から抜けるか
心配だったんですけど
丁寧にぐいぐいやってたら抜けました
ちなみに今回の型の取り方は
「フルオープンゲート」というタイプで
一番かんたんな方法です








てことで以上、「シリコーンとレジンで複製の巻」だったんですけど
ちょっと内容が中途半端でごめんなさい
たぶん、一度も経験したことがない方が
複製に挑戦するには、この記事だけでは
説明が足りてないです
シリコーンの容量の計算とかも省きましたし



もしシリコーン複製&レジン注入について
ちゃんと詳しく知りたい方は
上でご紹介したサイトや書籍をご覧くださいー


では次回はレジンの鏡面仕上げについてですー
スポンサーサイト
2016/01/20

透明レジンで「オルゴナイト」っていうピラミッド型のオブジェを作ってみましたー


前回の記事ではプラモと全く
関係ない記事を書きました

綿棒を使って多面体の制作に挑戦してみましたー


今回も、またもやプラモと関係ないです
すいませんw




ほいで、どういう経緯で知ったのか
よく覚えてないんですけど
「オルゴナイト」ってのを
制作してみようと思いました



DSC_0665_1243.jpg

僕はよく知らないんですけど
水晶をレジンで固めたものを
「オルゴナイト」って呼ぶみたいです

これ、なんか無電力でマイナスイオンを発生させるとか
wi-fiとかの電磁波の影響をカットするとか
そんな効果があるらしいです
それが本当かどうかは僕には分からないですけど
造形や制作過程には興味が湧きましたー




んで、僕は、まったくの門外漢で初心者なので
間違っているところとかあるかもですが
レジン(樹脂)には

・透明エポキシレジン
・ポリウレタンレジン
・UVレジン

の3種類があるみたいで、
今回使用するのは
「透明エポキシレジン」となります


商品としては
「クリスタルレジン」とか「デブコンET」とか
いろいろあって
どれがいいのかなー?とか思っていたんですが
今回は「アメージング」というところで
購入することにしました

アメージング


ここはHPでレジンの使い方を
詳しく解説してくれてて
あと購入時にも説明書が添付されていて
僕みたいな初心者には分かりやすかったです
ちなみにアメージングで
取り扱っているレジンは
「デブコンET」とのことです













■ピラミッド型の自作にチャレンジ・・そして失敗



で、今回はピラミッド型の「オルゴナイト」を
制作してみようと思うんですけど
まずは、その型が必要ですな
これ、どうしようか?と考えて
厚紙で作ることにしました


実はプラ板で自作を試みたんですけど
とてもじゃないけど四角錐を自作するのって
僕のウデでは不可能だと悟りましたw




1451369180_IMG_4173_1219.jpg

んで、まずデザインしたものを印刷したのね




1451370738_IMG_4174_1220.jpg

こいつを組み立てた
ここまではいい感じなのだが・・・




1451374490_IMG_4176_1221.jpg

このままレジンを流すと変形するかなぁ?
って思って、周囲を補強する意味で、
「石膏」を流すという暴挙に出てしまうというーw




1451374863_IMG_4177_1222.jpg

硬化を待って取り出した
・・・ダメです失敗です、ふぎゃあー

石膏の水分、または硬化時の熱によってなのか
中の紙がふにゃふにゃになりました
なんかアホですねすいません
たぶん、直接レジンを流して大丈夫な気がします
それか、周囲をプラ版で補強するか、ですね
とにかくこれは大失敗でしたw


型の自作は今回は見送って
既成品を用意しましたw

オルゴナイト型 ピラミッド型 黄金比...

オルゴナイト型 ピラミッド型 黄金比...
価格:1,700円(税込、送料別)







■「オルゴナイト」制作に必要なもの


1452024675_IMG_4188_1223.jpg

「オルゴナイト」の制作用として

・100均の金属タワシ
・5センチくらいの水晶
・アルミワイヤー1.0mm(色はシャンパンゴールド)
・ミックスグリッター(キラキラ素材)
・小さい小石タイプの水晶(写真に入れるの忘れた)

を用意しました


あとレジン関係で必要なものは

・透明エポキシレジン(主剤&硬化剤)
・ポリプロピレンのカップ
・ゴムヘラ
・キッチンスケール
・着色用塗料

です




■レジン(透明エポキシ樹脂)の使用時のポイント


まず事前に使用時のポイントを確認しました

・混合比率は「重量」で主剤:硬化剤=2:1
・誤差を少なくするため一度に合計15g以上が好ましい
・暖めると混ぜやすい
・3センチ以上の厚みになる形状の場合、注入は数回に分ける
・棒状で撹拌すると気泡ができやすいので「必ずゴムヘラ」で混ぜる
・硬化時間は気温25度で100gで12時間(量が少ないと時間が増える)
・硬化剤は劣化しやすい(使用期間は一ヶ月が目安)
・使い終わったら道具は「必ず拭き取る」(洗剤や水では流れない)
・硬化時にガスが出るので換気が必要


以上は抜粋です
実際には説明書に詳しく書いてあります





■「オルゴナイト」制作、まずは下準備


1452026484_IMG_4195_1227.jpg

透明エポキシレジンを使うのは初めてなんで、
説明書やhow to記事を見つつ
手探りで進めていきます

まず型にシリコ-ンバリアーを塗ります
最初にこれを塗るのを忘れてて
一回中身を取り出したのはナイショだ ←




1452025598_IMG_4190_1224.jpg

で、中に入れる水晶を
ワイヤーでグルグルします
どうもこれがオルゴナイトのキモであるらしい




1452026067_IMG_4194_1226.jpg

ほいで金属タワシをハサミで
チョキチョキして詰めていきます

バラのクォーツも入れてみます
たぶん、これはレジンを入れたら
見えなくなると思うw

あと、ラメみたいな素材をふりかけて・・・




1452027106_IMG_4196_1228.jpg

最後にアルミワイヤーを入れたりして
こんな中身になりました
初めてなんで、どんな感じになるのか想像がつかんw





■透明エポキシレジンを注入


1452027999_IMG_4198_1230.jpg

次にいよいよレジンを使ってみます!
キッチンスケールでちゃんと量って
ゴムヘラでしっかり撹拌します




1452028435_IMG_4199_1231.jpg

ここで色をつけてみたい
クレオスの「色の源」を使ってみます
ラッカー塗料を混ぜてちゃんと硬化するのかな?
ちょっと心配w




1452028588_IMG_4200_1232.jpg

ドライヤーでレジンを温めて
サラサラにして・・・


(追記)
しんごaikoさんより
レジンを温める方法として
電子レンジを使うとよいという情報を頂きました
2、3秒ごとに取り出して粘度を確認するといい感じです
素晴らしい情報をどうもありがとうございます!




1452029380_IMG_4203_1234.jpg

カップにストッキングをかぶせます
これは気泡対策ですな
で、レジンをゆっくり流し込んで・・・




1452030097_IMG_4204_1235.jpg

ちょっと色の変化をつけてみよう
さらに色を濃くしていきます
グラデーションを目指して
合計、4段階くらい色を変えて
流してみました





1452031671_IMG_4205_1236.jpg

注入かんりょーです
このまま2日くらい放置します


ちなみに今回のレジンの使用量は
型の大きさは86×86×55くらいで

主剤90g+硬化剤45g=135g

で、少し余りました




1452219529_IMG_4210_1237.jpg

で、硬化を待って型から外しますた
うすいプラ版を差し込んで慎重に取り出しましたー

この型を使うと表面がマットになりますな
あと、気泡ができてます
これをどうするか・・・




1452220153_IMG_4212_1238.jpg

一回、ナイフで穴を広げてみる
これはプラモの合わせ目消しのテクニックっすな




1452220340_IMG_4213_1239.jpg

ここで、実験を兼ねて
UVレジンを穴埋めに使ってみようと思ったのです
同じレジンだから行ける・・・か!?




1452300431_IMG_4216_1240.jpg

硬化させて表面処理してみた
いや、やっぱこれダメだわw

パッと見は誤魔化せるんだけど
気泡の対策=穴埋めは、
やはり同じ素材を使うべきですね
それがよーく分かりましたw




1453010655_IMG_4224_1241.jpg

で、鏡面仕上げを行って
とりま完成となりますた

ちなみに、この鏡面仕上げについては
ものすごーーーーく苦労したんですよ!!!
なので、ちょっと別記事にしたいと思ってます
まぁ大した内容じゃないんですがw



DSC_0661_1242.jpg

ということで
初めての透明エポキシレジンを使っての
オルゴナイト制作の巻でしたー



で、「オルゴナイト」のマイナスイオン云々の
効果についてなんですけど
まぁ僕は鈍いんで、
よくわかりませんw

ただ、最近、寝起きがやたらよくなったので
オルゴナイトのお蔭・・・なのかなぁ?



プラモとかんけーない制作、
次回も続きますw
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。